価格で探す

333商品

おすすめ順 価格順 新着順

333商品 1-12表示
  • 朝日焼粉引茶碗  松林良周(十五代 豊斎)造 朝日焼粉引茶碗 松林良周(十五代 豊斎)造 15,000円(内税)
    ◇松林良周(よしかね)・・昭和25年、十四代豊斎の長男して生まれる。武蔵野美大卒。父豊斎に師事。平成7年、十五代豊斎襲名。平成27年、没。
    ◇15代松林豊斎の襲名前の作品です。
    ◇状態良好です。多少は使用されているでしょうけど、シミっぽいのは最初からのものだと思われます。
    ◇30年前頃の作品。
  • 珠光文琳写茶入 陶若窯 ※大名物漢作茶入写<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 珠光文琳写茶入 陶若窯 ※大名物漢作茶入写 SOLD OUT
    ◇陶若(とうじゃく)窯  能勢 進 1965年滋賀県大津市生まれ。 1984年京都府立陶工訓練校卒業 千家十職 永楽善五郎(製陶所)入社 自宅大津市に「陶若窯」を築窯する 2000年永楽製陶所に17年間在籍し退職、独立大津市在住 作歴 日本伝統工芸近畿支部展、新匠工芸展 全陶展等に入選 新美工芸会展入賞【読売新聞大阪本社賞】 守山市美術展入賞【佳作】 現在、新美工芸会副会長
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品(未使用)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 雲華焼火入 寄神崇白 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 雲華焼火入 寄神崇白 造  10,000円(内税)
    ◇寄神崇白・・昭和12年、京都生まれ。雲華焼土風炉師である父・二代崇白に師事し、50年、三代崇白を襲名する。桂窯は飛鳥時代より法隆寺や平安宮中の瓦を焼く窯であったが、明治以降、土風炉師に転向。各地にて個展開催。
    ◇商品は、きれいで美品(未使用?)です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。<
  • 銘「清流」茶杓  松濤玄機書付  下削り-東竹斎<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「清流」茶杓 松濤玄機書付 下削り-東竹斎 7,000円(内税)
    共箱・共筒・外紙箱付
    茶杓-長18.1cm
    ◇松濤 玄機(まつなみ げんき)・・大正14年 北九州市に生まれ。幼少の頃、荒谷賢城に就いて得度ののち、福岡市博多の崇福寺専門道場にて方谷浩明(12代大徳寺管長)のもとで修業する。昭和32年 大徳寺派妙湛寺 住職。昭和62年 大徳寺派古心寺 住職
    ◇共筒の栓が緩いです。少し筒にシミがありますが、その他は状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 10,000円(内税)
    ◇初代 橋本 陶正山(号:正山)・・昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和21年、東京小田急百貨店、大分トキワにて個展。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。
    ◇作品は状態良好です。箱経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 膳所焼筒掛花入 陽炎園作  膳所焼筒掛花入 陽炎園作  8,000円(内税)
    共箱・無傷・外紙箱付
    胴径6.9cm×高17cm
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 14,000円(内税)
    共箱・無傷
    横12.2cm×奥行11.4cm×高7.6cm
    ◇加藤鈔(かとうしょう)・・昭和2年生。先々代丈助は赤津窯系譜18世景徳の養子で、21世にあたる。平成9年瀬戸市無形文化財、平成12年愛知県無形文化財保持者に認定される。近年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。箱は多少経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 18,000円(内税)
    大亀書付箱・無傷
    胴径14.5cm×高8.1cm
    ◇大亀書付箱です。
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
    ◇松涛・・松風の音を波の音にたとえて言う言葉。
  • 竹蓋置 炉風炉一双   宮西玄性書付 高野宗陵作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蓋置 炉風炉一双 宮西玄性書付 高野宗陵作 SOLD OUT
    宮西玄性(みやにしげんしょう)・・明治37年、石川県生。円福僧堂にて神月徹宗に参じる。元大徳寺塔頭黄梅院住職(小林太玄和尚の先代住職)。昭和57年遷化。78歳。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 絵高麗梅茶碗 二代 和田桐山 造 絵高麗梅茶碗 二代 和田桐山 造 17,000円(内税)
    四代識箱・共裂・無傷
    胴径13.2cm×高9.3cm
    ◇四代の識箱です。
    ◇和田桐山(二代)・・明治30年、兵庫県生まれ。兄(初代・桐山)と共に作陶に従事していたため他家(神戸御影名和家)に養子入籍していたが、昭和42年に初代・桐山が没後、二代桐山を継承。昭和52年、没。現在、四代目。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇昭和42年~52年の作品。
  • 雲錦茶碗 大丸北峰 作 雲錦茶碗 大丸北峰 作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.6cm×高7.8cm
    ◇大丸北峰(二代)・・大正5年、生まれ。先代北峰・清水六兵衛に師事する。京展、全関西展ほか審査員。京都工美協理事。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 飛青文茶碗 三代 加藤溪山 作 飛青文茶碗 三代 加藤溪山 作 17,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径15.6cm×高6cm
    ◇加藤溪山(三代)・・昭和23年、京都生まれ。同47年、京都市立芸術大学陶磁器専攻卒業。同53年、中日国際芸術展入選。平成8年、三代加藤溪山を襲名。高島屋で個展他。
    ◇白磁で、飛青磁のような飛んでる文様が青で、感じのよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
333商品 1-12表示
>