茶碗  −茶道具−

80商品

おすすめ順 価格順 新着順

80商品 1-12表示
  • 萩茶碗 岡田裕 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩茶碗 岡田裕 作 23,000円(内税)
    ◇岡田裕(ゆたか)・・昭和21年、天明年間より続く萩焼窯元に、七代仙舟を父として生まれる。同43年、慶應義塾大学卒業後、父・仙舟に師事。平成14年、日本工芸会理事就任(平成24年まで)。同18年、山口県指定無形文化財に認定。同25年、韓国ビエンナーレ招待出品他。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成15年頃の作品(栞より)
  • 紀州焼 梅花茶碗 葵窯(寒川栖豊窯)<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 紀州焼 梅花茶碗 葵窯(寒川栖豊窯) SOLD OUT
    ◇二代の寒川栖豊さんの窯の作品です。
    ◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
    ◇梅花の感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 波画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平作  ※合箱<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 波画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平作  ※合箱 SOLD OUT
    ◇合箱です。三代の作かと思われます。
    ◇参考:杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、五代目。
    ◇波画に盛り上がりがあり、感じがよいです。ややブルーがかった部分がありますが、最初からのものだと思います。その他は特に問題なく状態良好です。
    ◇40年前位の作品。
  • 大樋釉茶碗 大樋年郎(十代大樋長左衛門)作 大樋釉茶碗 大樋年郎(十代大樋長左衛門)作 SOLD OUT
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年郎(年朗)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章。平成28年、「長左衛門」の名跡を長男・大樋年雄に譲って、以後は陶冶斎を名乗る。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり
    ◇昭和41年頃の作品。(栞より)
  • 赤茶碗 政所窯  後藤明道造 赤茶碗 政所窯 後藤明道造 SOLD OUT
    ◇後藤明道(陶名:永興明道)・・・京都の東山区の円徳永興院住職。円徳院のお庭焼(政所窯)として30年余楽焼・織部などを焼いた。平成六年寂。現在、政所窯は永興紹道が製作している。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 初音茶碗 二代 真葛香斎造 ※傷有 初音茶碗 二代 真葛香斎造 ※傷有 SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇1cmほどニュウがあります。目立ちません。
    ◇出来のよい茶碗で、傷以外はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「慶雲」黒茶碗 園部玄哉作 堀内宗完(兼中斎)書付 銘「慶雲」黒茶碗 園部玄哉作 堀内宗完(兼中斎)書付 SOLD OUT
    ◇園部玄哉(そのべげんや)・・昭和26年、北海道生。昭和58年瀬戸市にて独立し、東京デザイナー学院陶芸講師。平成元年、美濃国際陶芸展入選。各地の個展を開催
    ◇表千家・兼中斎宗完宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成5年頃の作品(栞より)
  • 大樋釉茶碗 大樋年郎(十代大樋長左衛門)作 大樋釉茶碗 大樋年郎(十代大樋長左衛門)作 SOLD OUT
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年郎(年朗)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章。平成28年、「長左衛門」の名跡を長男・大樋年雄に譲って、以後は陶冶斎を名乗る。
    ◇明るめな部分と暗めな部分のある、よい感じの作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり
    ◇昭和44年頃の作品。(栞より)
  • 萩焼茶碗 十一代 坂高麗左衛門造 萩焼茶碗 十一代 坂高麗左衛門造 SOLD OUT
    ◇坂高麗左衛門(十一代)・・明治45年生。下関市出身。帝国美校卒。昭和33年、十一代坂高麗左衛門を襲名。昭和50年山口県無形文化財保持者になる。日本工芸会正会員。中国文化賞。昭和56年歿、享年86歳。十三代目は平成26年、没。
    ◇十一代の高麗左衛門さんらしい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 色絵椿ノ画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 ※大判印・本作・合箱 色絵椿ノ画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 ※大判印・本作・合箱 SOLD OUT
    ◇合箱ですが、杉田祥平さんの本作・大判印となります。三代の作かと思われます。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇多少、金彩が薄くなっていたり等指摘ありますが、基本的に状態良好です。
    ◇30年前位の作品。
    ◇参考:杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、五代目。
  • 銘「朝陽」御本写大茶碗 駕洛窯 清水日呂志造 堀内宗完(兼中斎)書付 銘「朝陽」御本写大茶碗 駕洛窯 清水日呂志造 堀内宗完(兼中斎)書付 30,000円(内税)
    ◇清水日呂志(しみずひろし)・・昭和16年、生まれ。萬古焼に初めて高麗手茶陶を加え、茶道界の評価を得た初代清水楽山を祖父とする。昭和34年より祖父楽山に師事のちに、高取、丹波、萩にて修行。昭和45年、三重郡菰野町に築窯。韓国利川・大邱にて茶陶器指導。昭和49年、釜山近郊金海郡に金海駕洛窯築窯。田山方南先生より駕洛窯と命名される・・
    ◇表千家・兼中斎宗匠の書付があります。
    ◇大きめな茶碗です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 福寿草の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造 福寿草の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
80商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>