菓子器

46商品

おすすめ順 価格順 新着順

46商品 1-12表示
  • 黄交趾菓子鉢 二代 赤沢露石 造 黄交趾菓子鉢 二代 赤沢露石 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径18.4cm×高9.1cm
    ◇赤沢露石(二代)・・京都生。初代に師事し、大正四年二代赤沢露石を継承する。昭和18年交趾焼の技術保存作家(マル技)に認定される。現在、四代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 大樋釉魚紋銘々皿五枚 大樋年朗(十代長左衛門)作  大樋釉魚紋銘々皿五枚 大樋年朗(十代長左衛門)作  SOLD OUT
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇魚紋の感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 呉須赤絵鉢  永楽善五郎(即全)造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 呉須赤絵鉢 永楽善五郎(即全)造  SOLD OUT
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感・汚れ・紐千切れあり。紐は、新しく付けますので、選んで下さい。備考欄に当店が紐を交換するかお客様自身が交換するかを書いて下さい。
    ◇昭和初期〜中期頃。
  • 灰釉菓子鉢 東憲 作 灰釉菓子鉢 東憲 作 7,000円(内税)
    共箱・無傷・略歴付
    胴径21.6cm×高8.3cm
    ◇東憲(あずまけん)・・昭和8年大阪生、京美卒業。富本憲吉・近藤悠三に師事する。日本工芸会正会員。大阪高島屋など個展で活躍する。
    ◇未使用又はそれに近い商品です。
    ◇昭和61年頃の作品。
  • 赤絵菓子鉢 二代 叶松谷造 赤絵菓子鉢 二代 叶松谷造 10,000円(内税)
    共箱・共裂
    胴径19.4cm×高9.9cm
    ◇花の緑の上絵付け部分2箇所が剥げていますが(写真4枚目)、目立ちにくいとは思います。それ以外は状態良好です。
    ◇叶松谷(二代)・・昭和二年、京都生。初代・松谷と叔父・叶光夫に師事。昭和56年、伝統工芸士に認定。昭和62年、京都府伝統産業優秀技能者賞受賞。平成十年没。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 色絵彩鉢 番浦史郎 造 色絵彩鉢 番浦史郎 造 10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径20.8cm×高9.1cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇きれいで、未使用品だと思います。
    ◇平成2年頃の作品(栞より)。
  • 粉青縄簾文鉢 申相浩 作  粉青縄簾文鉢 申相浩 作  10,000円(内税)
    ◇申相浩・・昭和22年、韓国ソウル生。昭和50年、弘益大学校産業美術大学院修士課程卒業。昭和56年から現在まで弘益大学教授、この間平成10年〜15年まで美術大学学長を務める。現在、弘益大学校産業美術大学院院長、世界陶磁器博覧会財団の顧問委員。
    ◇割と出来はよいです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇比較的大きめです。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 黄伊羅保片口形鉢 五代 清水六兵衛 造 黄伊羅保片口形鉢 五代 清水六兵衛 造 12,000円(内税)
    共箱・無傷
    横20.2cm×奥行18.9cm×高10.2cm
    ◇清水六兵衛(五代)・・明治8年京都生。アールヌーボーなど美術思想を学び、陶磁の改革運動に参画、昭和2年の帝展美術工芸部の新設に尽力した。画才に恵まれ、絵画意匠の絵付陶や釉薬の研究で新しい色調とモダンな感覚の創作陶器が多い。大正11年にはフランスのサロン・ドートンヌ美術部会員に推薦され、昭和5年帝国美術院会員となった。昭和34年、没。
    ◇状態良好です。箱、難あり
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 桑八角干菓子器 川本光春 作 桑八角干菓子器 川本光春 作 14,000円(内税)
    共箱・桑製・共裂・外紙紙箱付
    横24.1cm×高2.7cm
    ◇川本光春・・昭和9年、京都生。昭和25年、初代光春に師事する。昭和59年、二代祥桑軒光春を襲名。桑細工を中心に製作。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 飴釉菓子器   四代 中村道年(尼)作 飴釉菓子器 四代 中村道年(尼)作 14,000円(内税)
    ◇箱書「焼〆菓子器」とあり、飴釉ですので、共箱ではありません。箱の大きさは合っているので、販売店で入れ替わったのでしょう。それと、灰器でも使えそうです。
    ◇中村道年(四代)・・昭和16年 名古屋生まれ。同41年、三代道年と結婚。二代道年に師事する。昭和63年、三代道年死去。八事窯継承。平成元年、表千家而妙斎宗匠より「尼焼中村道年」を拝受。同3年、都市文化奨励賞受賞他。平成13年、長男直之五代道年襲名。名古屋市技能功労賞受賞。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 鼠志野鉢 加藤光右衛門作  鼠志野鉢 加藤光右衛門作  14,000円(内税)
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇割りと出来が良いと思いますが、指摘部分あり。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
46商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>