京焼茶碗

34商品

おすすめ順 価格順 新着順

34商品 1-12表示
  • 色絵扇流し茶碗  初代 真葛香斎 造 淡々斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵扇流し茶碗 初代 真葛香斎 造 淡々斎書付 100,000円(内税)
    ◇真葛香斎(初代)・・明治30年生。父の三代宮川香斎に師事。大正4年頃、北大路魯山人に作陶の手ほどきを受ける。昭和5年、帝展に初入選。同九年、久田家・無適斎より真葛焼の箱書きを頂き、真葛香斎を名乗る。後、即中斎・淡々斎の箱書を頂くようになる。昭和47年隠居、昭和62年に没す。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた華やかな作品です。状態良好です。
    ◇70年前頃の作品。
  • とり絵茶碗 永楽妙全(悠) 造  ※十四代永楽善五郎 とり絵茶碗 永楽妙全(悠) 造 ※十四代永楽善五郎 SOLD OUT
    ◇十四代 永楽善五郎(永楽妙全)・・嘉永5(1852)年生まれ。十四代得全の妻で、得全没後十四代善五郎を名乗り家業を守り、十五代善五郎の養育に尽力。大正3年には三井高棟より「妙全」の号を賜り、作品の箱書には十四代得全の落款と小柴庵三井高保より賜った「悠」の一字を捺印している・・
    ◇箱書きのとり絵で合っているのですが、共箱かどうかは、分かりません。
    ◇作品は割と使用感ありましたが、ある程度きれいにしておきました。箱は難あり
    ◇大正〜昭和初期頃の作品。
  • 仁清写青楓茶碗 久世久宝 造 仁清写青楓茶碗 久世久宝 造 SOLD OUT
    ◇久世久宝(三代)・・二代目久宝の実妹の長女として生まれる。久世家に養女として入る。昭和49年、三代目を襲名。現在、四代目。
    ◇華やかな作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「歳寒三友」朝日焼茶碗 燔師茶碗 松林良周(十五代豊斎)作 鈞窯茶碗 松林弘作 鹿背茶碗 松林永作 銘「歳寒三友」朝日焼茶碗 燔師茶碗 松林良周(十五代豊斎)作 鈞窯茶碗 松林弘作 鹿背茶碗 松林永作 SOLD OUT
    ◇歳寒三友茶碗・・「国際伝統工芸博・京都」への出品を記念して、十四代松林豊斎のご子息 良周・弘・永 三人の茶碗に大徳寺管長の福富雪底老師が銘「吟風」「起風」「東風」とつけた特別記念頒布作品(高島屋の栞より)
    ◇きれいで美品です。出来もよいです。
    ◇30年前頃の作品。
  • 刷毛目茶碗  林淡幽 作  刷毛目茶碗 林淡幽 作  8,000円(内税)
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成10年頃の作品(栞より)
  • 青磁茶碗 三代 諏訪蘇山 造 青磁茶碗 三代 諏訪蘇山 造 14,000円(内税)
    ◇諏訪蘇山(三代)・・昭和7年、京都生。父は陶芸家の米沢蘇峰。大学では、富本憲吉・近藤悠三に師事。昭和35年諏訪蘇山の後継者として移籍。昭和45年38歳で三代諏訪蘇山に襲名。平成16年没。現在、四代目。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 色絵乾山八ッ橋画茶碗 清閑寺窯  三代 杉田祥平造 色絵乾山八ッ橋画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平造 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目。
    ◇やや使用感ありますが、状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 三嶋茶碗 七代 高橋道八造 三嶋茶碗 七代 高橋道八造 23,000円(内税)
    ◇高橋道八(七代)・・明治40年、京焼の名門高橋道八家に生まれる。京都市美術工芸学校卒業後、家事に従事、昭和16年、七代道八を継承。茶陶の名工。昭和58年没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 仁清写海松貝茶碗 三代 加藤利昇作 尋牛斎(久田宗也)書付 仁清写海松貝茶碗 三代 加藤利昇作 尋牛斎(久田宗也)書付 50,000円(内税)
    ◇加藤利昇(三代)・・昭和21年、二代・利昇の長男として京都に生まれる。永楽即全の絵付師と活躍した後、昭和54年に三代利昇を襲名する。同60年、京都市伝統美術功労賞受賞。平成元年、京都高島屋にて個展他。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。銀彩はやや黒ずんでます。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇昭和61年頃の作品。
  • 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造 30,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇割と感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 35,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(五代)・・昭和9年、京都生。父・四代竹泉に師事し、昭和47年に五代竹泉を継承する。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 粉引写茶碗 四代 眞清水蔵六作  鵬雲斎書付 粉引写茶碗 四代 眞清水蔵六作  鵬雲斎書付 70,000円(内税)
    ◇眞清水蔵六(四代)・・昭和8年、京都生。三代真清水蔵六に師事し、46年四代を継承する。初代より青磁、三島、粉引、刷毛目の茶陶を幅広く手がける。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇茶溜りになんとなくの使用感ありますが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
34商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>