薄茶器(棗)

21商品

おすすめ順 価格順 新着順

21商品 1-12表示
  • 菊桐蒔絵平棗 春象造 鵬雲斎書付 菊桐蒔絵平棗 春象造 鵬雲斎書付 60,000円(内税)
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇作者の春象については、書付作品も見かけるものの詳細は分かりません。
    ◇多少、指摘部分やなんとなくの使用感ありますが、特に問題なく、状態良好です。
    ◇45年前頃の作品。
    ◇鵬雲斎・・・大正12年、京都府生まれ。同志社大学卒業後、ハワイ大学修学、韓国・中央大學校大学院博士課程修了。昭和24年、大徳寺管長後藤瑞巌老師のもとで修業得度、斎号『鵬雲斎』安名『玄秀宗興』を受け若宗匠となる・・
  • 二季鳥蒔絵大棗 内銀地 吉田宗利(華正)作 二季鳥蒔絵大棗 内銀地 吉田宗利(華正)作 45,000円(内税)
    ◇吉田華正さんの改名前の作品です。
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇雁の螺鈿に少し浮きがあります。それ以外状態良好です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇昭和57年以降の作品。(栞より)
  • 徳風棗 二代 鈴木表朔造 鵬雲斎書付 徳風棗 二代 鈴木表朔造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇玄々斎好写の棗で、裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇キチットした籾蒔絵や文字蒔絵は、感じよいです。
    ◇なんとなくの使用感ありますが、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 青貝入雲錦蒔絵大棗内銀地 庄村表利造 尋牛斎書付 青貝入雲錦蒔絵大棗内銀地 庄村表利造 尋牛斎書付 45,000円(内税)
    共箱・木製・白裂付 胴径7.3cm×高7.8cm
    ◇庄村表利・・京都の塗師で、先代の飛来一閑の門下。表千家の書付の作品が多い。
    ◇表千家・尋牛斎(十二代久田宗也)宗匠の書付があります。
    ◇作品は、螺鈿の一部に欠けがありますが、基本的には目立ちません。それ以外は基本的に状態良好です。(指摘あり)
    ◇蒔絵は、艶消しタイプで落ち着いていて、螺鈿もきれいです。
    ◇40年前頃の作品。
  • 秋野棗 五代 川端近左 造 鵬雲斎書付  秋野棗 五代 川端近左 造 鵬雲斎書付  150,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇秋草の蒔絵がよく蒔絵された感じのよい作品です。
    ◇極小の畳スレ程度はありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 乾漆菊彫棗 中川正斉作 乾漆菊彫棗 中川正斉作 SOLD OUT
    ◇中川正斉(二代)・・大正9年生まれ。昭和25年以後、茶道具(漆工芸ー乾漆)の技法を重ねる。正倉院の宝物修復などを手掛ける。
    ◇根来塗風の感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 扇面蒔絵黒大棗  二代 佐野長寛造  鵬雲斎書付 扇面蒔絵黒大棗 二代 佐野長寛造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇初代の佐野長寛は、京都の江戸時代後期の名工で、本品はその二代目の作となります。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠(箱書に花押があり、棗の蓋裏に割書がないパターン)書付があります。
    ◇よく蒔絵された出来のよい作品です。
    ◇棗の内側に茶杓のスレがありますが、それ以外状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 片輪車蒔絵瓢棗 蒔絵師 友斎作 片輪車蒔絵瓢棗 蒔絵師 友斎作 15,000円(内税)
    ◇立ち上がりの片輪車蒔絵が感じよい棗です。
    ◇作者は、棗等で時々見かけるが詳細は分かりません。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 鱗鶴蒔絵大棗 関口輔聖作 尋牛斎書付 鱗鶴蒔絵大棗 関口輔聖作 尋牛斎書付 50,000円(内税)
    ◇関口輔聖・・石川県出身。五代川端近左に弟子入後、独立。大阪市在住。◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇なんとなくの使用感ありますが、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 冬平棗内寒牡丹蒔絵 豊斎造 上田義山書付 冬平棗内寒牡丹蒔絵 豊斎造 上田義山書付 9,000円(内税)
    ◇上田義山・・明治24年生。足利紫山に参禅する。大徳寺510世を襲ぐ。塔頭高桐院に住す。昭和47年遷化。81歳。
    ◇四季棗の内の冬平棗となります
    ◇やや経年感等ありますが、特に問題なく状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇60年〜80年前頃の作品。
  • 張抜き 八角中次 人間国宝  赤地友哉造  張抜き 八角中次 人間国宝 赤地友哉造  120,000円(内税)
    ◇赤地友哉(あかじゆうさい)・・明治39年、石川県金沢市生まれ・・渡辺喜三郎に2年間師事し、昭和9年に独立・・昭和49年、漆芸のきゅう漆で人間国宝に認定された。昭和59年、没。
    ◇上品な作品です。同手の作品が、東京国立近代美術館の所蔵品にあります。→コチラ
  • 三彩茶器 鵬雲斎書付 大樋年郎(十代長左衛門)作 三彩茶器 鵬雲斎書付 大樋年郎(十代長左衛門)作 70,000円(内税)
    ◇大樋年郎(年朗)・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇古い三彩の写しで、釉薬に落ち着きがあり、出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和52年頃の作品。(栞より)
21商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>