蓋置

28商品

おすすめ順 価格順 新着順

28商品 1-12表示
  • 雲鶴蓋置 一双 十代 大樋長左衛門 作 十三代 宮崎寒雉 作 雲鶴蓋置 一双 十代 大樋長左衛門 作 十三代 宮崎寒雉 作 SOLD OUT
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館・・
    ◇宮崎寒雉(十三代)・・大正4年、加賀藩主の御用釜師として寛文年間より続き家に生まれる。石川県立工業学校卒業のちに十二代宮寒雉に師事する。昭和39年、十三代寒雉を襲名する。昭和58年、淡々斎茶道文化賞受賞。平成6年、没。
    ◇基本的にはきれいで状態良好です。(指摘あり)箱はやや経年感あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 萩焼つくね蓋置 十代 三輪休雪 造 萩焼つくね蓋置 十代 三輪休雪 造 30,000円(内税)
    ◇三輪休雪(十代)・・明治28年、生まれ。昭和2年、十代休雪を襲名。高麗茶碗や古萩の研究を重ねた末、高麗茶碗に日本風の趣を調和させた独自の作風を樹立した。同42年休雪号を弟に譲り、隠居して休和と号した。同45年、人間国宝に認定される。昭和56年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 松竹梅蓋置 初代 久世久宝 造 松竹梅蓋置 初代 久世久宝 造 SOLD OUT
    ◇初代 久世久宝・・ 明治7年生まれ。 幕末の僧・仁渓の子供として生まれる「仁浴」と号し作陶を始め太田垣連月尼と親交有。 裏千家圓能斎より久宝の号を拝受。昭和22年、没。現在、五代目。
    ◇銀彩で梅の花びら・金彩で松葉・笹透かしの蓋置で、ユニークです。
    ◇状態良好です。
    ◇明治末〜昭和初期頃の作品。
  • 染付松毬の絵輪蓋置 三代 真葛香斎 作 染付松毬の絵輪蓋置 三代 真葛香斎 作 12,000円(内税)
    ◇三代 真葛香斎(六代 宮川香斎)昭和19年、都生まれ。五代宮川香斎の養子。昭和45年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業。同51年 京都の真葛窯に入って五代宮川香斎を補佐。平成14年 三代真葛香斎(六代宮川香斎)を襲名。大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室・高田明浦より「真葛」の印を授かる。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇見た目より重みがありますが、よい重みです。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 萩一葉蓋置 十二代 田原陶兵衛 造 萩一葉蓋置 十二代 田原陶兵衛 造 8,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和60年以降の作品(栞より)。
  • 南鐐五徳蓋置 高井陵雲作 南鐐五徳蓋置 高井陵雲作 SOLD OUT
    ◇高井陵雲・・高岡の金工作家。
    ◇南鐐(良質な銀)製です。重さは121gで見た目より重く感じると思います。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 竹蓋置一双 黒田正玄造 淡々斎書付 竹蓋置一双 黒田正玄造 淡々斎書付 120,000円(内税)
    ◇淡々斎・・茶道裏千家十四世家元。東京生。裏千家十三世円能斎の長男。幼名は政之輔、号に碩叟。30才で家元を継承。淡交会を結成、ついで国際茶道文化協会を設立し茶道の海外普及につとめた。紫綬褒章受章。昭和39年歿、71才。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和中期頃の作品。
    ◇黒田正玄(十二代)・・竹細工の茶道具を製作する、黒田家11代目正玄の長男として明治39年に生まれる。大正15年に十二代目正玄を襲名する。昭和18年、政府認定技術保存資格者となる・・
  • 仁清写色絵扇流図蓋置 三浦竹軒 造 即中斎書付 仁清写色絵扇流図蓋置 三浦竹軒 造 即中斎書付 35,000円(内税)
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇表千家・即中斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、結構汚れ・経年感あり。
    ◇昭和30年代頃かと思われます。
  • 而妙斎好独楽透つくね蓋置 十五代 大西清右衛門 造 而妙斎好独楽透つくね蓋置 十五代 大西清右衛門 造 38,000円(内税)
    ◇十五代大西清右衛門(浄心)・・十四代浄中の次男として大正13年生まれる。九州大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科にて学ぶ。昭和三十五年に十五代大西清右衛門を襲名。千家の好みの釜を多く作った。京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文を残した。平成14年、没。現在、十六代目。
    ◇烽玉箱(大西浄心の奥様の雅号で、浄心の晩年箱書きの代筆をする)です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年頃の作品
  • 備前竹蓋置 山本雄一作 備前竹蓋置 山本雄一作 5,000円(内税)
    ◇山本雄一・・昭和10年、備前市生まれ。 昭和34年人間国宝・山本陶秀に師事する。 昭和37年、独立。平成8年、岡山県重要無形文化財保持者に認定される。岡山県美術展 審査会員他。
    ◇作品は、割と出来がよいのですが、大きさは大きめで重めです。
    ◇作品は、状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和46年頃の作品。(栞より)
  • 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 SOLD OUT
    初代矢口永寿 明治3年〜 昭和27年 江沼郡山中温泉の湯宿の子として生まれる。1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯・・・
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品ですが、やや甘手です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 45,000円(内税)
    ◇宮崎寒雉(十三代)・・大正4年、加賀藩主の御用釜師として寛文年間より続き家に生まれる。石川県立工業学校卒業のちに十二代宮寒雉に師事する。昭和39年、十三代寒雉を襲名する。昭和58年、淡々斎茶道文化賞受賞。平成6年、没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。5の内の1です。
    ◇鉄製ですので、なんとなくの錆はありますが、その他は状態良好です。
    ◇50年前頃の作品 。
28商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>