菓子鉢

24商品

おすすめ順 価格順 新着順

24商品 1-12表示
  • 三嶋菓子鉢  四代 眞清水蔵六 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 三嶋菓子鉢 四代 眞清水蔵六 作 23,000円(内税)
    ◇眞清水蔵六(四代)・・昭和8年、京都生。三代真清水蔵六に師事し、46年四代を継承する。初代より青磁、三島、粉引、刷毛目の茶陶を幅広く手がける。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 窯変釉手付鉢 初代 伊東陶山 造  窯変釉手付鉢 初代 伊東陶山 造  30,000円(内税)
    ◇伊東陶山(初代)・・1846年生。三代道八に師事し、朝日焼・膳所焼の復興・粟田焼の改良に尽くし、帝室技芸員に任命される。大正9年没。
    ◇窯変釉が割りと派手です。
    ◇状態良好です。
    ◇大正9年頃の作品。
  • 七宝つなぎ菓子鉢 二代 宮川香雲 作 七宝つなぎ菓子鉢 二代 宮川香雲 作 30,000円(内税)
    ◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 飴釉菓子器   四代 中村道年(尼)作 飴釉菓子器 四代 中村道年(尼)作 14,000円(内税)
    ◇箱書「焼〆菓子器」とあり、飴釉ですので、共箱ではありません。箱の大きさは合っているので、販売店で入れ替わったのでしょう。それと、灰器でも使えそうです。
    ◇中村道年(四代)・・昭和16年 名古屋生まれ。同41年、三代道年と結婚。二代道年に師事する。昭和63年、三代道年死去。八事窯継承。平成元年、表千家而妙斎宗匠より「尼焼中村道年」を拝受。同3年、都市文化奨励賞受賞他。平成13年、長男直之五代道年襲名。名古屋市技能功労賞受賞。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 古染付写鉢 二代 須田菁華 造 古染付写鉢 二代 須田菁華 造 20,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇状態良好です。
    ◇60〜80年前頃の作品。
  • 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 25,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇唐子の感じのよい作品です。
    ◇中に極小のひっつきがありますが、そう気にならないと思います。その他は状態良好です。
    ◇60〜70年前頃の作品。
  • 織部弥七田手 手鉢 加藤芳右衛門 造  織部弥七田手 手鉢 加藤芳右衛門 造  27,000円(内税)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤絵玉遊獅子図菓子鉢 四代 三浦竹泉 造 赤絵玉遊獅子図菓子鉢 四代 三浦竹泉 造 39,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 模乾山梅花図鉢 初代 三浦竹軒造 模乾山梅花図鉢 初代 三浦竹軒造 18,000円(内税)
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品です。
  • 雪松画菓子鉢 四代 和田桐山作  雪松画菓子鉢 四代 和田桐山作  28,000円(内税)
    ◇四代 和田桐山(わだとうざん)・・昭和22年、三代・桐山の長男として尼崎市に生まれる。大学在学中より作陶を始める。平成七年に四代・和田桐山襲名する。日本工芸会正会員。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 模呉須赤絵福字鉢 初代 三浦竹泉 造  模呉須赤絵福字鉢 初代 三浦竹泉 造  28,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(初代)・・安政元(1854)年、京都生。三代・高橋道八に師事し、五条坂に独立開窯。創作の才に富み、巧みに西洋の色釉を磁器に使うなど新しい技法を開発した。画を田能村直入に学ぶ。大正5年、没。現在、五代目。
    ◇明時代の古赤絵の写で、虫喰も作られているので、傷っぽく見えるかもしれませんが、無理とです。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇明治期頃の作品。
  • 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 23,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(三代)・・明治33年京都生まれ。初代竹泉の三男。京都美術工芸学校を卒業後、父に陶業を学ぶ。長兄の二代竹泉が早逝するにおよんで、大正10年、三代竹泉を襲名。昭和9年、四代襲名とともに分家独立し、竹軒と改号する。昭和17年、第1回技術保持者に認定される。独自の境地を開き、特に仁清・乾山風を好み、また新時代の感覚を作品の形態・釉薬に表現する。昭和36年、フランス交歓陶芸展にて入選。平成2年、歿、90歳
    ◇状態良好です。共箱-多少難あり
    ◇大正10年~昭和9年の作品。
24商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>