茶碗  −茶道具−

103商品

おすすめ順 価格順 新着順

103商品 1-12表示
  • 仁清写七宝茶碗 十六代永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 仁清写七宝茶碗 十六代永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和指摘あり。9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱に
    ◇40年前頃の作品
  • 蓬莱菱茶碗  八代 吉向十三軒作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 蓬莱菱茶碗 八代 吉向十三軒作 SOLD OUT
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 雲錦の絵茶碗  八代 吉向十三軒作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 雲錦の絵茶碗 八代 吉向十三軒作 48,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 膳所焼赤絵安南写茶碗 陽炎園作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 膳所焼赤絵安南写茶碗 陽炎園作 15,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 色絵菊茶碗 佐久間芳丘 造  色絵菊茶碗 佐久間芳丘 造  SOLD OUT
    ◇佐久間芳丘(さくまほうきゅう)・・明治44年、松古窯窯元の家に生まれ。兄は佐久間勝山。祖父 2代芳春に師事する。昭和39年 独立開窯。高麗、唐津、志野、伊賀、万古独特の赤絵と 幅広い作行きをみせる。◇楽系柔陶。感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 萩焼筒茶碗 十一代 坂高麗左衛門造 萩焼筒茶碗 十一代 坂高麗左衛門造 27,000円(内税)
    ◇坂高麗左衛門(十一代)・・明治45年生。下関市出身。帝国美校卒。昭和33年、十一代坂高麗左衛門を襲名。昭和50年山口県無形文化財保持者になる。日本工芸会正会員。中国文化賞。昭和56年歿、享年86歳。十三代目は平成26年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇一箇所指摘部分がありますが、それ以外状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 色絵竹四季草花の画茶碗  清閑寺窯 四代 杉田祥平造 ※大判印 色絵竹四季草花の画茶碗 清閑寺窯 四代 杉田祥平造 ※大判印 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(四代)・・昭和17年、京都生まれ。楽家・十四代覚入に陶芸を学ぶ。清閑寺窯丸印を鵬雲斎宗匠及び覚入より拝領する。平成12年、四代目・杉田祥平を継承する。現在、五代目。
    ◇大判印ですので、特別作や本人作です。
    ◇よく描かれた、出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。共箱は、ややシミあり。
    ◇20年前頃の作品。
  • 大樋焼飴釉茶碗 大樋年郎(十代長左衛門)作 大樋焼飴釉茶碗 大樋年郎(十代長左衛門)作 SOLD OUT
    ◇大樋年郎(年朗)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇割と出来のよい方だと思います。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり
    ◇昭和44年頃の作品。(栞より)
  • 粉引風船葛馬盥茶碗 福森阿也作  粉引風船葛馬盥茶碗 福森阿也作  SOLD OUT
    ◇福森阿也・・昭和11年、津市に生まれ。同48年に夫の福森守比古阿漕焼より独立し、この頃より絵付茶陶を志す。同5年、津市高茶屋狐森窯に工房を移す。同60年、日本画家を大河内米雲先生に師事。平成3年、茶陶焼成の為の穴窯を築く。
    ◇女性作家らしい、感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 黒茶碗  園部玄哉作 黒茶碗 園部玄哉作 SOLD OUT
    ◇園部玄哉(そのべげんや)・・昭和26年、北海道生。昭和58年瀬戸市にて独立し、東京デザイナー学院陶芸講師。平成元年、美濃国際陶芸展入選。各地の個展を開催
    ◇楽系軟陶で、黒の中に赤が入っています。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品
  • 朝日焼燔師粉引茶碗 十四代 松林豊斎 造 朝日焼燔師粉引茶碗 十四代 松林豊斎 造 SOLD OUT
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十七代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年~70年前頃の作品。
  • 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造 30,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇割と感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
103商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>