菓子器

35商品

おすすめ順 価格順 新着順

35商品 1-12表示
  • 萩焼七宝透し菓子鉢 十三代 田原陶兵衛 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩焼七宝透し菓子鉢 十三代 田原陶兵衛 作 13,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十三代)・・昭和26年、萩生まれ。父は十二代陶兵衛。武蔵野美術大大学院卒業後、中里重利に師事。二年間修行後、帰郷して作陶。平成4年、十三代陶兵衛襲名。西日本陶芸美術展入選他。
    ◇七宝透かしが 感じよいです。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇平成8年以降の作品。(栞より)
  • 膳所焼染付万暦文喰籠 陽炎園 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 膳所焼染付万暦文喰籠 陽炎園 作 SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 交趾丸紋草花絵菓子鉢 八代 吉向十三軒 作 交趾丸紋草花絵菓子鉢 八代 吉向十三軒 作 SOLD OUT
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇華やかな作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 紅銅折タメ四方盆 十一代 中川浄益 造 紅銅折タメ四方盆 十一代 中川浄益 造 SOLD OUT
    ◇中川浄益(十一代)・・大正9年生。昭和15年、十一代浄益襲名。千家十職。平成20年、没。
    ◇上品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 一閑塗四方盆 二代 鈴木表朔 造 鵬雲斎書付 一閑塗四方盆 二代 鈴木表朔 造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
    ◇鵬雲斎・・・大正12年、京都府生まれ。同志社大学卒業後、ハワイ大学修学、韓国・中央大學校大学院博士課程修了。昭和24年、大徳寺管長後藤瑞巌老師のもとで修業得度、斎号『鵬雲斎』安名『玄秀宗興』を受け若宗匠となる・・
  • 金襴手牡丹唐草菓子鉢 四代 久世久宝 作 金襴手牡丹唐草菓子鉢 四代 久世久宝 作 24,000円(内税)
    ◇久世久宝(四代)・・大正14年 京都生まれ。三代久宝の夫。立命館大学卒業後、二代久宝に師事。昭和62年、四代久宝を襲名。仁清写色絵付のほか、金襴手、染付を手がける。現在、五代目。
    ◇華やかで感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤絵草花図菓子鉢 二代 叶松谷 造 赤絵草花図菓子鉢 二代 叶松谷 造 12,000円(内税)
    ◇叶松谷(二代)・・昭和二年、京都生。初代・松谷と叔父・叶光夫に師事。昭和56年、伝統工芸士に認定。昭和62年、京都府伝統産業優秀技能者賞受賞。平成十年没。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好(未使用?)です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 平戸白磁染付鶴亀喰籠 横石嘉助 作 平戸白磁染付鶴亀喰籠 横石嘉助 作 17,000円(内税)
    横石嘉助(十三代)・・大正1年、長崎県生。十二代横石嘉助に師事。昭和49年、日本伝統工芸展に初出品し入選する。平戸焼の茶道具展を開催。昭和56年、十三代を継承する。
    ◇白磁と絵付がきれいで、感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 織部鉢 高内秀剛 作 織部鉢 高内秀剛 作 SOLD OUT
    ◇高内秀剛(たかうちしゅうごう)・・昭和12年、東京都生まれ。益子焼と出会い衝撃を受け、陶芸の道へ入る。初期の頃は民芸陶器を作っていたが、枠にはまることを嫌い、徐々に何ものにも囚われない自由な発想のもとに作陶を行う。昭和48年、日本陶芸展入選。同55年、ヴァロリス国際陶芸ビエンナーレ出品文化芸術協会賞受賞他。
    ◇作者らしい、出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 模乾山蕪図鉢 佐久間勝山 造 模乾山蕪図鉢 佐久間勝山 造 22,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇大胆な図柄で、面白味のある作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 祥瑞口紅一閑人鉢 四代 三浦竹泉造 祥瑞口紅一閑人鉢 四代 三浦竹泉造 33,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇倣祥瑞写の反鉢です。感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は汚れ等あり。
    ◇60年前頃の作品。
  • 独楽形欅拭漆菓子器 五代 川端近左造 独楽形欅拭漆菓子器 五代 川端近左造 38,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇欅の木目がきれいな出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
35商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>