その他の地域の茶碗

8商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
8商品 1-8表示
  • 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 25,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇関吉昭・・ガラス工芸作家。
    ◇ガラスは、関吉昭さん・竹蒔絵は吉田華正さんの作品で、出来が良いです。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造  33,000円(内税)
    ◇山本如仙・・大正五年生。愛知県犬山市の陶芸家で、八世尾形乾山を称する。主に乾山写しの作品で、国内外から評価が高い。栞より大師号拝受。中国人間国宝。イギリス・フランス・オランダの国立美術館に作品収蔵。
    ◇如仙さんらしい感じのよい茶碗です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、汚れあり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 高取焼茶碗 十四代 亀井味楽 造  高取焼茶碗 十四代 亀井味楽 造  14,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 絵高麗写梅鉢平茶碗 初代 矢口永寿 造 絵高麗写梅鉢平茶碗 初代 矢口永寿 造 20,000円(内税)
    ◇初代矢口永寿 明治3年〜 昭和27年 江沼郡山中温泉の湯宿の子として生まれる。1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯、さらに06年には清水六兵衛の門人・戸山寒山も招いて染付磁器を中心に食器類を多く制作したがその後は赤絵・祥瑞・乾山・仁清など京焼と色絵磁器の名手として茶陶中心に作風を変えた・・
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇明治〜昭和前期の作品。
  • 紀州焼那智黒茶碗 初代 寒川栖豊 造  紀州焼那智黒茶碗 初代 寒川栖豊 造  25,000円(内税)
    ◇寒川栖豊(初代)・・明治32年、和歌山生。京の沢田宗山に師事する。昭和12年、高野庚申山にて開窯のとき、旧藩主から「紀州・葵窯」の銘印を受ける。昭和32年、那智黒釉を完成。昭和50年、没。現在、二代目。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり
    ◇50年前頃の作品。
  • 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.9cm×高7.9cm
    ◇八幡宗豊(やはたそうほう)・・表千家・即中斎宗匠の高弟。表千家理事。大阪で即友会を主宰していた。
    ◇八幡宗豊宗匠が翠文字と松葉・松美の画を書いた茶碗です。
    ◇二代・藤本陶津(とうしん)・・大正3年、初代の長男として広島県に生まれる。初代に師事。広島文化賞・文部大臣賞・光風会名誉会員となる。理事二期勤める。平成21年、没。現在、三代目。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 10,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径14.5cm×8.5cm
    ◇井高即山(そくざん)・・昭和2年、東京都目黒区生。父の初代井高帰山に師事。昭和18年、帰山窯が工業技術指定を受ける。のち、陶燿会を結成。昭和54年、二代帰山を襲名。ユネスコ美術展・伝統工芸新作展の実行委員もつとめた。
    ◇茶碗の中に窯ヒありますが、あまり気にならないと程度だと思います。箱は汚れ等あり。その他は、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品だと思います。
  • 那智黒筒茶碗 二代 寒川栖豊作 鵬雲斎書付 那智黒筒茶碗 二代 寒川栖豊作 鵬雲斎書付 60,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径9.8cm×高8.7cm
    ◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • <
  • 1
  • >
8商品 1-8表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>