花入・建水・棚

19商品

おすすめ順 価格順 新着順

19商品 1-12表示
  • 色絵草花画掛花入 清閑寺窯 四代 杉田祥平 造 ※大判印<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵草花画掛花入 清閑寺窯 四代 杉田祥平 造 ※大判印 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(四代)・・昭和17年、京都生まれ。楽家・十四代覚入に陶芸を学ぶ。清閑寺窯丸印を鵬雲斎宗匠及び覚入より拝領する。平成12年、四代目・杉田祥平を継承する。現在、五代目。
    ◇大判印ですので、特別作や本人作です。
    ◇よく描かれた、出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 踞掛花入 九代 大樋長左衛門 造 ※蹲 踞掛花入 九代 大樋長左衛門 造 ※蹲 SOLD OUT
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇ある程度の時代で、なんとなく釉の枯れ感があり、感じがよいです。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、かなり経年感・汚れあり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 利休好写桐旅箪笥(+杉薄板)  人間国宝 中臺瑞真 造 利休好写桐旅箪笥(+杉薄板)  人間国宝 中臺瑞真 造 SOLD OUT
    ◇中臺瑞真(なかだいずいしん)・・ 大正元年、千葉県千葉市生まれ。同14年、竹内不山に入門。昭和37年、第9回日本伝統工芸展入選。同55年,日本工芸会木竹工部会長。同58年、勲四等瑞宝章。同59年、重要無形文化財「木工芸」保持者に認定。平成14年、没。
    ◇木目がきれいな作品です。
    ◇極小の指摘ありますが、基本的にきれいです。共箱は、汚れあり。
    ◇薄板は、使用スレあります。特に問題ない程度です。箱はありません。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 桐溜塗 吉野棚 川瀬表完 造 ※組立式・圓能斎好写 桐溜塗 吉野棚 川瀬表完 造 ※組立式・圓能斎好写 SOLD OUT
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇圓能斎好写の棚です。
    ◇指摘部分ありますが、基本的には使用回数少ない方です。
    ◇40年〜50年前頃の作品です。
  • 青交趾鶴首花入 永楽善五郎(即全)造 青交趾鶴首花入 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋裏の桟が1本紛失。箱は経年感・汚れあり。
    ◇昭和中期頃の作品。
  • 淡々斎好唐銅糸目建水 十四代 大西清右衛門(浄中)造 淡々斎好唐銅糸目建水 十四代 大西清右衛門(浄中)造 SOLD OUT
    ◇大西清右衛門(十四代)・・千家十職の釜師。十三代大西浄長の長男として明治21年、京都に生まれる。表千家即中斎宗左からは、浄中という名をもらい、十四代大西浄中として活動する。独自の地肌を作り始め、即中斎宗匠の字や絵を鋳込んだ華やかな釜が多い。昭和35年没。
    ◇裏千家・淡々斎の御好みの建水です。
    ◇水痕や極小の使用スレや使用感あります。特に使用上は問題ありません。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 唐銅 棒の先建水 八治良 造 唐銅 棒の先建水 八治良 造 SOLD OUT
    ◇作品は、きれいで(未使用?)状態良好です。
    ◇作者は、時々見かけますが、詳細は判りません。高岡の作家かと思います。しっかりした作品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 手付焼締め花生 九代 大樋長左衛門 造 ※置・掛兼用 手付焼締め花生 九代 大樋長左衛門 造 ※置・掛兼用 SOLD OUT
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇掛花入としても使えますが、結構重いので置きの方がよいです。渋い花生です。
    ◇作品は、状態良好です。(指摘あり)箱は、かなり経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 備前掛花入 人間国宝 藤原雄 造 備前掛花入 人間国宝 藤原雄 造 SOLD OUT
    ◇藤原雄・・昭和7年、岡山県生。人間国宝の父・藤原啓のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ、伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8 年、備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年、没。享年69才。明治大卒。
    ◇共箱に重要無形文化財の印が押してあるので、人間国宝後の作品です。出来のよい作品です。
    ◇割りと重めで、やや小さめです。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成8年〜平成13年までの作品。
  • 竹一重切置花入 萩井好斎 作 竹一重切置花入 萩井好斎 作 SOLD OUT
    ◇萩井好斎(二代)・・昭和9年、大阪生まれ。父・初代萩井好斎に師事。幼い頃より父の側で仕事を手伝い、自然と指物師の道へ。昭和48年、二代好斎を襲名。同47年、日本伝統工芸展入選。東大阪工芸協会副会長他。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 寿棚 村田道寛造 淡々斎書付 寿棚 村田道寛造 淡々斎書付 170,000円(内税)
    ◇村田道寛・・昭和中期の京塗師で11代中村宗哲(元斎)の元職人で、独立後、茶道漆芸作品を製作。書付作品もある。弟子に前端雅峯がいる。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇70年前頃の作品です。
  • 巴棚  川瀬表完 作 ※円能斎好写 巴棚 川瀬表完 作 ※円能斎好写 27,000円(内税)
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇裏千家・円能斎好写の棚で、炉・風炉共に使用出来ます。忠臣蔵の関係(三ッ巴紋)からよく12月に使用されます。
    ◇極小の水指の使用スレがありますが、その他きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
19商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>