茶入

15商品

おすすめ順 価格順 新着順

15商品 1-12表示
  • 大海茶入  桶谷定一 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 大海茶入 桶谷定一 作 9,000円(内税)
    ◇桶谷定一・・昭和8年生。京都にて、父の初代定一に師事する。日展、各展に出品、受賞。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 亀井味楽 銘「山路」高取焼茶入 尋牛斎(久田宗也)書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 亀井味楽 銘「山路」高取焼茶入 尋牛斎(久田宗也)書付 SOLD OUT
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 膳所焼茶入 陽炎園 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 膳所焼茶入 陽炎園 造  SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇40年前頃の作品。
  • 朝日焼鹿背柑子形茶入 十四代 松林豊斎 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 朝日焼鹿背柑子形茶入 十四代 松林豊斎 造 SOLD OUT
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十六代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 萩焼長茶入 十一代 坂高麗左衛門 造 萩焼長茶入 十一代 坂高麗左衛門 造 SOLD OUT
    ◇坂高麗左衛門(十一代)・・明治45年生。下関市出身。帝国美校卒。昭和33年、十一代坂高麗左衛門を襲名。昭和50年山口県無形文化財保持者になる。日本工芸会正会員。中国文化賞。昭和56年歿、享年86歳。十三代目は平成26年、没。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 高取茶入 十三代 高取八山 作 高取茶入 十三代 高取八山 作 SOLD OUT
    ◇十三代 蘯菷山(たかとりはちざん)・・昭和35年、十二代八山の長男として生まれる。十一代静山の許で幼少より陶業を学ぶ。昭和61年、京都市立芸術大学陶芸科卒業。平成2年より1年余り大徳寺派廣徳禅寺に於いて、福富雪底管長、福富海雲老師の許で修行。帰窯後、蘯莨童斗卆廚糧掘陶片を元にして研究、作陶に勤める。平成12年、蘯莨峠_函―住安緘山を襲名する。
    ◇耳付で感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年前頃の作品。
  • 膳所焼大江写茶入 陽炎園 造  膳所焼大江写茶入 陽炎園 造  20,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇大江茶入・・小堀遠州の愛蔵品として名高い茶入の命銘は、膳所に近い大江の地名をとって名づけられた。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 小西平内(二代) 茶入 太閤窯 小西平内(二代) 茶入 太閤窯 SOLD OUT
    ◇小西平内(二代)・・昭和3年、愛媛生。兵庫県西宮市にて、叔父の閤窯初代小西平内に昭和21年入門。のち川喜田半泥子に学ぶ。同33年初代平内の養子となり、同39年、二代平内を襲名する。
    ◇箱書は茶入しか書かれていませんが、伊賀茶入でしょう。出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 備前茶入 藤原雄 造 備前茶入 藤原雄 造 65,000円(内税)
    ◇藤原雄・・昭和7年、岡山県生。人間国宝の父・藤原啓のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ、伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8 年、備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年、没。享年69才。明治大卒。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 丹波内海茶入 石田陶春造 丹波内海茶入 石田陶春造 SOLD OUT
    ◇石田陶春・・昭和19年、兵庫県加古川市生まれ。二十歳で丹波焼の森本陶谷に師事。穴窯、登り窯でつくられる作品には丹波焼の土味の中にあたたかみがある。女流作家。東京三越にて個展他。
    ◇感じのよい作品です
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 38,000円(内税)
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇薄造りで見た目より軽く、釉流れがきれいで出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 13,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇作品は出来がよいです。
    ◇蓋裏の金紙にやや使用感あり。仕覆は、経年感・使用感あり。仕覆の名前は、分かりません。共箱は、経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
15商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>