花入・建水・棚

22商品

おすすめ順 価格順 新着順

22商品 1-12表示
  • 巴棚  川瀬表完 作 ※円能斎好写 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 巴棚 川瀬表完 作 ※円能斎好写 27,000円(内税)
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇裏千家・円能斎好写の棚で、炉・風炉共に使用出来ます。忠臣蔵の関係(三ッ巴紋)からよく12月に使用されます。
    ◇極小の水指の使用スレがありますが、その他きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 高取焼掛花入 十二代 高取八山 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 高取焼掛花入 十二代 高取八山 造 SOLD OUT
    ◇高取八山(十二代)・・昭和4年、筑前黒田藩の御用窯として慶長五年(1600)にはじまる高取宗家に生まれる。母・十一代静山に師事し、同53年、十二代八山を襲名。日本伝統工芸展入選。西部工芸展入選他。現在、十三代目(平成12年、襲名)。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 晒竹組 魚籠形花入(置・掛兼用)小菅吼月 造 ※鳳雲斎吼月 晒竹組 魚籠形花入(置・掛兼用)小菅吼月 造 ※鳳雲斎吼月 18,000円(内税)
    ◇小菅吼月(こすげこうげつ)・・昭和7年、新潟県生まれ。父・竹堂(佐渡で有名な竹芸師)に師事する。竹の特徴である弾力性をいかして、竹を柾目に割り、一本一本を手で細く削り、ひねりを加えて編組を行う。昭和42年、第10回日展入選、政府買い上げとなり、ジュネーブ日本大使館に展示。平成元年、新潟伊勢丹にて竹芸40周年記念展開催他。平成28年、没。
    ◇細かく丁寧に編まれたよい作品です。
    ◇籠であるので仕方がない程度の裂けはありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 曙塗爪紅二雲錦蒔絵鬘桶(かずらおけ)建水 三代 前端春斎 作 曙塗爪紅二雲錦蒔絵鬘桶(かずらおけ)建水 三代 前端春斎 作 SOLD OUT
    ◇前端春斎(三代)・・昭和39年、前端雅峯の長男として生まれる。父雅峯に師事。また保谷美成のもとで加賀蒔絵を学ぶ。昭和60年、三代春斎を襲名。昭和63年には米国フロリダにおいて蒔絵技術の公開指導を行う。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成11年以降の作品。(栞より)
  • 淡々斎好写鮎籠花入 長尾宗湖 作  ※煤竹・掛花入 淡々斎好写鮎籠花入 長尾宗湖 作 ※煤竹・掛花入 SOLD OUT
    ◇長尾宗湖・・昭和10年、滋賀県大津市に生まれ。昭和28年、京都洛東の竹工芸師西川宗悦に師事。昭和43年、宗悦の元で15年間の修行後、独立。京都市主催の京都竹工芸展において市長賞3回、各賞5回受賞する等活躍する。
    ◇煤竹の感じのよい作品です。
    ◇作品は、1箇所裂けありますが、目立ちにくいです。基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 多幸(蛸)壺花入 明石窯 祥 造 多幸(蛸)壺花入 明石窯 祥 造 7,000円(内税)
    ◇作者については、栞より明石窯 井原昭さんの別号又は工房作になるのかなぁと思われる。
    ◇鎖を付けて釣ると感じのよい花入となります。
    ◇重さは、厚めなので重めです。
    ◇状態良好です。水漏れ試験済みです。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 唐銅唐草彫建水 十四代 大西清右衛門造  鵬雲斎好・書付  唐銅唐草彫建水 十四代 大西清右衛門造 鵬雲斎好・書付  100,000円(内税)
    ◇大西清右衛門(十四代)・・千家十職の釜師。十三代大西浄長の長男として明治21年、京都に生まれる。表千家即中斎宗左からは、浄中という名をもらい、十四代大西浄中として活動する。独自の地肌を作り始め、即中斎宗匠の字や絵を鋳込んだ華やかな釜が多い。昭和35年没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の御好みで、書付があります。
    ◇適度な重さもあり高級感があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇作品の印は十四代清右衛門で、十五代の箱書となります。襲名後もその印を使っていた・・
  • 唐津花入 井上東也造 唐津花入 井上東也造 SOLD OUT
    ◇井上東也・・昭和17年生まれ。学生時代から古窯跡を発掘し、唐津焼の徹底調査を行う。埼玉の陶芸家塗師・淡斎に師事。昭和44年、唐津市鏡山山麓に鏡山窯を開く。朝鮮唐津、絵唐津、斑唐津の茶陶ひとすじに、納得のいく作陶を続ける。平成25年、没。
    ◇基本的に出来のよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「宝舟」 竹一重切花入 藤井誡堂書付 銘「宝舟」 竹一重切花入 藤井誡堂書付 SOLD OUT
    ◇藤井誡堂・・明治31年生。大徳寺塔頭三玄院に住す。大徳寺515世住持を勤める。昭和59年遷化。享年87歳。
    ◇京都・嵐山の竹を以って作られた花入です。
    ◇多少、シミ・使用感ありますが、それ以外は状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 徒然棚 組立式 ※淡々斎好写 徒然棚 組立式 ※淡々斎好写 18,000円(内税)
    ◇淡々斎好写の棚です。
    ◇多少、水指の使用スレがありますが、その他は特に問題なく状態良好です。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 美濃伊賀花入 加藤十右衛門造  美濃伊賀花入 加藤十右衛門造  30,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年79歳。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年〜70年前頃の作品。
  • 組立式寿棚  白井正斉作 組立式寿棚 白井正斉作 17,000円(内税)
    ◇白井正斉・・明治〜昭和期に活躍した漆工 (1901-)。奈良正倉院の宝物の修理を手がけ、乾漆の作品をよく作る。
    ◇本品は、淡々斎好写の棚です。
    地板に反りがあります。使用には問題ないかと思われます。作品は、きれいで未使用品でしょう。
    ◇20年〜30年前頃の作品です。
22商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>