新着商品順

146商品

おすすめ順 価格順 新着順

146商品 1-12表示
  • 銘「松涛」 海辺の松図菱形水指 村田陶苑造  蓋-鈴木表朔造 竹田益州書付・軸付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「松涛」 海辺の松図菱形水指 村田陶苑造  蓋-鈴木表朔造 竹田益州書付・軸付 68,000円(内税)
    ◇村田陶苑(むらたとうえん)・・明治38年、京都生まれ。少年期より祖父村田永翁より陶芸の基礎を学ぶ。一時日本画家を志し、山元春挙に師事。京都陶磁器合資会社に二年間従業してデザインや造形を修得・・・百貨店個展を7回開催、京都府伝統産業優秀技術者、また卓越技能者として数々の授賞を得ている・・平成14年、没
    ◇竹田益州和尚の書付と水指についての軸付です。蓋は、鈴木表朔さんの作です。箱書はありませんが、印と共紙付です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和54年頃の作品です。
  • 四方銚子 金襴手替蓋添 佐藤浄清 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 四方銚子 金襴手替蓋添 佐藤浄清 作 18,000円(内税)
    ◇山形県の釜師・佐藤浄清さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤土大根蕪文茶碗 橋本紫雲作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 赤土大根蕪文茶碗 橋本紫雲作 7,000円(内税)
    ◇橋本紫雲(二代城岳)・・昭和15年、京都生。昭和39年、同志社大学卒業後、川島織物入社。織物に関しての美術研究をする。同44年、家業の陶芸の道に入り、父城岳に師事する。 平成15年 初代城岳没後、二代城岳を継承。
    ◇12月に如何でしょうか。
    ◇なんとなくの使用感ありますが、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品です。
  • 銘「青松」茶杓 清水公照書付 下削-久保左京作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「青松」茶杓 清水公照書付 下削-久保左京作 24,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇花押部分に墨がのっていない部分があります。
    ◇作品はきれいで状態良好です。箱蓋裏は、ライトヤケでやや黒めです。(指摘あり)
    ◇30年〜40年前頃の作品。
    ◇久保左京・・奈良県生駒市の竹芸師。
  • 松茶碗 葵窯 二代 寒川栖豊 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 松茶碗 葵窯 二代 寒川栖豊 作 18,000円(内税)
    ◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
    ◇浮き出た松、面白味がある作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 巴棚  川瀬表完 作 ※円能斎好写 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 巴棚 川瀬表完 作 ※円能斎好写 27,000円(内税)
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇裏千家・円能斎好写の棚で、炉・風炉共に使用出来ます。忠臣蔵の関係(三ッ巴紋)からよく12月に使用されます。
    ◇極小の水指の使用スレがありますが、その他きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 模乾山蕪図鉢 佐久間勝山 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 模乾山蕪図鉢 佐久間勝山 造 22,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇大胆な図柄で、面白味のある作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銀錆塗唐松蒔絵大棗 吉田華正 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銀錆塗唐松蒔絵大棗 吉田華正 作 55,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇大きな唐松蒔絵が感じよいです。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「松の緑」茶杓 後藤瑞巌書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「松の緑」茶杓 後藤瑞巌書付 33,000円(内税)
    ◇後藤瑞巌(ごとうずいがん)・・明治12年大垣に生まれる。僧名、瑞巌宗碩。蔭凉軒と号す。荒尾の円成寺全識について得度。東京帝国大学在学中、釈宗活に参じ、大正3年、宗活の印記を受けて朝鮮に渡り、京城妙心寺別院を創立し住職となる。昭和4年、円成寺住職、同6年、妙心寺山内東海庵住職、昭和9年、臨済宗大学学長に就任。昭和21年、妙心寺六百十五世管長、さらに同22年から26年まで大徳寺五百三世管長を歴任。大珠院に隠棲。昭和40年遷化。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 松の絵茶碗 二代 宮川香雲 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 松の絵茶碗 二代 宮川香雲 作 SOLD OUT
    ◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい松図の茶碗です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 染付兎(卯)香合 曽根幸風作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 染付兎(卯)香合 曽根幸風作 SOLD OUT
    ◇曽根幸風・・昭和11年生。昭和31年京都府立陶工専修高終了。昭和32年、富本憲吉に陶画師事。三越百貨店等、茶陶展多数。
    ◇感じのよい作品です。卯は令和5年の干支です。
    ◇きれいで、状態良好です。底面に窯ヒがありますが、気にならない程度です。
    ◇12年か24年前頃の作品。<
  • 鬼爪五徳 加藤忠三朗作 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 鬼爪五徳 加藤忠三朗作 ※炉用 SOLD OUT
    ◇加藤忠三朗(十二代)・・昭和23年、名古屋市生まれ。代々尾張藩の釜師を務めた家に生まれ、20歳頃から本格的に活動を始める。父十一代忠三朗、角谷一圭に師事する。平成3年、十二代加藤忠三朗を襲名。平成11年、愛知県優秀技能賞受賞他。
    ◇存在感のある五徳です。
    ◇作品は、湿気による、なんとなくの錆ありますが、基本的にきれいです。(未使用?)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
146商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>