炭道具

9商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
9商品 1-9表示
  • 円能斎好写伏見籠炭斗 粟田元竺 作 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 円能斎好写伏見籠炭斗 粟田元竺 作 ※炉用 SOLD OUT
    ◇京都で十代以上続く名工の竹芸師・粟田元竺さんの作品です。
    ◇裏千家・円能斎好写の炭斗です。
    作品は、きれいで状態良好(未使用?)です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 玄々斎好写桜皮曲炭斗 上杉満樹 造 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 玄々斎好写桜皮曲炭斗 上杉満樹 造 ※炉用 SOLD OUT
    ◇上杉満樹(二代)・・大正5年、生まれ。昭和49年、京都府漆器工芸協同組合設立以来、理事。同50年、第2回伝統工芸技術者コンクール優秀賞受賞。同52年、京都府伝統産業優秀技術者、表彰。同56年〜60年知事賞、市長賞受賞。同59年、伝統工芸士に認定される。平成元年、京都府漆器工芸協同組合:副理事長。同2年、全国伝統工芸展:会長賞他。現在、四代目。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。(1回程度使用されたかもしれない。)
    ◇40年前頃の作品。
  • 古曽部焼 火襷灰器 寒川義崇 作 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 古曽部焼 火襷灰器 寒川義崇 作 ※炉用 SOLD OUT
    ◇寒川義崇(さむかわよしたか)・・昭和26年、紀州焼葵窯初代栖豊の五男として生まれる。大阪芸大在学中より父に師事。途絶えていた大阪・高槻の古曽部焼の復興を志し、昭和54年登窯を築き古曽部焼義崇窯として再興。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品(未使用)です。
    ◇20年前頃の作品です。
  • 桑柄鉄火箸 十三代 金谷五良三郎 造  ※炉用火箸 桑柄鉄火箸 十三代 金谷五良三郎 造 ※炉用火箸 SOLD OUT
    ◇金谷五良三郎(十三代)・・京都にて、代々続く鋳金工作家の十三代目。平成元年、没。現在十五代目。
    ◇桑柄の色合い、適度な重さは、高級感があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年〜70年前頃の作品。
  • 南鐐炉用灰匙 木村清五郎作 南鐐炉用灰匙 木村清五郎作 12,000円(内税)
    ◇新潟県の金工師・木村清五郎さんの作品です。
    ◇南鐐の炉用の灰匙です。当店入荷時、黒ずんでいましたが磨いておきました。作品は、基本的にきれいで状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 風炉用 底取・灰匙 十三代 金谷五良三郎 造 風炉用 底取・灰匙 十三代 金谷五良三郎 造 18,000円(内税)
    ◇金谷五良三郎(十三代)・・京都にて、代々続く鋳金工作家の十三代目。平成元年、没。現在十五代目。
    ◇多少、使用されてますが、状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 宗全好平炭斗 炉風炉一双 岡田節哉作  宗全好平炭斗 炉風炉一双 岡田節哉作  SOLD OUT
    ◇岡田節哉(おかだせっさい)・・大正三年、新潟生。昭和26年〜42年まで、佐渡の竹工芸の指導にあたる。昭和45年、日本工芸会員になる。
    ◇表千家の久田家三代・久田宗全の好み写しの炭斗です。
    ◇風炉用は、藤と竹で編んでいるのですが、藤部分に剥がれあり。その他はキレイで、美品です。
    ◇炉用は、竹のみで編んであります。節哉のを以前も扱った事があるのですが、同じ組み合わせでした。
    ◇30年前頃の作品。
  • 雲華灰器(炉用) 蒲池窯 伊東征隆作  雲華灰器(炉用) 蒲池窯 伊東征隆作  12,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞・外紙箱付
    胴径21.3cm×高7cm
    ◇伊東征隆(蒲池窯)・・昭和19年、中国包頭市生。黒陶・雲華焼の重厚でぬくもりのある作風に引かれ、昭和44年長右衛門窯に入る。昭和60年、十六代長右衛門窯を継承し、同62年、筑後藩御用窯蒲池焼跡地(福岡県柳川市)に築窯。現在は、今日庵職方としても活躍している。
    ◇きれいで、未使用品(?)です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 雲華灰器(風炉用)  蒲池窯(伊東征隆) 雲華灰器(風炉用)  蒲池窯(伊東征隆) 10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞・共裂・紙外箱付
    胴径18.4cm×高6.2cm
    ◇福岡県柳川市の蒲池窯(伊東征隆)の作品です。
    ◇少数回の使用で、基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年前頃の作品。
  • <
  • 1
  • >
9商品 1-9表示
  • < Prev
  • Next >
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>