新着商品順

277商品

おすすめ順 価格順 新着順

277商品 1-12表示
  • 誰ヶ袖棚 二代 前端春斎(雅峯)作 ※組立式<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 誰ヶ袖棚 二代 前端春斎(雅峯)作 ※組立式 35,000円(内税)
    二代前端春斎(雅峯)・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得・・
    ◇本品は、淡々斎好写しの棚です。シッカリした塗りで重く高級感があります。
    ◇地板の底面にヘコミあり。きれいで、未使用品だと思われるが、仕舞う際に出来たのでしょう。1枚目の組立写真の最後まで挿してないのは、抜く際に破損しないようにです。それとなんとなく地板に反りがあるが、気にならない程度です。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 黒茶碗 二代 小川長楽造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒茶碗 二代 小川長楽造 39,000円(内税)
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇胴部分の3分の1がバツみたいな幾何学文様で、残りは黒です。胴は9角面取です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は結構経年感・汚れあり。
    ◇50年〜70年前頃の作品。
  • 染付隅田川香合  三代 矢口永寿作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 染付隅田川香合 三代 矢口永寿作 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇矢口永寿(三代)・・昭和16年、名古屋生まれ。同40年叔父の二代永寿に師事する。同62年、三代永寿を襲名する。初代以来の品のよさを受け継いで、製作に励む。石川県山中町で作陶。現在、四代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇きれいで状態良好です。箱指摘あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 乾山写椿文茶碗 浅野紫仙造  乾山写椿文茶碗 浅野紫仙造  7,000円(内税)
    ◇中が白っぽくなっています(交趾釉ですので、湿気の影響かと思われます)
    ◇浅野紫仙・・昭和24年、岐阜県に生まれ。同42年、山本如仙に師事する。三越・大丸・松坂屋など百貨店での展示会多数。長野県・秋田県・兵庫県などの県内美術館に収蔵品多数。
    ◇指摘以外は基本的に状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 桜花の画蓋置  初代 宮川香雲造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 桜花の画蓋置 初代 宮川香雲造 SOLD OUT
    ◇宮川香雲(初代)・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇金彩にややスレがあります。その他は状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 色絵桜川茶碗 三代 和田桐山造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵桜川茶碗 三代 和田桐山造 50,000円(内税)
    ◇和田桐山(三代)・・大正6年、兵庫生まれ。陶芸を初代桐山に、絵付を牛尾桃里・金島桂華に師事。昭和52年、三代桐山を襲名。平成6年、没。現在、四代目。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 浅黄交趾末広花入 永楽善五郎(即全)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 浅黄交趾末広花入 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇浅黄交趾がきれいです。(指摘あり)
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付 SOLD OUT
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、 十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付 39,000円(内税)
    ◇初瀬川柳庵(はせがわりゅうあん)・・漆芸家。京都市中京区。1791年創業。本願寺の用度品を制作し、明治に入りタンスなどを製造。先代より千家と深い縁が出来、茶道具漆器を制作する。当代初瀬川柳庵は昭和23年生まれ。
    ◇鵬雲斎宗匠の御好みで、書付があります。小振りな菓子器です。
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 松葉図汲出茶碗六客  八代 吉向十三軒作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 松葉図汲出茶碗六客 八代 吉向十三軒作 15,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 竹地紋甑口釜 佐藤清光作  ※炉釜<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹地紋甑口釜 佐藤清光作 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇山形県の釜師・佐藤清光さんの作品です。
    ◇多少、湿気により錆がありますが、基本的にきれいです。(当店入荷時様子から未使用でしょう)
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 鉄法蓮五徳 宝暦年 西村道爺造 大西浄心(十五代清右衛門)極 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 鉄法蓮五徳 宝暦年 西村道爺造 大西浄心(十五代清右衛門)極 ※炉用 28,000円(内税)
    ◇宝暦年時代 西村道爺の作品です。
    ◇大西浄心の極み箱です
    ◇作品は、時代的に古いので、触るとぽろっぽろっと錆がとれます。使用には問題ありません。
    ◇十五代大西清右衛門(浄心)・・十四代浄中の次男として大正13年生まれる。九州大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科にて学ぶ。昭和三十五年に十五代大西清右衛門を襲名。千家の好みの釜を多く作った。京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文を残した。平成14年、没。現在、十六代目。
277商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>