流派・千家十職・人間国宝等で探す

123商品

おすすめ順 価格順 新着順

123商品 1-12表示
  • 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付 SOLD OUT
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇方谷浩明和尚の書付があります。
    ◇出来のよい作品です
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 南鐐青海形菓子盆 十世 中川浄益造 不徹斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 南鐐青海形菓子盆 十世 中川浄益造 不徹斎書付 65,000円(内税)
    ◇十代中川浄益・・明治-昭和時代前期の金工。明治13年生まれ。千家十職。茶道具を製作し、近代の名工とされる。昭和15年、没。別号に鎚鋳軒。
    ◇武者小路千家不徹斎宗匠の書付があります。
    ◇341gでズッシリしていて高級感があります。
    ◇南鐐(良質な銀)ですので、傷つきやすいので使用スレや多少の黒ずみはありますが、特に問題なく状態良好です。箱は少し難あり
    ◇作品は、昭和初期頃。箱書は、20〜30年前頃。
  • 銘「山里」飴釉茶碗  三代中村道年造  兼中斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「山里」飴釉茶碗 三代中村道年造 兼中斎書付 50,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「笑顔」黒茶碗  三代 中村道年造  尋牛斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「笑顔」黒茶碗 三代 中村道年造 尋牛斎書付 70,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・久田宗也(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇黒の中に赤がところどころに混じった黒茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 即中斎好写春秋棗 北村葵春造 替蓋付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 即中斎好写春秋棗 北村葵春造 替蓋付 SOLD OUT
    ◇北村葵春(きしゅん)・・京都の塗師。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 白幕釉黒茶碗 政所窯 後藤明道造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 白幕釉黒茶碗 政所窯 後藤明道造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇後藤明道(陶名:永興明道)・・・京都の東山区の円徳永興院住職。円徳院のお庭焼(政所窯)として30年余楽焼・織部などを焼いた。平成六年寂。現在、政所窯は永興紹道が製作している。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 交趾釉独楽形宝尽水指 中村翠嵐作 堀内宗完(兼中斎)書付 交趾釉独楽形宝尽水指 中村翠嵐作 堀内宗完(兼中斎)書付 78,000円(内税)
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  7,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 銘「蓬が嶋」茶杓  久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 銘「蓬が嶋」茶杓 久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 SOLD OUT
    ◇十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒
    ◇下削りは、千家十職の黒田正玄です
    ◇蓬が嶋・・中国の伝説にみえる、不老不死の仙人が住む理想郷のこと。蓬莱山、蓬莱島の事。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 銘「瑞雲」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-竹玄 銘「瑞雲」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-竹玄 28,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 梅唐松の絵金林寺茶器 真葛香斎作 尋牛斎好書付 梅唐松の絵金林寺茶器 真葛香斎作 尋牛斎好書付 35,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の好で、書付があります。六十ノ内
    ◇きれいで美品です。
    ◇昭和59年の作品。
  • 朝日焼紅鹿背水指 十五代 松林豊斎造 鵬雲斎書付 朝日焼紅鹿背水指 十五代 松林豊斎造 鵬雲斎書付 95,000円(内税)
    ◇松林豊斎(十五代)・・昭和25年、十四代豊斎の長男して生まれる。武蔵野美大卒。父豊斎に師事。平成7年、十五代豊斎襲名。平成27年、没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇平成10年頃の作品。
123商品 1-12表示
>