陶磁器蓋置

20商品

おすすめ順 価格順 新着順

20商品 1-12表示
  • 而妙斎好菊絵蓋置 十七代 永楽善五郎 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 而妙斎好菊絵蓋置 十七代 永楽善五郎 作 30,000円(内税)
    ◇当代の永楽善五郎の作品です。
    ◇表千家・而妙斎好の蓋置です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 乾山意桔梗蓋置 五代 尾形周平 造 乾山意桔梗蓋置 五代 尾形周平 造 4,300円(内税)
    ◇尾形周平(五代)・・昭和2年、四代尾形周平の長男として京都にて生れる。京都陶磁試験場を経て京都市立美術大学日本画科を卒業。同52年より個展を中心に活動。主に茶陶を専門に造る。平成11年没。
    ◇爽やかな作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇40年前頃の作品。
  • 萩千切蓋置 十二代 坂倉新兵衛造 萩千切蓋置 十二代 坂倉新兵衛造 9,000円(内税)
    ◇坂倉新兵衛(十二代)・・明治14年生。同30年、十二代新兵衛を襲名。萩焼の名工で、昭和23年萩焼美術陶芸協会長、昭和31年には山口県無形文化財の指定、翌年に国の無形文化財記録作成の指定を受ける。同35年、没。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇昭和20〜30年頃の作品。
  • 乾山梅蓋置  加賀瑞山 造  乾山梅蓋置 加賀瑞山 造  3,500円(内税)
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。現在三代目ですが、初代位の作かと思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 4,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 雲華焼 彫文輪蓋置 山崎宗元作 雲華焼 彫文輪蓋置 山崎宗元作 12,000円(内税)
    ◇山崎宗元(二代)・・大正12年、京都生。父の初代宗元は、昭和9年に一家をあげて加賀に移り、風炉師を創業。雲華焼を初代に、彫刻を都賀田勇馬に師事。昭和35年、二代宗元を襲名。品格のある茶陶づくりに専念する。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年前頃の作品。
  • 萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  7,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 絵唐津竹蓋置 中里重利作  絵唐津竹蓋置 中里重利作  15,000円(内税)
    ◇中里重利・・昭和5年、十二代中里太郎衛門の三男として生まれる。父に師事し、技術的な面では古唐津を基本としている。昭和51年には日展の審査をつとめ翌年から会員となる。地域文化功労者表彰他。平成27年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 10,000円(内税)
    ◇初代 橋本 陶正山(号:正山)・・昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和21年、東京小田急百貨店、大分トキワにて個展。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。
    ◇作品は状態良好です。箱経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 染付宝尽蓋置 和田桐山 造 染付宝尽蓋置 和田桐山 造 6,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径5.8cm×高4.9cm
    ◇和田桐山(三代)・・大正6年、兵庫生。陶芸を初代桐山に、絵付けを牛尾桃里・金島桂華に師事。昭和52年、三代桐山を襲名する。現在、四代目
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • つくね蓋置 初代 井上方竹 造 つくね蓋置 初代 井上方竹 造 5,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径4.7cm×高4.8cm
    ◇井上方竹(初代)・・兵庫県姫路市の楽焼を主に焼いていた。昭和46年、没。二代目も百貨店等の個展で活躍していた。近年、没。作品は、初代の作。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~70年前頃の作品。
  • 絵唐津蓋置 五代 清水六兵衛 造 絵唐津蓋置 五代 清水六兵衛 造 7,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径6.5cm×高5.8cm
    ◇清水六兵衛(五代)・・明治8年京都生。アールヌーボーなど美術思想を学び、陶磁の改革運動に参画、昭和2年の帝展美術工芸部の新設に尽力した。画才に恵まれ、絵画意匠の絵付陶や釉薬の研究で新しい色調とモダンな感覚の創作陶器が多い。大正11年にはフランスのサロン・ドートンヌ美術部会員に推薦され、昭和5年帝国美術院会員となった。昭和34年、没。
    ◇状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品
20商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>