価格で探す

412商品

おすすめ順 価格順 新着順

412商品 1-12表示
  • 純銀梅花盆 初代 長谷川一望斎造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 純銀梅花盆 初代 長谷川一望斎造 33,000円(内税)
    ◇初代 長谷川一望斎(はせがわ・いちぼうさい)【春江】・・名古屋の金工師。初代は江戸後期に尾張徳川家のお抱え金工師として仕えた。長谷川青龍斎の次男として生まれ、一望斎として分家したのが始まりである。生没年不詳。現在、三代目。
    ◇形のよい作品です。純銀ですので、柔らかいのでので多少の使用スレや黒ずんでますが、仕方がない程度です。重さは214gです。
    ◇作品は、特に問題なく状態良好です。
    ◇明治期頃の作品かと思われます。
  • 黒呂色塗 長板 炉用 川瀬表完作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒呂色塗 長板 炉用 川瀬表完作 20,000円(内税)
    ◇川瀬表完(二代)・・昭和8年、京都生。父・初代表完に師事。木村表斎を派祖とする表派の作風・技法を継承。京漆伝統工芸士会会長。平成7年、没。現在、東山表完は三代目。
    ◇キチッと作られた作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 節分大棗 井筒鳳斎作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 節分大棗 井筒鳳斎作 SOLD OUT
    ◇井筒鳳斎・・昭和28年、石川県に生まれ。同47年、京都で友禅染のデザインを手がける。中村宗尹に入門(宗尹の父-人間国宝の川北良造に師事)。昭和55年、独立。今日まで加賀蒔絵の作家として、30年近く活躍。
    ◇鬼は外、福は内の面白みのある棗です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 竹蓋置一双 黒田正玄造 淡々斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蓋置一双 黒田正玄造 淡々斎書付 120,000円(内税)
    ◇淡々斎・・茶道裏千家十四世家元。東京生。裏千家十三世円能斎の長男。幼名は政之輔、号に碩叟。30才で家元を継承。淡交会を結成、ついで国際茶道文化協会を設立し茶道の海外普及につとめた。紫綬褒章受章。昭和39年歿、71才。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和中期頃の作品。
    ◇黒田正玄(十二代)・・竹細工の茶道具を製作する、黒田家11代目正玄の長男として明治39年に生まれる。大正15年に十二代目正玄を襲名する。昭和18年、政府認定技術保存資格者となる・・
  • 萩茶碗 岡田裕 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩茶碗 岡田裕 作 23,000円(内税)
    ◇岡田裕(ゆたか)・・昭和21年、天明年間より続く萩焼窯元に、七代仙舟を父として生まれる。同43年、慶應義塾大学卒業後、父・仙舟に師事。平成14年、日本工芸会理事就任(平成24年まで)。同18年、山口県指定無形文化財に認定。同25年、韓国ビエンナーレ招待出品他。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成15年頃の作品(栞より)
  • 祥瑞写茶器 丹山窯 小峠葛芳 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 祥瑞写茶器 丹山窯 小峠葛芳 作 20,000円(内税)
    ◇小峠葛芳(丹山)・・昭和21年姫路生。島岡達三に師事する。昭和49年京都・宇治炭山に丹山窯を開く。日本工芸会正会員。茶陶中心。
    ◇キチッとよく描かれた作品です
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇平成元年頃の作品。
  • 膳所焼 大海茶入 陽炎園造 仕覆-北村徳斎帛紗店製<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 膳所焼 大海茶入 陽炎園造 仕覆-北村徳斎帛紗店製 25,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇仕覆は、北村徳斎帛紗店の作品で、上品です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 高取耳付水指 亀井楽山作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 高取耳付水指 亀井楽山作 27,000円(内税)
    ◇亀井楽山・・昭和20年、福岡生。十六歳の頃より兄・十四代亀井味楽に師事し、作陶をはじめる。平成二年、楽山窯を開く。日本陶磁協会博多支部理事他。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇塗蓋裏面に使用スレがありますが、それ以外、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 紀州焼 梅花茶碗 葵窯(寒川栖豊窯)<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 紀州焼 梅花茶碗 葵窯(寒川栖豊窯) SOLD OUT
    ◇二代の寒川栖豊さんの窯の作品です。
    ◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
    ◇梅花の感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 波画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平作  ※合箱<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 波画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平作  ※合箱 SOLD OUT
    ◇合箱です。三代の作かと思われます。
    ◇参考:杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、五代目。
    ◇波画に盛り上がりがあり、感じがよいです。ややブルーがかった部分がありますが、最初からのものだと思います。その他は特に問題なく状態良好です。
    ◇40年前位の作品。
  • 「一枝梅花和雪香」一行書 軸 河野太通 筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「一枝梅花和雪香」一行書 軸 河野太通 筆 SOLD OUT
    ◇河野太通(こうのたいつう)・・昭和5年、大分県出身。昭和23年、大分県中津市・臨済宗妙心寺派松巌寺で出家得度。昭和28年、臨済宗妙心寺派祥福僧堂に掛塔。昭和52年〜平成16年まで祥福寺僧堂師家。平成6年〜平成13年まで花園大学学長。現在、兵庫県姫路市の龍門寺住職。アジアの友を支援する「RACK」代表。平成22年、臨済宗妙心寺派管長、全日本仏教会会長に就任・・
    ◇祥福寺住職・僧堂師家時代【昭和52年〜平成16年まで】の作品です
    ◇基本的にきれいで、状態良好です。(指摘あり)
  • 法蓮炉五徳 初代宮崎寒雉造 大西浄長識 ※十三代大西清右衛門<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 法蓮炉五徳 初代宮崎寒雉造 大西浄長識 ※十三代大西清右衛門 28,000円(内税)
    ◇初代宮崎寒雉の法蓮炉用五徳です。
    ◇大西浄長の識箱(昭和5年【庚午】の初春)です
    ◇作品は、時代的に古いので、触るとぽろっぽろっと錆がとれます。使用には問題ありません。
    ◇初代 宮崎寒雉・・江戸時代前期の釜師。石川県中居の鋳物師の家に生まれる。京都で大西浄清の門にはいったという。金沢藩主前田利常の御用釜師となり,仙叟宗室の指導をうけて柏葉釜,焼飯釜などの茶釜をつくった。正徳2(1712)年没。享年は80歳余。
    ◇大西浄長・・慶応二(1866)年、十二代大西浄典の長男として・・
412商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>