菓子器

52商品

おすすめ順 価格順 新着順

52商品 1-12表示
  • 独楽形欅拭漆菓子器 五代 川端近左造 独楽形欅拭漆菓子器 五代 川端近左造 38,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇欅の木目がきれいな出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 青楓透し菓子鉢 二代 真葛香斎作 青楓透し菓子鉢 二代 真葛香斎作 SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇華やかな作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 23,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇唐子の感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は難あり。
    ◇60〜70年前頃の作品。
  • 正倉院文様鉢 大仲翠月造 正倉院文様鉢 大仲翠月造 SOLD OUT
    ◇大仲翠月(おおなか すいげつ)・明治26年、京都に生まれる。富田幸七に師事。陶漆綜合の創造に精心を傾倒する。昭和10年、香取秀真により陶と漆は宝となったと絶賛の上「宝漆陶」の名を頂戴する。30年余り研鑽を積み 陶漆器の釉薬面に漆芸蒔絵の技法を以って蒔絵が自由に出来ることを発見し漆が剥落しない技法・・
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付 SOLD OUT
    ◇初瀬川柳庵(はせがわりゅうあん)・・漆芸家。京都市中京区。1791年創業。本願寺の用度品を制作し、明治に入りタンスなどを製造。先代より千家と深い縁が出来、茶道具漆器を制作する。当代初瀬川柳庵は昭和23年生まれ。
    ◇鵬雲斎宗匠の御好みで、書付があります。小振りな菓子器です。
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 黒真塗 縁高   輪島慶塚作  黒真塗 縁高 輪島慶塚作  13,000円(内税)
    ◇歴史のある輪島塗・慶塚漆器工房の作品です。
    ◇1箇所へコミ・使用スレありますが、それ以外は特に問題なく状態良好です。箱は経年感等あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 岩に若松の図菓子鉢  初代 和田桐山造 岩に若松の図菓子鉢 初代 和田桐山造 8,000円(内税)
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、汚れあり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 色絵梅文菓子鉢  四代 眞清水蔵六 作 色絵梅文菓子鉢 四代 眞清水蔵六 作 18,000円(内税)
    ◇眞清水蔵六(四代)・・昭和8年、京都生。三代真清水蔵六に師事し、46年四代を継承する。初代より青磁、三島、粉引、刷毛目の茶陶を幅広く手がける。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 一閑塗四方盆 二代 鈴木表朔 造 一閑塗四方盆 二代 鈴木表朔 造 SOLD OUT
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇作品は、きれいで状態です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 須磨対水絵「若松」鉢 澤村陶哉造 須磨対水絵「若松」鉢 澤村陶哉造 12,000円(内税)
    ◇須磨対水(1868〜1955)は、大阪に生まれた日本画家。西山芳園の画風を受け継いだ・久保田桃水に師事し、日本画を学んだ。花鳥風月季節の画題を得意とし、料理屋に飾られる画として重宝された。料亭「吉兆」の名付け親としても知られる。
    ◇須磨対水が若松を描いた鉢です。
    ◇割りと出来が良いと思いますが、指摘部分あり。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 39,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 43,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇「澗下水潺々」は、公照さんの造語であると思われます。(これに近い禅語があるのですが・・)澗下(かんか):谷川の下+水潺々(みずせんせん):水がサラサラ流れる様子。で、絶えず変化して止まらぬ無常の姿を水に例えたもの。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
52商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>