楽茶碗

9商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
9商品 1-9表示
  • 黒茶碗 九代 大樋長左衛門 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒茶碗 九代 大樋長左衛門 造  SOLD OUT
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇落ち着いた、割と出来のよい茶碗です。楽系軟陶。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 黒三ッ印平茶碗  二代 小川長楽造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒三ッ印平茶碗 二代 小川長楽造 SOLD OUT
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年頃の作品。
  • 黒楽茶碗 二代 中村道年 造 黒楽茶碗 二代 中村道年 造 47,000円(内税)
    ◇中村道年(二代)・・明治39年生、初代道年の長男 昭和12年父没後2代襲名 戦時禍、本窯を廃し楽焼きを研究のち、表千家即中斎より八事窯と命名されるまた若年より益田鈍翁や民芸陶芸家のバーナードリーチとも親交厚く、その傍ら楽焼の研究に精進し光悦写しではすばらしい茶碗を焼成した。昭和47年没。
    ◇感じのよい作品です。楽系軟陶。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 230,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「山里」飴釉茶碗  三代中村道年造  兼中斎書付 銘「山里」飴釉茶碗 三代中村道年造 兼中斎書付 50,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「笑顔」黒茶碗  三代 中村道年造  尋牛斎書付 銘「笑顔」黒茶碗 三代 中村道年造 尋牛斎書付 SOLD OUT
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・久田宗也(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇黒の中に赤がところどころに混じった黒茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 嶋台茶碗 佐々木松楽  嶋台茶碗 佐々木松楽  10,000円(内税)
    ◇京都の佐々木松楽(窯)の作品です。
    ◇大茶碗の縁の銀箔が、割りと黒ずんででます。その他はきれいで、ほとんど使用されていないです。
    ◇20年〜30年前頃の作品
  • 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 150,000円(内税)
    共箱・無傷・御物袋・共風呂敷付
    胴径12cm×高8.6cm
    ◇檜垣青子(ひがきせいし)・・楽焼師初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。昭和45年京都工業試験所にて2年間陶技を学ぶ。同47年父、崇楽に師事する。同58年父の亡き後、母が二代崇楽襲名を期に青子を名乗る。大丸にて初個展以後、三越、高島屋など全国で展多数開催。
    ◇表千家・十四代而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれい美品です。
    ◇平成元年~9年までの作品。
  • 黒茶碗 二代 小川長楽造(古稀祝作品) 黒茶碗 二代 小川長楽造(古稀祝作品) 88,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・外紙箱付
    胴径12.3cm×高7.7cm
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇古稀(70才)祝の作品で百の内の一つです。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇昭和57年頃の作品。
  • <
  • 1
  • >
9商品 1-9表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>