莨盆

19商品

おすすめ順 価格順 新着順

19商品 1-12表示
  • 一閑塗 文筥莨盆 二代 鈴木表朔造 ※又妙斎好写 一閑塗 文筥莨盆 二代 鈴木表朔造 ※又妙斎好写 SOLD OUT
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇裏千家・又妙斎好写の莨盆です。
    ◇底面になんとなく白っぽい部分(畳スレ?)がありますが、それ以外きれいで状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 雲火焼火入  那波鳳翔 造 雲火焼火入  那波鳳翔 造 SOLD OUT
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    ◇雲火焼は、幕末から明治期に、大嶋黄谷によって焼かれていた兵庫県赤穂市の焼物で、夕焼け空にも似た美しい窯変が特徴で、それを那波鳳翔が模している。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 椰子の実 莨入 道場宗廣 造  椰子の実 莨入 道場宗廣 造  10,000円(内税)
    ◇道場宗廣・・大正13年、生まれの山中塗の塗師。
    ◇本当の椰子の実の莨入がありますが、それを塗り物で写した、よく出来た作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和中期頃の作品。
  • 銀杏透手付莨盆 川本光春作 鵬雲斎 好・書付 銀杏透手付莨盆 川本光春作 鵬雲斎 好・書付 135,000円(内税)
    ◇川本光春(初代)・・京都の指物師で、桑での作品を得意とする。祥桑軒という軒号は淡々斎より与えられた。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の御好みで書付があります。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 膳所焼口四方狂言袴火入 陽炎園 作  膳所焼口四方狂言袴火入 陽炎園 作  8,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 独楽塗莨入 前端欣斎 作 独楽塗莨入 前端欣斎 作 15,000円(内税)
    ◇前端欣斎(きんさい)・・昭和22年、石川県生まれ。父は初代・前端春斎。兄は前端雅峯(二代春斎)。立命館大学法学部卒業後、父に師事する。いじ塗、蒔絵の技法を習得。平成2年、茶道具美術公募展入選他
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 一閑塗櫛形莨盆 二代 鈴木表朔 造 一閑塗櫛形莨盆 二代 鈴木表朔 造 23,000円(内税)
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱の蓋裏の桟が一本無くなってます。
    ◇40年前頃の作品。
  • 織部火入 加藤光右衛門 作 織部火入 加藤光右衛門 作 15,000円(内税)
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 一閑塗 文箱莨盆 川瀬表完 作 ※又妙斎好写 一閑塗 文箱莨盆 川瀬表完 作 ※又妙斎好写 15,000円(内税)
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇中側面にヘコミがあります。こんな所なので、最初からのものだと思われます。そんなに気にならないと思います。使用感はないので、未使用品でしょう。
    ◇裏千家・又妙斎好写の莨盆です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 一閑塗手付瓢透莨盆 鈴木光入 造  ※不昧公好写 一閑塗手付瓢透莨盆 鈴木光入 造 ※不昧公好写 20,000円(内税)
    ◇鈴木光入・・大正12年生。昭和25年より、京漆器の象彦にて17年間修行し、昭和42年独立する。棗・香合・棚・炉縁等幅広く製作。現在、二代目。
    ◇不昧公好写の莨盆です。
    ◇作品は、極小のスレありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品です。
  • 紅安南火入 宮川香雲 作  紅安南火入 宮川香雲 作  13,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径9.7cm×高8.8cm
    ◇初代宮川香雲・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 鉄刀木七宝透し莨入 昇斉作  鉄刀木七宝透し莨入 昇斉作  10,000円(内税)
    共箱・鉄刀木・黄裂付
    横・奥行5.3cm×高10cm
    ◇鉄刀木で七宝透かしが感じよいです。
    ◇作者の詳細は分かりませんが、鉄刀木の作品を時々見かけます。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
19商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>