流派・千家十職・人間国宝等で探す

147商品

おすすめ順 価格順 新着順

147商品 1-12表示
  • 金紫銅モール一葉蓋置 大西清右衛門(浄心)造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金紫銅モール一葉蓋置 大西清右衛門(浄心)造  SOLD OUT
    ◇十五代大西清右衛門(浄心)・・十四代浄中の次男として大正13年生まれる。九州大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科にて学ぶ。昭和三十五年に十五代大西清右衛門を襲名。千家の好みの釜を多く作った。京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文を残した。平成14年、没。現在、十六代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇烽玉箱・・大西浄心の奥様の雅号で、浄心の晩年箱書きの代筆をする。
    ◇20年〜30年前頃の作品 。
  • 大亀老師直筆 招福釜 一ノ瀬宗辰作 立花大亀書付 ※風炉釜・銀摘み<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 大亀老師直筆 招福釜 一ノ瀬宗辰作 立花大亀書付 ※風炉釜・銀摘み SOLD OUT
    ◇高岡の四代一ノ瀬宗辰さんの作品です。
    ◇立花大亀和尚の「招福」銘入の白寿記念の釜です。銀摘みで感じがよいです。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成11年頃の作品。
  • つぼつぼ紋竹平棗 川瀬表完 造 ※鵬雲斎好写<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> つぼつぼ紋竹平棗 川瀬表完 造 ※鵬雲斎好写 23,000円(内税)
    ◇川瀬表完(二代)・・昭和8年、京都生。父・初代表完に師事。木村表斎を派祖とする表派の作風・技法を継承。京漆伝統工芸士会会長。平成7年、没。現在、東山表完は三代目。
    ◇鵬雲斎好写の溜塗竹製平棗です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 祥瑞胴紐腰ねち水指 二代 真葛香斎 造 鵬雲斎書付 ※桃摘み<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 祥瑞胴紐腰ねち水指 二代 真葛香斎 造 鵬雲斎書付 ※桃摘み 150,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 45,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇方谷 浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
    ◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 30,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘「ならの小川」にぴったりの茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
  • 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 230,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付鳳凰文喰籠 三代 西村徳泉 造  兼中斎書付  染付鳳凰文喰籠 三代 西村徳泉 造 兼中斎書付  35,000円(内税)
    ◇西村徳泉(三代)・・昭和3年生。先代より染付祥瑞茶陶を継承。楠部弥一に師事。京都清水焼伝統工芸師。現在、四代目。
    ◇表千家・兼中斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 裏千家用 三具足・天目茶碗・天目台・高杯・茶碗・利休軸(工芸)・台 裏千家用 三具足・天目茶碗・天目台・高杯・茶碗・利休軸(工芸)・台 SOLD OUT
    >◇利休像軸-鵬雲斎御家元賛・土佐光孚筆(今日庵蔵)の工芸(複製)軸です。1箇所折れあり。
    ◇三具足-唐銅の燭台・香炉・花瓶。ほぼ状態良好。
    ◇供茶茶碗・盛台-赤楽の天目台(欠けあり)・天目茶碗・高杯(指摘あり)。蓬莱御庭焼。
    ◇台-アタリあり。
    ◇昭和56年頃の作品。
  • 信楽耳付水指 四代 高橋楽斎作 清水公照書付 信楽耳付水指 四代 高橋楽斎作 清水公照書付 SOLD OUT
    ◇高橋楽斎(四代)・・大正14年生。信楽近代の名工の三代高橋楽斎に師事し、昭和51年四代を襲名。茶陶や食器を製作する一方で、ロスアンゼルスで個展を開くなど、幅広く活動。
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和53年頃の作品。(栞より)
  • 備前茶入 藤原雄 造 備前茶入 藤原雄 造 65,000円(内税)
    ◇藤原雄・・昭和7年、岡山県生。人間国宝の父・藤原啓のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ、伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8 年、備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年、没。享年69才。明治大卒。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造  堀内宗心書付 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造 堀内宗心書付 88,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付がありますが、花押が潰れています。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成9年〜11年の作品。
147商品 1-12表示
>