50,000円〜

86商品

おすすめ順 価格順 新着順

86商品 1-12表示
  • 銘「秋の光」茶杓 鵬雲斎書付 下削-黒田正玄作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「秋の光」茶杓 鵬雲斎書付 下削-黒田正玄作 SOLD OUT
    ◇鵬雲斎宗匠の自作で、黒田正玄の下削りの作品です。
    ◇秋の光・・秋の景色、秋の気分、秋の気配。古くは月の光をいう。
    ◇箱蓋裏にややシミありますが、作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 瀬戸釉四方水指 利茶土ミルグリム作 鵬雲斎書付 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 瀬戸釉四方水指 利茶土ミルグリム作 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    ◇米国生まれの人気作家の利茶土ミルグリムさんの作品です。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく出来た感じのよい水指です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
    ◇利茶土ミルグリム・・1955年米国ニューヨーク州ホワイトプレインズに生まれる(10月)。1977年初来日。一年にわたり全国の窯元を巡り日本語や建築、庭園の研修を行う。1979年ボストンで茶道の勉強を始める。ニューヨーク市ジャパンハウスギャラリー「茶の湯」展に携わり・・
  • 無適斎好胡麻竹張雪吹 黒田宗傳作 尋牛斎書付 無適斎好胡麻竹張雪吹 黒田宗傳作 尋牛斎書付 SOLD OUT
    ◇十一代久田宗也(無適斎)の御好の雪吹で、表千家・十二代久田宗也(尋牛斎)の書付があります。3ツ作られた内の1ツです。
    ◇黒田宗傳(三代)・・初代宗傳は、十代黒田正玄の次男として生まれる。万国博覧等に出品し主なる賞を受賞。三代は、二代宗傳の長男として生まれ、昭和37年後藤瑞巖老大使の勧めにより三代宗傳を襲名する。昭和42年、建仁寺管長竹田益州大使より弄竹軒の軒号を贈られる。
    ◇多少、使用されてますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 木彫鴛鴦香合 岩木裕軒造 淡々斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 木彫鴛鴦香合 岩木裕軒造 淡々斎書付 95,000円(内税)
    ◇京都の指物師岩木裕軒さんの作品です。初代の作品かと思われます。
    ◇初代・岩木裕軒・・明治8年生まれ。指物師駒沢家の分家。円能斎宗室時代に裏千家へ出入りするようになり、その好みの吉野棚・巴棚を製す。淡々斎好みの徒然棚・千歳棚、大正天皇即位式の高御座や椅子を作った。大正15年没。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇鎌倉彫のような雰囲気のある香合です。
    ◇作品は、一か所にアタリありますが、その他は状態良好です。箱は、経年感あり。
  • 秋野棗 五代 川端近左 造 鵬雲斎書付 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 秋野棗 五代 川端近左 造 鵬雲斎書付  150,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇秋草の蒔絵がよく蒔絵された感じのよい作品です。
    ◇極小の畳スレ程度はありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 「華厳ノ瀧」軸 杉原元人筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「華厳ノ瀧」軸 杉原元人筆 50,000円(内税)
    ◇杉原元人・・大正元年、三重県鳥羽市生。児玉希望に師事。千葉県文化功労者・紺綬褒章を受章。日展参与。平成21年、没。
    ◇迫力ある華厳ノ瀧(栃木県日光市)の図を描かれています。
    ◇高189.5cmですので、長めです。
    ◇表具下に少し汚れ、なんとなくの経年感ありますが、特に問題なく状態良好です。太巻の芯は、無くなってます。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 唐銅唐草彫建水 十四代 大西清右衛門造  鵬雲斎好・書付 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 唐銅唐草彫建水 十四代 大西清右衛門造 鵬雲斎好・書付  100,000円(内税)
    ◇大西清右衛門(十四代)・・千家十職の釜師。十三代大西浄長の長男として明治21年、京都に生まれる。表千家即中斎宗左からは、浄中という名をもらい、十四代大西浄中として活動する。独自の地肌を作り始め、即中斎宗匠の字や絵を鋳込んだ華やかな釜が多い。昭和35年没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の御好みで、書付があります。
    ◇適度な重さもあり高級感があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇作品の印は十四代清右衛門で、十五代の箱書となります。襲名後もその印を使っていた・・
  • 面菊唐草香合 二代 橋村萬象作 鵬雲斎書付 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 面菊唐草香合 二代 橋村萬象作 鵬雲斎書付 85,000円(内税)
    ◇橋村萬象-昭和9年、京都生。明治まで禁裏御用の木具師をつとめた橋村家は、東京遷都以後茶器木具師となり、当代で四代目。父初代橋村萬象に師事し、昭和61年、二代萬象を襲名する。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇萬象さんらしい、品のある香合です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 霰丸釜 六代佐々木彦兵衛 ※風炉釜<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 霰丸釜 六代佐々木彦兵衛 ※風炉釜 55,000円(内税)
    ◇佐々木彦兵衛(六代)・・初代より釜彦として親しまれている京釜師。昭和二十六年生まれ。同志社大学法学部卒業。五代釜彦こと佐々木彦兵衛に大学在学中より師事し、五十五年、六代佐々木彦兵衛襲名。 古い釜の研究を通して現代の釜を考察し、生きた鋳鉄のすばらしさ、釜肌と地紋の調和、釜肌と形の美しさを表現するため、 初代からの秘伝に加え、自分なりの研究、精進を重ねる。
    ◇霰が多く・鋭く、銀摘みでよい釜です。
    ◇やや使用感・錆等ありますが、基本的に状態良好です。
    ◇平成元年頃の作品。
  • 黒茶碗 八代 吉向十三軒作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒茶碗 八代 吉向十三軒作 鵬雲斎書付 195,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 籐組手付籠 鈴木竹朋斎造 鵬雲斎書付 ※唐物写篭花入 籐組手付籠 鈴木竹朋斎造 鵬雲斎書付 ※唐物写篭花入 SOLD OUT
    ◇鈴木竹朋斎・・名古屋の籠師。物故作家。
    ◇裏千家の鵬雲斎宗匠の箱書きがあります。
    ◇共箱の底面に湿気による腐食がありますが、そんなには気にならないと思います。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 黒織部茶碗 加藤光右衛門作 鵬雲斎書付 黒織部茶碗 加藤光右衛門作 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい茶碗です。
    ◇状態良好です
    ◇30年〜40年前頃の作品。
86商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>