茶入

11商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
11商品 1-11表示
  • 志野茶入 加藤十右衛門(窯)  造  志野茶入 加藤十右衛門(窯)  造  SOLD OUT
    ◇加藤十右衛門さんの窯作の作品となります。
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年79歳。
    ◇状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 朝日焼鹿背茶入 十四代 松林豊斎 造 朝日焼鹿背茶入 十四代 松林豊斎 造 SOLD OUT
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十六代目。
    ◇仕覆-龍村裂蔓牡丹錦
    ◇作品は、多少金紙に使用感ありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 萩焼文琳茶入 十四代 坂倉新兵衛造  萩焼文琳茶入 十四代 坂倉新兵衛造  SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 信楽焼茶入 四代 上田直方造 信楽焼茶入 四代 上田直方造 23,000円(内税)
    ◇上田直方(四代)・・明治31年、三代上田直方の長男として生まれる。昭和6年、四代上田直方を襲名。昭和18年、信楽焼技術保持者に認定。昭和39年、「信楽焼」で滋賀県指定無形文化財に認定。古信楽の魅力に着目して茶陶制作に専念。昭和50年、没。
    ◇割りと出来のよい作品です。
    ◇仕覆に少し難ありますが、作品は状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 高取焼肩衝茶入 十四代 亀井味楽 造 高取焼肩衝茶入 十四代 亀井味楽 造 28,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 高取焼茄子茶入 十四代 亀井味楽 造 高取焼茄子茶入 十四代 亀井味楽 造 SOLD OUT
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 膳所焼大江写茶入 陽炎園 造  膳所焼大江写茶入 陽炎園 造  20,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇大江茶入・・小堀遠州の愛蔵品として名高い茶入の命銘は、膳所に近い大江の地名をとって名づけられた。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 SOLD OUT
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇薄造りで見た目より軽く、釉流れがきれいで出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 13,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇作品は出来がよいです。
    ◇蓋裏の金紙にやや使用感あり。仕覆は、経年感・使用感あり。仕覆の名前は、分かりません。共箱は、経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 信楽茶入 神崎紫峰 造  信楽茶入 神崎紫峰 造  50,000円(内税)
    共箱・無傷・象牙蓋
    胴径7.3cm×高8.2cm(蓋含)
    ◇神崎紫峰・・昭和17年滋賀県信楽町生まれ。法曹界を目指すが、一転して陶工となる。穴窯二週間に及ぶ焼成で自然釉の究極を追及。一貫して個展中心の活動で、国内より、むしろ海外(特にドイツ・アメリカ)での評価が高い。平成30年、没。
    ◇灰がよく被った、出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇昭和55年前頃の作品。
  • 利休瀬戸茶入 加藤芳右衛門造  替仕覆付 利休瀬戸茶入 加藤芳右衛門造  替仕覆付 58,000円(内税)
    共箱・無傷・象牙蓋・栞・外紙箱付
    胴径7cm×高10cm(蓋含)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇よい感じの作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • <
  • 1
  • >
11商品 1-11表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>