価格で探す

465商品

おすすめ順 価格順 新着順

465商品 1-12表示
  • 銘「丹頂」竹尺八花入  黒田宗傳作  堀内宗完(兼中斎)書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「丹頂」竹尺八花入 黒田宗傳作 堀内宗完(兼中斎)書付 17,000円(内税)
    ◇黒田宗傳(三代)・・初代宗傳は、十代黒田正玄の次男として生まれる。万国博覧等に出品し主なる賞を受賞。三代は、二代宗傳の長男として生まれ、昭和37年後藤瑞巖老大使の勧めにより三代宗傳を襲名する。昭和42年、建仁寺管長竹田益州大使より弄竹軒の軒号を贈られる。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇乙巳(昭和40年)春会始め、くじ当りの作品です。
    ◇口内に軽い欠けがありますが、それ以外状態良好です。
  • 備前焼「寅」字盃 二枚  藤原和 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 備前焼「寅」字盃 二枚 藤原和 作  3,500円(内税)
    ◇藤原和・・昭和33年、藤原雄の長男として備前に生まれる。昭和55年、父に師事する。平成2年、岡山天満屋にて個展。平成5年、田部美術館茶の湯の造形展入選他。
    ◇来年(令和4年)の干支の盃です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇24年か36年前頃の作品。
  • 毘沙門(寅年)香合  三武信家作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 毘沙門(寅年)香合 三武信家作  SOLD OUT
    ◇三武信家・・栃木県芳賀郡市貝町在住。昭和25年、神奈川県に生まれ。同55年、益子町で制作開始。平成2年、市貝町に築窯。細工ものを得意としている。
    ◇来年(令和4年)の干支の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇24年前頃の作品。
  • 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 43,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇「澗下水潺々」は、公照さんの造語であると思われます。(これに近い禅語があるのですが・・)澗下(かんか):谷川の下+水潺々(みずせんせん):水がサラサラ流れる様子。で、絶えず変化して止まらぬ無常の姿を水に例えたもの。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
  • 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作 25,000円(内税)
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年の作品。
  • 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 250,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 虎(寅)香合 初代 和田桐山 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 虎(寅)香合 初代 和田桐山 造  SOLD OUT
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇来年(令和4年)の干支の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇60年前頃の作品。
  • 銘「八千代」松竹梅三本茶杓 立花大亀書付 下削-稲尾誠中斎<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「八千代」松竹梅三本茶杓 立花大亀書付 下削-稲尾誠中斎 SOLD OUT
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇余情残心(よじょうざんしん)・・茶事が終わり、客が帰った後に、残った茶を飲みながらその日の自らの行動を反省し、茶事終了後も客のことを考え続けるというおもてなしの心を意味する表現。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成2年頃の作品。
  • 祥瑞腰ソギ丸紋水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付  ※梔子摘み <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 祥瑞腰ソギ丸紋水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 ※梔子摘み  150,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成2年頃の作品。
  • 浅黄交趾蜻蛉蓋置  中村翠嵐 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 浅黄交趾蜻蛉蓋置 中村翠嵐 作 14,000円(内税)
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 25,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇関吉昭・・ガラス工芸作家。
    ◇ガラスは、関吉昭さん・竹蒔絵は吉田華正さんの作品で、出来が良いです。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 扇形高台寺文様香合 宮川香雲 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 扇形高台寺文様香合 宮川香雲 造  SOLD OUT
    ◇宮川香雲(初代)・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇40〜50年前頃の作品。
465商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>