茶碗  −茶道具−

96商品

おすすめ順 価格順 新着順

96商品 1-12表示
  • 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 250,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 25,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇関吉昭・・ガラス工芸作家。
    ◇ガラスは、関吉昭さん・竹蒔絵は吉田華正さんの作品で、出来が良いです。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造  33,000円(内税)
    ◇山本如仙・・大正五年生。愛知県犬山市の陶芸家で、八世尾形乾山を称する。主に乾山写しの作品で、国内外から評価が高い。栞より大師号拝受。中国人間国宝。イギリス・フランス・オランダの国立美術館に作品収蔵。
    ◇如仙さんらしい感じのよい茶碗です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、汚れあり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 彫三嶋茶碗 須田祥豊造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 彫三嶋茶碗 須田祥豊造  SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品
  • 色絵宝尽し画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作 ※大判印<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵宝尽し画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作 ※大判印 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、五代目。
    ◇大判印ですので、特別作や本人作です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「寿山」黒茶碗 二代 井上方竹造 宮西玄性書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「寿山」黒茶碗 二代 井上方竹造 宮西玄性書付 SOLD OUT
    ◇井上方竹(二代)・・昭和9年、兵庫県姫路市に生まれる。父・初代方竹に師事する。昭和47年、二代方竹を襲名。大徳寺黄梅院宮西玄性老師より印南窯と命名。大阪天満橋松坂屋・東京新宿小田急・博多大丸・神戸そごう・松江一畑百貨店個展他。平成9年か10年頃、没。
    ◇宮西玄性(みやにしげんしょう)・・明治37年、石川県生。円福僧堂にて神月徹宗に参じる。元大徳寺塔頭黄梅院住職(小林太玄和尚の先代住職)。昭和57年遷化。78歳。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 萩井戸写平茶碗 十二代 坂倉新兵衛 造 萩井戸写平茶碗 十二代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十二代)・・明治14年生。同30年、十二代新兵衛を襲名。萩焼の名工で、昭和23年萩焼美術陶芸協会長、昭和31年には山口県無形文化財の指定、翌年に国の無形文化財記録作成の指定を受ける。同35年、没。
    ◇状態良好です。箱に指摘があります。
    ◇昭和初期頃だと思います。
  • 織部小服茶碗 杉本貞光作 織部小服茶碗 杉本貞光作 18,000円(内税)
    ◇杉本貞光・・昭和10年生。昭和49年より、大徳寺立花大亀老師に指導を受け、茶陶を研究、老師より寺垣外窯と命明。桃山茶陶にひかれ、信楽を柱として茶碗づくりを学ぶ。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 金彩伊羅保茶碗  竹絵 佐久間勝山 造 金彩伊羅保茶碗 竹絵 佐久間勝山 造 SOLD OUT
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。箱に指摘あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 35,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(五代)・・昭和9年、京都生。父・四代竹泉に師事し、昭和47年に五代竹泉を継承する。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 朝日焼燔師荒土茶碗 松林弘造 朝日焼燔師荒土茶碗 松林弘造 SOLD OUT
    ◇松林弘(ひろし)・・昭和27年、十四代松林豊斎の次男して生まれる。中部工業大卒。父豊斎に師事。昭和61年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 志野茶碗  加藤十右衛門鵬雲斎造 鵬雲斎書付 志野茶碗 加藤十右衛門鵬雲斎造 鵬雲斎書付 80,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よい感じの茶碗です。
    ◇状態良好です
    ◇40年〜50年前頃の作品。
96商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>