季節・時期から探す

418商品

おすすめ順 価格順 新着順

418商品 1-12表示
  • 鼠志野茶碗 林英仁 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 鼠志野茶碗 林英仁 作 SOLD OUT
    ◇林英仁(はやしえいじ)・・昭和6年岐阜県多治見市に生まれ。県無形文化財で祖父の加藤十右衛門に師事。玉川大学卒業後助手として同大学で陶芸を指導。同43年帰郷後、茶陶を主に作陶に専念。同53年多治見市大正町にて桃山窯開窯。平成9年に喫茶店・桃山茶寮を多治見市にオープン。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和52年頃の作品。(栞より)
  • 楽山焼茶碗 長岡空権 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 楽山焼茶碗 長岡空権 作 35,000円(内税)
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 唐銅鬼面風炉 丸切合釜添 佐藤浄清 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 唐銅鬼面風炉 丸切合釜添 佐藤浄清 作 33,000円(内税)
    ◇山形県の釜師の佐藤浄清さんの作品です。
    ◇当店入荷時、未使用で未開封の品でしたが、保存場所等により湿気等があり、多少の指摘ありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 黒釉地紙之図茶碗  八代 高橋道八 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒釉地紙之図茶碗 八代 高橋道八 作 SOLD OUT
    ◇高橋道八(八代)・・昭和13年、京都生まれ。京都市立日吉ヶ丘高等学校美術科卒業、京都府訓練校にて轆轤成形、京都市工業試験場にて釉薬を学ぶ。父七代道八に師事する。同58年に八代道八を襲名する。京焼屈指の名工とうたわれた二代仁阿弥道八の気風を受け継ぎながら、現代に合う個性豊かな作品を制作。平成23年、没。現在、九代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 色絵草花文切子形水指 三代 西村徳泉造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵草花文切子形水指 三代 西村徳泉造 43,000円(内税)
    ◇西村徳泉(三代)・・昭和3年生。先代より染付祥瑞茶陶を継承。楠部弥一に師事。京都清水焼伝統工芸師。現在、四代目。
    ◇華やかで、出来のよい水指です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 大樋釉茶碗 大樋年朗(十代大樋長左衛門)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 大樋釉茶碗 大樋年朗(十代大樋長左衛門)造 SOLD OUT
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇箱蓋裏に何か書かれていたのを消されていました。気付かず、当店入り後に発見しました。それを出来るだけ分からないようには消しておきました。訳有り価格です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇乙丑(昭和60年)作
  • 萩柿香合 十二代 田原陶兵衛 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩柿香合 十二代 田原陶兵衛 造 8,500円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和60年頃の作品。(栞より)
  • 碌々斎好渦頭飾火箸 十一代中川浄益 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 碌々斎好渦頭飾火箸 十一代中川浄益 造 38,000円(内税)
    ◇中川浄益(十一代)・・大正9年生。昭和15年、十一代浄益襲名。千家十職。平成20年、没。
    ◇表千家・碌々斎好みの飾り火箸です。
    ◇微妙な使用スレ程度はありますが、特に問題なく状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 赤平茶碗 小川友次郎(初代小川長楽)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 赤平茶碗 小川友次郎(初代小川長楽)造 28,000円(内税)
    ◇「平安楽焼師 友次郎」と珍しい箱書きです。長楽の印が使用されているので、竹田黙雷老師より「長楽」の号を授かった明治39年頃の作品だと思われます。
    ◇よい雰囲気のある、感じのよい作品です。
    ◇作品は、多少茶筅のスレがありますが、その他は、状態良好です。箱は結構、経年感・汚れあり。
    ◇小川友次郎(初代 小川長楽)・・明治7年、京都生まれ。同19年、11代樂慶入に弟子入り。同37年、12代樂吉左衛門(弘入)の命を受けて独立。明治39年に建仁寺派・竹田黙雷老師より「長楽」・・
  • 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付 20,000円(内税)
    ◇妙喜庵は、京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」で有名です。本品は、平成大修理の際に、待庵の古材を以って作られた銀縁の香合です。
    ◇武田士延・・昭和6年大阪府生。東福僧堂に掛塔、林恵鏡に参禅。同35年妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)住職に就任。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 玄々斎好 常盤板 円能斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 玄々斎好 常盤板 円能斎書付 SOLD OUT
    ◇円能斎書付・在判の玄々斎好みの常盤板です。作者の印や箱書は、ありません。
    ◇常盤風炉だけでなく、唐銅風炉・土風炉にも使用が出来ます。
    ◇ほんのわずかスレありますが、気にならない程度で、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇明治後期〜大正初期頃の作品だと思われる。
    ◇円能斎・・茶道裏千家十三代家元。又みょう斎の長男。幼名は駒吉。明治5年生まれ。北白川宮・小松宮両親王より円能斎・鉄中の号を賜る。衰微した茶道の復興に努め、門弟の指導・講習・月報の発刊と軌道興隆に尽した・・
  • 常盤釜・常盤風炉 角谷與兵衛(二代与斎)造 淡々斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 常盤釜・常盤風炉 角谷與兵衛(二代与斎)造 淡々斎書付 280,000円(内税)
    ◇二代 角谷與兵衛(与斎)・・明治35年、初代角谷巳之助の長男として大阪市に生まれる。父に師事する。裏千家出入り職方で、淡々斎より与斎の名前を頂く。現在三代目(昭和54年襲名)。角谷一圭(人間国宝)・莎村は、弟。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇やや使用感はありますが、特に問題なく状態良好です。箱は、結構経年感・汚れあります。
    ◇五徳は当店で合わせた物で、常盤板は使用感ないですが稽古物です。
    ◇昭和初期頃の作品。
418商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>