流派・千家十職・人間国宝等で探す

104商品

おすすめ順 価格順 新着順

104商品 1-12表示
  • 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付 90,000円(内税)
    ◇一ノ瀬宗辰・・高岡の四代続く金工師です。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、少し使用されてますが、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 即中斎好染玉藻袱紗 土田友湖 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 即中斎好染玉藻袱紗 土田友湖 作  10,000円(内税)
    ◇千家十職の十二代・土田友湖さん(昭和40年襲名)の作品です。
    ◇作品は、なんとなく経年感ありますが、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 而妙斎好円融紹巴袱紗 土田友湖 作 而妙斎好円融紹巴袱紗 土田友湖 作 SOLD OUT
    ◇千家十職の十二代・土田友湖さん(昭和40年襲名)の作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇平成15年の作品。
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 一閑塗 文箱莨盆 川瀬表完 作 ※又妙斎好写 一閑塗 文箱莨盆 川瀬表完 作 ※又妙斎好写 15,000円(内税)
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇中側面にヘコミがあります。こんな所なので、最初からのものだと思われます。そんなに気にならないと思います。使用感はないので、未使用品でしょう。
    ◇裏千家・又妙斎好写の莨盆です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 鵬雲斎好銀杏蓋置 十四代 宮崎寒雉 作 鵬雲斎好銀杏蓋置 十四代 宮崎寒雉 作 23,000円(内税)
    ◇宮崎寒雉(十四代)・・昭和15年、金沢市生まれ。昭和39年、家業を継いで、釜師となる十二代・十三代宮崎寒雉に師事。平成6年に十四代を襲名した。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 秋野棗 五代 川端近左造  而妙斎書付 秋野棗 五代 川端近左造 而妙斎書付 160,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目
    ◇表千家・而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、多少の使用感はありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 尚歌棚  田原一斎作 ※淡々斎好写 尚歌棚 田原一斎作 ※淡々斎好写 SOLD OUT
    ◇田原一斎・・京都にて父・二代一斎に師事する。昭和42年、三代目継承。昭和50年、指物工芸展入賞他。
    ◇裏千家・淡々斎好写の棚で、感じがよいです。
    ◇天板裏にヘコミあり。その他は、基本的にきれいです。
    ◇20年前頃の作品。
  • 葉蓋水指 木製 葉蓋水指 木製 7,000円(内税)
    ◇裏千家・玄々斎好写の水指です。
    ◇多少使用感ありますが、状態良好です。紙箱は、経年感あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 萩茶碗  十代 三輪休雪(休和)造 萩茶碗 十代 三輪休雪(休和)造 150,000円(内税)
    ◇三輪休雪(十代)・・明治28年、生まれ。昭和2年、十代休雪を襲名。高麗茶碗や古萩の研究を重ねた末、高麗茶碗に日本風の趣を調和させた独自の作風を樹立した。同42年休雪号を弟に譲り、隠居して休和と号した。同45年、人間国宝に認定される。昭和56年、没。
    ◇出来は、まぁまぁ良いです。使いやすそうな茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 14,000円(内税)
    共箱・無傷
    横12.2cm×奥行11.4cm×高7.6cm
    ◇加藤鈔(かとうしょう)・・昭和2年生。先々代丈助は赤津窯系譜18世景徳の養子で、21世にあたる。平成9年瀬戸市無形文化財、平成12年愛知県無形文化財保持者に認定される。近年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。箱は多少経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 18,000円(内税)
    大亀書付箱・無傷
    胴径14.5cm×高8.1cm
    ◇大亀書付箱です。
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
    ◇松涛・・松風の音を波の音にたとえて言う言葉。
104商品 1-12表示
>