香合

45商品

おすすめ順 価格順 新着順

45商品 1-12表示
  • 染付立唄香合 三代西村徳泉造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 染付立唄香合 三代西村徳泉造 13,000円(内税)
    ◇西村徳泉(三代)・・昭和3年生。先代より染付祥瑞茶陶を継承。楠部弥一に師事。京都清水焼伝統工芸師。現在、四代目。
    ◇ 型物香合番付 西三段目三位に位置する香合です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇平成5年頃の作品。(栞より)
  • 万歳亀香合 久ろ谷? 永寿 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 万歳亀香合 久ろ谷? 永寿 造 SOLD OUT
    ◇骨董的要素の強い作品で、首をひっこめた亀で、裏面に万歳・万歳・万々歳とあり、戦時中の作品かと思われます。作者は、久ろ谷 永寿とあります。九谷・矢口永寿とは別人のようです。作品は、面白味・味があります。
    ◇多少、合部分何ヵ所に欠けがありますが、仕方がない程度で目立ちません。それ以外状態良好です。
  • 井口海仙好 色絵小判鳩香合 二代 宮川香雲造 井口海仙好 色絵小判鳩香合 二代 宮川香雲造 23,000円(内税)
    ◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇裏千家の井口海仙好の香合です。初代が写真3枚目の説明の通り作られた品を、二代が再度作った作品です。箱書は、印刷です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。<
  • 宝尽し蒔絵ぶりぶり香合 邦斎作 宝尽し蒔絵ぶりぶり香合 邦斎作 18,000円(内税)
    ◇宝尽くし蒔絵の感じのよい、ぶりぶり香合です。
    ◇作者の詳細は分かりません。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 仁清写梅香合 永楽善五郎(即全)造 仁清写梅香合 永楽善五郎(即全)造 28,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 干支卯香合 北村雅耕 作 干支卯香合 北村雅耕 作 1,700円(内税)
    ◇京陶人形作家の北村雅耕さんの香合です。
    ◇割とリアルな感じのよい作品です。卯は令和5年の干支です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇12年頃の作品。
  • 藍呉須 菊蟹香合  初代 須田菁華造 藍呉須 菊蟹香合 初代 須田菁華造 13,000円(内税)
    ◇須田菁華(初代)・・文久2年(1862)金沢に生まれる。明治39年に菁華窯を築き、染付、祥瑞、呉須赤絵、古赤絵、古九谷などの倣古作品を得意とする。なかでも、その名(号 菁華)のとおり染付作品は秀でている。大正4年には、菁華窯を訪れた北大路魯山人に陶芸の手ほどきをする。昭和2年、没。
    ◇箱に虫喰があり、自然系のもので殺虫処理をしておきました。(後に再度虫喰の可能性はあります)底面も一部補修。
    ◇作品は、感じよく、状態良好です。
    ◇明治後期〜大正期頃の作品。
  • 白釉白鶴香合 十代 大樋長左衛門 作 白釉白鶴香合 十代 大樋長左衛門 作 45,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章。平成28年、「長左衛門」の名跡を長男・大樋年雄に譲って、以後は陶冶斎を名乗る。
    ◇本品は、十代長左衛門襲名記念で制作された品と聞く。よい感じの作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和62年頃の作品。
  • 菊蟹香合 前端雅峯作 尋牛斎書付 菊蟹香合 前端雅峯作 尋牛斎書付 45,000円(内税)
    ◇前端雅峯・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得、その後、家事に従業したが更なる技術向上を求めて1961年には塗師村田道寛に茶道具形成を、また加賀蒔絵の技法を保谷美成に師事。二代前端春斎を襲名。・・
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇菊蟹香合の塗物作品ですので、珍しいです。出来のよい作品です
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇平成元年(乙巳)の作品。
  • 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付 20,000円(内税)
    ◇妙喜庵は、京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」で有名です。本品は、平成大修理の際に、待庵の古材を以って作られた銀縁の香合です。
    ◇武田士延・・昭和6年大阪府生。東福僧堂に掛塔、林恵鏡に参禅。同35年妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)住職に就任。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 木彫鴛鴦香合 岩木裕軒造 淡々斎書付 木彫鴛鴦香合 岩木裕軒造 淡々斎書付 95,000円(内税)
    ◇京都の指物師岩木裕軒さんの作品です。初代の作品かと思われます。
    ◇初代・岩木裕軒・・明治8年生まれ。指物師駒沢家の分家。円能斎宗室時代に裏千家へ出入りするようになり、その好みの吉野棚・巴棚を製す。淡々斎好みの徒然棚・千歳棚、大正天皇即位式の高御座や椅子を作った。大正15年没。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇鎌倉彫のような雰囲気のある香合です。
    ◇作品は、一か所にアタリありますが、その他は状態良好です。箱は、経年感あり。
  • 蟹蒔絵蔦造香合 人間国宝 川北良造 作 蟹蒔絵蔦造香合 人間国宝 川北良造 作 43,000円(内税)
    ◇川北良造・・昭和9年、石川県山中町生まれ。父・川北浩一・氷見晃堂に師事して、木工の挽物技法を修業。平成5年、山中漆器ろくろ技術保存会会長。平成6年、「木工芸」で人間国宝に認定される。
    ◇蔦の木目がきれいな作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり
    ◇30年〜40年前頃の作品
45商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>