京焼茶碗

37商品

おすすめ順 価格順 新着順

37商品 1-12表示
  • 彫三嶋茶碗 須田祥豊造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 彫三嶋茶碗 須田祥豊造  SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品
  • 色絵宝尽し画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作 ※大判印<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵宝尽し画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作 ※大判印 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、五代目。
    ◇大判印ですので、特別作や本人作です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 染付双馬絵茶碗 五代 三浦竹泉 作 35,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(五代)・・昭和9年、京都生。父・四代竹泉に師事し、昭和47年に五代竹泉を継承する。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 朝日焼燔師荒土茶碗 松林弘造 朝日焼燔師荒土茶碗 松林弘造 SOLD OUT
    ◇松林弘(ひろし)・・昭和27年、十四代松林豊斎の次男して生まれる。中部工業大卒。父豊斎に師事。昭和61年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 色絵恵比寿大黒の姿画茶碗 清閑寺窯  三代 杉田祥平 造 色絵恵比寿大黒の姿画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平 造 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇微妙に使用されてますが、基本的にきれいで状態良好です。箱はシミあり
    ◇平成7年以降の作品。
  • 粉引写茶碗 四代 眞清水蔵六作  鵬雲斎書付 粉引写茶碗 四代 眞清水蔵六作  鵬雲斎書付 70,000円(内税)
    ◇眞清水蔵六(四代)・・昭和8年、京都生。三代真清水蔵六に師事し、46年四代を継承する。初代より青磁、三島、粉引、刷毛目の茶陶を幅広く手がける。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇茶溜りになんとなくの使用感ありますが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 瀬戸釉茶碗 初代 大仲翠月 造 瀬戸釉茶碗 初代 大仲翠月 造 SOLD OUT
    ◇大仲翠月(おおなか すいげつ)・・陶器の蒔絵漆装を確立した人物。 明治26年、京都嵯峨に生まれる。京都美術工芸学校教授・富田幸に師事。陶漆綜合の創造に精心を傾倒する。昭和10年、帝室技芸員の香取秀真により陶と漆は宝となったと絶賛の上「宝漆陶」の名を頂戴する。30年余り研鑽を積み・・
    ◇大仲翠月としては、珍しい作品です。
    ◇やや小振りで見た目より重めです。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜80年前頃の作品。
  • 秋草図平茶碗 茜窯 岡田華渓作 秋草図平茶碗 茜窯 岡田華渓作 33,000円(内税)
    ◇岡田華渓・・大正10年生。日本画家井上正晴に師事ののち、京都東山にあかね窯として茶陶を製作。女性らしい繊細さと、シンプルさの調和が、見る人の心をひきつける。
    ◇華渓さんらしい感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 飴釉平茶碗 初代 伊東陶山造  飴釉平茶碗 初代 伊東陶山造  25,000円(内税)
    ◇伊東陶山(初代)・・1846年生。三代道八に師事し、朝日焼・膳所焼の復興・粟田焼の改良に尽くし、帝室技芸員に任命される。大正9年没。
    ◇高台に傷かどうか見解が分かれる箇所があります。それ以外、状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇釉薬の窯変がきれいな作品です。小振りです
    ◇明治期頃の作品。
  • 光琳竹図茶碗 初代 三浦竹軒 造 光琳竹図茶碗 初代 三浦竹軒 造 SOLD OUT
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 色絵森の柳画茶碗 清閑寺窯  三代 杉田祥平作  色絵森の柳画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作  SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目。
    ◇よく描かれた華やかな作品です。
    ◇高台に少し汚れありますが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 仁清写橋柳茶碗  初代 宮川香雲造  小田雪窓書付 仁清写橋柳茶碗 初代 宮川香雲造 小田雪窓書付 39,000円(内税)
    ◇初代宮川香雲・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇春らしい茶碗です
    ◇多少、使用感ありますが、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇60年〜70年前頃の作品。
37商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>