新着商品順

147商品

おすすめ順 価格順 新着順

147商品 1-12表示
  • 干支丑(牛)香合 川崎和楽 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 干支丑(牛)香合 川崎和楽 作 SOLD OUT
    ◇川崎和楽(七代)・・昭和11年、京都生。文政年間より続く楽焼の家に生まれ、六代に師事。昭和45年七代和楽襲名。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 銘「松の翠」茶杓 小堀卓巌 書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「松の翠」茶杓 小堀卓巌 書付 13,000円(内税)
    ◇小堀卓巌(卓巌宗芳)・・昭和6年、愛知県生。大徳寺塔頭孤篷庵十七代小堀実道について修業。昭和42年、孤篷庵住職となる。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 交趾笠牛香合 岡田佳山(暁山)作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 交趾笠牛香合 岡田佳山(暁山)作  4,500円(内税)
    ◇岡田佳山・・昭和23年生。京都にて、七代目暁山の技法と母親の茜窯(岡田華渓)から受ける茶陶意匠の影響を併せて学ぶ。平成10年、八代岡田暁山を襲名。
    ◇作品は、きれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 網文富士形釜 増山馨鉄 造  ※炉釜 網文富士形釜 増山馨鉄 造 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇増山馨鉄・・大正11年生。慶長時代の高岡・鋳造師7人衆の末流で、釜師大国藤兵衛に師事する。文展商工展入選他。
    ◇使用回数少なめ、基本的にはきれいで状態良好です。釜鐶付(使用スレあり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 朝日焼丑(牛)香合 十四代 松林豊斎 造 朝日焼丑(牛)香合 十四代 松林豊斎 造 6,000円(内税)
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十六代目。
    ◇作品は、きれいで、状態良好です。
    ◇干支の丑(牛)香合で、メソポタミア文明の土器からヒントを得た作品です。
    ◇昭和60年の作品。
  • 牧牛図茶碗 保庭楽入 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 牧牛図茶碗 保庭楽入 作  SOLD OUT
    ◇保庭楽入(二代)・・昭和4年、長野県生。初代楽入に師事し壺中窯(滋賀県信楽町)で作陶。昭和38年、二代楽入継承。伝統の信楽焼で茶陶が中心。現在、三代目。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品
  • 而妙斎筆 「日々聴松風」色紙軸装 合箱<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 而妙斎筆 「日々聴松風」色紙軸装 合箱 45,000円(内税)
    ◇而妙斎・・昭和13年、生まれ。表千家14代家元。13代即中斎の長男で、昭和42年に大徳寺の方谷浩明老師より「而妙斎」の号を与えられて宗員となる。昭和54年に即中斎が逝去し、翌55年に14代宗左を襲名した。平成2年には利休400年忌を迎え、法要をいとなみ茶事を催している。平成30年、代を譲り、隠居名の宗旦を名乗る。
    ◇而妙斎宗匠の自筆の色紙を表装しているので合箱です。
    ◇極小のシミ・表具に軽い折れありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 金襴手扇面宝尽し茶碗  林淡幽 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金襴手扇面宝尽し茶碗 林淡幽 作  35,000円(内税)
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
  • 銘「神楽」茶杓 藤井誡堂書付 下削-高野宗陵<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「神楽」茶杓 藤井誡堂書付 下削-高野宗陵 SOLD OUT
    ◇藤井誡堂・・明治31年生。大徳寺塔頭三玄院に住す。大徳寺515世住持を勤める。昭和59年遷化。享年87歳
    ◇松唐草蒔絵の茶杓で感じのよい茶杓です。
    ◇神楽・・神のために演奏する舞楽。11月から1月によく使われる銘です。
    ◇作品は状態良好です。
  • 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付 90,000円(内税)
    ◇一ノ瀬宗辰・・高岡の四代続く金工師です。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、少し使用されてますが、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎 30,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
  • 浜松地紋真形釜 (風炉釜) 三代 角谷與斎(与斎)作 ※銀摘み<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 浜松地紋真形釜 (風炉釜) 三代 角谷與斎(与斎)作 ※銀摘み 95,000円(内税)
    ◇角谷與斎(与斎 三代)・・昭和13年、釜師二代角谷與斎の長男として生まれる。高校卒業後、父に師事する。昭和54年、三代與斎襲名。角谷一圭は叔父にあたる。日本経済奨励賞など受賞多数。
    ◇銀摘みで品がよいです。
    ◇きれいで、美品(ほとんど使用されてないよう)です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
147商品 1-12表示
>