84商品

おすすめ順 価格順 新着順

84商品 1-12表示
  • 唐銅鬼面風炉 丸切合釜添 佐藤浄清 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 唐銅鬼面風炉 丸切合釜添 佐藤浄清 作 33,000円(内税)
    ◇山形県の釜師の佐藤浄清さんの作品です。
    ◇当店入荷時、未使用で未開封の品でしたが、保存場所等により湿気等があり、多少の指摘ありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 萩柿香合 十二代 田原陶兵衛 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩柿香合 十二代 田原陶兵衛 造 8,500円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和60年頃の作品。(栞より)
  • 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 待庵古材銀縁香合 不賢斎作 武田士延書付 20,000円(内税)
    ◇妙喜庵は、京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」で有名です。本品は、平成大修理の際に、待庵の古材を以って作られた銀縁の香合です。
    ◇武田士延・・昭和6年大阪府生。東福僧堂に掛塔、林恵鏡に参禅。同35年妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)住職に就任。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 玄々斎好 常盤板 円能斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 玄々斎好 常盤板 円能斎書付 SOLD OUT
    ◇円能斎書付・在判の玄々斎好みの常盤板です。作者の印や箱書は、ありません。
    ◇常盤風炉だけでなく、唐銅風炉・土風炉にも使用が出来ます。
    ◇ほんのわずかスレありますが、気にならない程度で、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇明治後期〜大正初期頃の作品だと思われる。
    ◇円能斎・・茶道裏千家十三代家元。又みょう斎の長男。幼名は駒吉。明治5年生まれ。北白川宮・小松宮両親王より円能斎・鉄中の号を賜る。衰微した茶道の復興に努め、門弟の指導・講習・月報の発刊と軌道興隆に尽した・・
  • 常盤釜・常盤風炉 角谷與兵衛(二代与斎)造 淡々斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 常盤釜・常盤風炉 角谷與兵衛(二代与斎)造 淡々斎書付 280,000円(内税)
    ◇二代 角谷與兵衛(与斎)・・明治35年、初代角谷巳之助の長男として大阪市に生まれる。父に師事する。裏千家出入り職方で、淡々斎より与斎の名前を頂く。現在三代目(昭和54年襲名)。角谷一圭(人間国宝)・莎村は、弟。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇やや使用感はありますが、特に問題なく状態良好です。箱は、結構経年感・汚れあります。
    ◇五徳は当店で合わせた物で、常盤板は使用感ないですが稽古物です。
    ◇昭和初期頃の作品。
  • 「萬里無片雲」一行書 軸   戸上明道 筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「萬里無片雲」一行書 軸 戸上明道 筆 11,000円(内税)
    ◇戸上明道(とがみ みょうどう)・・昭和10年三重県に生まれる、龍谷大学卒業、立命館大学院終了、玉龍寺(三重県)住職。
    ◇無文字右にシミがあります。その他は、紙質か判断しずらい程度で、表具等もきれいです。
    ◇20年前頃の作品。
    ◇萬里無片雲(ばんり へんうん なし)・・見渡す限り雲ひとつなく晴れ渡った青空。心の中に湧き起っては消え煩悩や妄想が一掃された清々しい心境。空(くう)に徹した清らかな悟りの境地。茶席においてもこのような境涯が望ましく、この句の軸はとくに秋によく掛けられる。
  • 流水鷺図筒釜  人間国宝 角谷勇治(勇圭)作 ※出雲たたら和銑<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 流水鷺図筒釜  人間国宝 角谷勇治(勇圭)作 ※出雲たたら和銑 135,000円(内税)
    ◇角谷勇治(勇圭)・・昭和17年、大阪市に生まれる。昭和45年、父の人間国宝・角谷一圭に師事する。平成2年、日本伝統工芸展「和銑流水文釜」奨励賞受賞。平成13年、大阪府八尾市に角谷鋳金工房を設立。同14年、勇圭と改名する。同27年、大阪府指定無形文化財「茶の湯釜」 保持者 認定。令和3年、人間国宝「茶の湯釜」 保持者に認定。
    ◇出雲たたら和銑で作られたよい出来の作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇平成12年頃の作品。◇釜鐶は、よく擦れていて、釜と状態が違うので、もしかしたら勇治・・
  • 丹波焼 束柴細水指 十五代 正元直作 造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 丹波焼 束柴細水指 十五代 正元直作 造 鵬雲斎書付 55,000円(内税)
    ◇正元直作(15代)・・大正13年、丹波立杭に生まれる。父・十三代直作に師事し、14歳より作陶をはじめる。昭和45年赤丹波釉を研究し発表、その後白丹波釉を追及。昭和51年、十五代直作を襲名。個展中心に作品を発表。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇面白味のある形状の作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 「紅葉舞晩風」一行書 軸 鵬雲斎 筆 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「紅葉舞晩風」一行書 軸 鵬雲斎 筆 SOLD OUT
    ◇鵬雲斎・・・大正12年、京都府生まれ。同志社大学卒業後、ハワイ大学修学、韓国・中央大學校大学院博士課程修了。昭和24年、大徳寺管長後藤瑞巌老師のもとで修業得度、斎号『鵬雲斎』安名『玄秀宗興』を受け若宗匠となる。昭和39年10月、裏千家第15代家元となり今日庵庵主として宗室を襲名。平成14年12月、嫡男千宗之に家元を譲座し、汎叟千 玄室大宗匠。(哲学博士、文学博士)
    ◇本紙に割とシミがあります。その他は、基本的に状態良好です。
    ◇平成9年の作品。
  • 色絵秋草細水指 和田桐山造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵秋草細水指 和田桐山造 鵬雲斎書付 55,000円(内税)
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇作品は、指摘部分あるものの、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 黒地金彩銀杏ノ画茶碗 清閑寺窯 四代 杉田祥平造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒地金彩銀杏ノ画茶碗 清閑寺窯 四代 杉田祥平造 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(四代)・・昭和17年、京都生まれ。楽家・十四代覚入に陶芸を学ぶ。清閑寺窯丸印を鵬雲斎宗匠及び覚入より拝領する。平成12年、四代目・杉田祥平を継承する。現在、五代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇多少、金彩に表面上の軽いスレはありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 浜松地紋富士釜 木村一無 作 ※銀摘み<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 浜松地紋富士釜 木村一無 作 ※銀摘み SOLD OUT
    ◇木村一無(肇次郎)・・昭和13年生まれ。山形在住。横倉嘉山に師事。昭和49年、独立する。昭和56年、日本花器、茶器美術工芸展佳作賞。同62年、第五回日本新工芸家連盟東北会展入選他。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇中の錆等指摘ありますが、基本的にきれいな方です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
84商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>