価格で探す

477商品

おすすめ順 価格順 新着順

477商品 1-12表示
  • 色絵金銀彩草花に四拾雀之図茶碗 鈴木爽司 造 色絵金銀彩草花に四拾雀之図茶碗 鈴木爽司 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共袋・栞付
    胴径11.4cm×高8.8cm
    ◇鈴木爽司(すずきそうじ)・・昭和14年、京都の鈴木清の長男して生まれる。富本憲吉・清水六兵衛に師事。作品は香炉・壷・陶板・酒器と多彩。花鳥画を中心とした色絵、金銀彩に熟練した技を見せる。
    ◇鈴木爽司らしい絵画的な作品です
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成16年頃の作品
  • 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂
    胴径11.4cm×高8.7cm
    ◇寒川義崇(さむかわよしたか)・・昭和26年、紀州焼葵窯初代栖豊の五男として生まれる。大阪芸大在学中より父に師事。途絶えていた大阪・高槻の古曽部焼の復興を志し、昭和54年登窯を築き古曽部焼義崇窯として再興。
    ◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 SOLD OUT
    共箱・無傷・御物袋・共風呂敷付
    胴径12cm×高8.6cm
    ◇檜垣青子(ひがきせいし)・・楽焼師初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。昭和45年京都工業試験所にて2年間陶技を学ぶ。同47年父、崇楽に師事する。同58年父の亡き後、母が二代崇楽襲名を期に青子を名乗る。大丸にて初個展以後、三越、高島屋など全国で展多数開催。
    ◇表千家・十四代而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれい美品です。
    ◇平成元年~9年までの作品。
  • 楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径13.9cm×高7.5cm
    ◇十代 長岡住右衛門(空処)・・九代目空味の姉の子で明治31年生まれ。空味の養子となり、そのもとで修行をする。十五、六歳頃より空処を名乗る。同35年に六代住右衛門、楽山焼十代を襲名する。昭和36年、没。
    ◇古い楽山焼のように見えます。
    ◇状態良好です。(指摘あり)共箱、汚れあり。
    ◇昭和35年〜36年頃の作品。
  • 赤絵唐草水指 加賀瑞山作 兼中斎宗完書付 赤絵唐草水指 加賀瑞山作 兼中斎宗完書付 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径16.2cm×高18.2cm(蓋含)
    ◇三重県の加賀瑞山さんの作品です。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれ、感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 阿弥陀堂釜 和銑 三浦一孝作 ※炉用 阿弥陀堂釜 和銑 三浦一孝作 ※炉用 SOLD OUT
    箱・共裂・栞・外紙箱付
    胴径25.9cm×高23.4cm(蓋含)
    ◇三浦一孝・・昭和15年、福岡県生まれ。昭和31年、人間国宝・角谷一圭に師事する。平成10年に退職し三浦一孝工房を設立。日本伝統工芸展16回入選。福岡県芦屋釜乃里、平成7年〜10年まで技術指導をする。
    ◇よい肌合いの雰囲気ある釜です。和銑ですので、重めです。
    ◇きれいで美品です。蓋に少し指摘あり。
    ◇10年前頃の作品。
  • 雉香合 二代 宮川香雲 造 雉香合 二代 宮川香雲 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    横3.9cm×奥行10.2cm×高5.3cm◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 「和敬」茶杓 河野太通 書付 「和敬」茶杓 河野太通 書付 SOLD OUT
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.9cm
    ◇河野太通(こうのたいつう)・・昭和5年、大分県出身。昭和23年、大分県中津市・臨済宗妙心寺派松巌寺で出家得度。昭和28年、臨済宗妙心寺派祥福僧堂に掛塔。昭和52年〜平成16年まで祥福寺僧堂師家。平成6年〜平成13年まで花園大学学長。現在、兵庫県姫路市の龍門寺住職。アジアの友を支援する「RACK」代表。平成22年、臨済宗妙心寺派管長、全日本仏教会会長に就任。著書に『祥福寺僧堂』『床の間の禅語』『続・床の間の禅語』『豊かな心を生きる』など。
  • 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 替仕服付 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 替仕服付 SOLD OUT
    共箱・無傷・象牙蓋
    胴径5.7cm×高8.6cm(蓋含)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇多少、使用されてますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂
    一客-胴径8.8cm×高5.4cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。昭和14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 祥瑞捻り三点揃(茶碗・巾筒・振出) 林淡幽作 祥瑞捻り三点揃(茶碗・巾筒・振出) 林淡幽作 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂・栞・外紙箱付
    寸法は詳細にて
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇昭和62年以降の作品。(栞より)
  • 紫釉角七宝透杓立 加賀瑞山 造  紫釉角七宝透杓立 加賀瑞山 造  SOLD OUT
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。 ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品です。
477商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>