萩茶碗

10商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
10商品 1-10表示
  • 萩井戸茶碗 岡田裕 作 萩井戸茶碗 岡田裕 作 SOLD OUT
    ◇岡田裕(ゆたか)・・昭和21年、天明年間より続く萩焼窯元に、七代仙舟を父として生まれる。同43年、慶應義塾大学卒業後、父・仙舟に師事。平成14年、日本工芸会理事就任(平成24年まで)。同18年、山口県指定無形文化財に認定。同25年、韓国ビエンナーレ招待出品他。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇基本的に、きれいで状態良好です。
    ◇平成8年以降の作品(栞より)
  • 萩茶碗 十四代 坂倉新兵衛 造 萩茶碗 十四代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇多少、使用されてますが、状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 35,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「片身替」萩焼平茶碗 九代 三輪雪堂 造 銘「片身替」萩焼平茶碗 九代 三輪雪堂 造 45,000円(内税)
    ◇三輪雪堂(みわせつどう)・・明治元年生まれ。父の八代雪山泥介に師事。当時の萩諸窯は、時代の変革により萩焼の他に白磁、染付の物も作っていたが、三輪窯だけは従来の萩焼に専念していた。大正10年、三輪家九代を継ぐ。昭和2年、九代雪堂が隠居し、三輪家を十代休雪(休和)が継承する。昭和28年、没。
    ◇銘「片身替」にぴったりの古萩のような茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇大正期頃の作品。
  • 萩割高台茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 萩割高台茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 55,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十三代)・・昭和26年、萩生まれ。父は十二代陶兵衛。武蔵野美術大大学院卒業後、中里重利に師事。二年間修行後、帰郷して作陶。平成4年、十三代陶兵衛襲名。西日本陶芸美術展入選他。
    ◇通常の手より上手で、割高台の感じのよい茶碗です。
    ◇作品は、なんとなく使用されてますが、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇平成12年以降の作品。(栞より)
  • 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 鵬雲斎書付 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 鵬雲斎書付 65,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱はやや経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 萩茶碗 十二代坂倉新兵衛造 淡々斎書付 萩茶碗 十二代坂倉新兵衛造 淡々斎書付 95,000円(内税)
    ◇坂倉新兵衛(十二代)・・明治14年生。同30年、十二代新兵衛を襲名。萩焼の名工で、昭和23年萩焼美術陶芸協会長、昭和31年には山口県無形文化財の指定、翌年に国の無形文化財記録作成の指定を受ける。同35年、没。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇琵琶色萩で、感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和31年〜35年の作品。(栞-無形文化財と書いてあるので)
  • 萩茶碗 岡田裕 作 萩茶碗 岡田裕 作 23,000円(内税)
    ◇岡田裕(ゆたか)・・昭和21年、天明年間より続く萩焼窯元に、七代仙舟を父として生まれる。同43年、慶應義塾大学卒業後、父・仙舟に師事。平成14年、日本工芸会理事就任(平成24年まで)。同18年、山口県指定無形文化財に認定。同25年、韓国ビエンナーレ招待出品他。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成15年頃の作品(栞より)
  • 清水公照自筆・書付「且坐」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 清水公照自筆・書付「且坐」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 48,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇且坐(しゃざ)・・「且」は「まぁまぁ」とか、「さて」とかの呼びかけの語で、師匠が弟子を落ちつかせるために、あるいは弟子が師匠に真理について問いかける時などに使用される。
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。
  • 萩茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 萩茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 43,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.8cm×高8.4cm
    ◇田原陶兵衛(十三代)・・昭和26年、萩生まれ。父は十二代陶兵衛。武蔵野美術大大学院卒業後、中里重利に師事。二年間修行後、帰郷して作陶。平成4年、十三代陶兵衛襲名。西日本陶芸美術展入選他。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成8年以降の作品。(栞より)
  • <
  • 1
  • >
10商品 1-10表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>