茶碗  −茶道具−

75商品

おすすめ順 価格順 新着順

75商品 1-12表示
  • 鼠志野茶碗 加藤光右衛門 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 鼠志野茶碗 加藤光右衛門 作 SOLD OUT
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇感じのよい作品です
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 乾山風草花絵平茶碗 五代 加藤幸兵衛 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 乾山風草花絵平茶碗 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇加藤幸兵衛(五代)・・明治26年生。大正10年、五代幸兵衛を襲名。昭和6年、帝展に入選したのを機に、中国磁器の研究を深め、15年、技術保存の指定を受けた。48年には多治見市名誉市民、岐阜県無形文化財に指定された。加藤卓男(人間国宝)氏の父でもある。昭和57年、没。現在、七代目。
    ◇感じのよい絵付けです。
    ◇中に指摘部分があります。それ以外、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇昭和35年以降の作品。(栞より)
  • 粉引写茶碗 杉本貞光作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 粉引写茶碗 杉本貞光作 鵬雲斎書付 75,000円(内税)
    ◇杉本貞光・・昭和10年生。昭和49年より、大徳寺立花大亀老師に指導を受け、茶陶を研究、老師より寺垣外窯と命明。桃山茶陶にひかれ、信楽を柱として茶碗づくりを学ぶ。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇馬年の茶碗として作られたようです。出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品です。
  • 楽山焼刷毛目火替わり茶碗 長岡空味 造 ※九代長岡住右衛門<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 楽山焼刷毛目火替わり茶碗 長岡空味 造 ※九代長岡住右衛門 SOLD OUT
    ◇長岡空味(楽山焼九代長岡住右衛門)・・明治7年、島根県に生まれ。当初は萩宗家に行って修行、不昧公百年祭に公開された茶器、名什に刺激を受け、より作品に茶趣が加わり、佳品を制作。大正・昭和初期に楽山焼を後世に残した業績は大きい。楽山焼窯場に不昧公と利休の坐像を残す。楽山焼の九代目、また長岡住右衛門としては五代目となる。昭和35年、没。享年86才
    ◇よく使い込まれた茶碗で、古作のような雰囲気があります。
    ◇作品は、状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇明治41年の作品。
  • 達磨画白楽平茶碗 画・手造-尾関秋逸 焼成-鷲津窯<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 達磨画白楽平茶碗 画・手造-尾関秋逸 焼成-鷲津窯 SOLD OUT
    ◇日本画家-尾関秋逸筆・手造りの茶碗です。
    ◇尾関秋逸(おぜきしゅういつ)・・日本画家。明治26年愛知県生まれ 渡辺秋渓に師事。没年不詳
    ◇焼成は、名古屋大高 鷲津窯(明治40年開窯)山口雅山です。
    ◇よく使い込まれた茶碗で、達磨の絵がよい雰囲気です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇昭和9年の作品。
  • 竹の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    >◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇感じのよい作品です。竹の絵なので、広く使って頂けます。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30〜40年前頃の作品。
  • 絵高麗写平茶碗 永楽善五郎(即全)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 絵高麗写平茶碗 永楽善五郎(即全)造 50,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇シンプルな図柄ですが、使いやすそうです。
    ◇作品は、基本的にきれいな方です。共箱は、経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 色絵笹之図茶碗 八代 高橋道八 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵笹之図茶碗 八代 高橋道八 作 SOLD OUT
    ◇高橋道八(八代)・・昭和13年、京都生まれ。京都市立日吉ヶ丘高等学校美術科卒業、京都府訓練校にて轆轤成形、京都市工業試験場にて釉薬を学ぶ。父七代道八に師事する。同58年に八代道八を襲名する。京焼屈指の名工とうたわれた二代仁阿弥道八の気風を受け継ぎながら、現代に合う個性豊かな作品を制作。平成23年、没。現在、九代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は多少使用感ありますが、基本的にきれいな方です。箱は経年感あり。
    ◇40年前頃の作品。
  • 楽山焼茶碗 十一代 長岡住右衛門(空権)作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 楽山焼茶碗 十一代 長岡住右衛門(空権)作 SOLD OUT
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇空権でなく、十一代住右衛門に箱書です。襲名間もない作品のようで、珍しいです。
    ◇高台に極小、窯出しの際のひっつき取り除き痕がありますが、気にならないと思います。それ以外状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 御所丸茶碗 二代 寒川栖豊 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 御所丸茶碗 二代 寒川栖豊 作 25,000円(内税)
    ◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
    ◇高麗・御所丸茶碗写です。黒と白が感じがよいです。浅めです。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「蓬莱」黒茶碗 五代 中村道年 作 堀内宗心(兼中斎)書付 銘「蓬莱」黒茶碗 五代 中村道年 作 堀内宗心(兼中斎)書付 75,000円(内税)
    ◇中村道年(五代)・・昭和四十二年、三代目道年の長男として生る。平成二年、名古屋造形芸術短期大学卒業、在学中よリ父について楽焼に従事。同二年、唐津焼の中里重利に師事。同四年、八事窯にもどる。同九年、名古屋丸善ギャラリーにて、道年尼と共に「親子展」開催。同十三年、五代目中村道年襲名。
    ◇表千家・堀内宗心(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい方の茶碗です。(指摘あり)
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 黒釉水玉茶碗 大谷巳津彦造 淡々斎書付 黒釉水玉茶碗 大谷巳津彦造 淡々斎書付 SOLD OUT
    ◇大谷巳津彦(おおたに みつひこ)・・昭和4年、裏千家十四代家元・淡々斎の三男として生まれる。茶室設計・プロデュース、インテリアデザイン、きものデザイン、ブックデザインなど、幅広く活躍した。昭和41年、没。長男の十五代千宗室、次男の納屋嘉治は、淡交社社長。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇デザイナーらしい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇70年前頃の作品。
75商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>