菓子鉢

26商品

おすすめ順 価格順 新着順

26商品 1-12表示
  • 祥瑞口紅一閑人鉢 四代 三浦竹泉造 祥瑞口紅一閑人鉢 四代 三浦竹泉造 33,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇倣祥瑞写の反鉢です。感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は汚れ等あり。
    ◇60年前頃の作品。
  • 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 23,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇唐子の感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は難あり。
    ◇60〜70年前頃の作品。
  • 岩に若松の図菓子鉢  初代 和田桐山造 岩に若松の図菓子鉢 初代 和田桐山造 8,000円(内税)
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、汚れあり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 色絵梅文菓子鉢  四代 眞清水蔵六 作 色絵梅文菓子鉢 四代 眞清水蔵六 作 18,000円(内税)
    ◇眞清水蔵六(四代)・・昭和8年、京都生。三代真清水蔵六に師事し、46年四代を継承する。初代より青磁、三島、粉引、刷毛目の茶陶を幅広く手がける。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 須磨対水絵「若松」鉢 澤村陶哉造 須磨対水絵「若松」鉢 澤村陶哉造 12,000円(内税)
    ◇須磨対水(1868〜1955)は、大阪に生まれた日本画家。西山芳園の画風を受け継いだ・久保田桃水に師事し、日本画を学んだ。花鳥風月季節の画題を得意とし、料理屋に飾られる画として重宝された。料亭「吉兆」の名付け親としても知られる。
    ◇須磨対水が若松を描いた鉢です。
    ◇割りと出来が良いと思いますが、指摘部分あり。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 43,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇「澗下水潺々」は、公照さんの造語であると思われます。(これに近い禅語があるのですが・・)澗下(かんか):谷川の下+水潺々(みずせんせん):水がサラサラ流れる様子。で、絶えず変化して止まらぬ無常の姿を水に例えたもの。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
  • 染付寿桃鉢 五代 三浦竹泉作  染付寿桃鉢 五代 三浦竹泉作  48,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(五代)・・昭和9年、京都生。父・四代竹泉に師事し、昭和47年に五代竹泉を継承する。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 鼠志野鉢 加藤光右衛門作  鼠志野鉢 加藤光右衛門作  14,000円(内税)
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇割りと出来が良いと思いますが、指摘部分あり。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 窯変釉手付鉢 初代 伊東陶山 造  窯変釉手付鉢 初代 伊東陶山 造  30,000円(内税)
    ◇伊東陶山(初代)・・1846年生。三代道八に師事し、朝日焼・膳所焼の復興・粟田焼の改良に尽くし、帝室技芸員に任命される。大正9年没。
    ◇窯変釉が割りと派手です。
    ◇状態良好です。
    ◇大正9年頃の作品。
  • 七宝つなぎ菓子鉢 二代 宮川香雲 作 七宝つなぎ菓子鉢 二代 宮川香雲 作 30,000円(内税)
    ◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 飴釉菓子器   四代 中村道年(尼)作 飴釉菓子器 四代 中村道年(尼)作 14,000円(内税)
    ◇箱書「焼〆菓子器」とあり、飴釉ですので、共箱ではありません。箱の大きさは合っているので、販売店で入れ替わったのでしょう。それと、灰器でも使えそうです。
    ◇中村道年(四代)・・昭和16年 名古屋生まれ。同41年、三代道年と結婚。二代道年に師事する。昭和63年、三代道年死去。八事窯継承。平成元年、表千家而妙斎宗匠より「尼焼中村道年」を拝受。同3年、都市文化奨励賞受賞他。平成13年、長男直之五代道年襲名。名古屋市技能功労賞受賞。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 25,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇唐子の感じのよい作品です。
    ◇中に極小のひっつきがありますが、そう気にならないと思います。その他は状態良好です。
    ◇60〜70年前頃の作品。
26商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>