懐石道具・茶壷・その他

8商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
8商品 1-8表示
  • 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造 12,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇状態良好です。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 七宝紋銚子 横倉嘉山作  替蓋付(井上春峰) 七宝紋銚子 横倉嘉山作 替蓋付(井上春峰) SOLD OUT
    ◇横倉嘉山(よこくらかざん)・・大正4年、山形県生。昭和26年、日展初入選、以後数多く入選。同47年、外務省主催の海外芸術祭にも選抜される。日展審査員等歴任。
    ◇替蓋は、京焼の井上春峰さんの作です。
    ◇多少、錆がありますが、それ以外は状態良好です。
    ◇昭和56年の作品。
  • 槻糸目塗内千鳥蒔絵小吸物椀 五客 岡本陽斎作  槻糸目塗内千鳥蒔絵小吸物椀 五客 岡本陽斎作  18,000円(内税)
    ◇岡本陽斎(おかもとようさい)・・昭和7年、京都生。石川県山中町にて茶道具を中心に製作を続ける。
    ◇槻は、欅の一種です。
    ◇作品は、きれい状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 丹波飾壷 初代 市野信水 造 丹波飾壷 初代 市野信水 造 20,000円(内税)
    ◇市野信水(初代)・・昭和7年、兵庫県多紀郡生まれ。昭和33年、姫路市展、丹波焼陶芸展、兵庫県展入選入賞。昭和43年に穴窯・登り窯を築窯。50年、日本伝統工芸展初入選。日本芸術奨励賞ほか受賞。大阪高島屋、日本橋三越で個展。現在、二代目。
    ◇作品は、きれい状態良好です。ほとんど使われていないようです。
    ◇20年~30年の作品。
  • 和蘭陀写向付6客 佐久間勝山造 和蘭陀写向付6客 佐久間勝山造 25,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇蓋付で感じのよい作品です。
    ◇蓋に何枚か軽いスレありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 刷毛目子盃 十七代 永楽善五郎 作  刷毛目子盃 十七代 永楽善五郎 作  6,000円(内税)
    共箱・無傷・白裂付
    胴径7.1cm×高3.7cm
    ◇当代の永楽善五郎の作品です。
    ◇来年の干支です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇12年前頃の作品。
  • 堅手盃 真葛香斎 造 堅手盃 真葛香斎 造 6,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径7.8cm×高2.4cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。昭和14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇李朝白磁の堅手を写した盃です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。◇20年前頃の作品。
  • 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 38,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    一客-胴径8.8cm×高5.4cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。昭和14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • <
  • 1
  • >
8商品 1-8表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>