購入数


   
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
水色:出張等による発送不可日です。
五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。

1893年 四代加藤幸兵衛の長男として生まれる。
1911年 家業の幸兵衛窯を引き継ぐ。
1931年 第11回帝展に初入選。
1950年 岐阜県陶磁器試験場長に就任(在任23年間)。
1956年 日本工芸会正会員となる。
1973年 岐阜県重要無形文化財に認定される。
    多治見市名誉市民の称号を受ける。
1974年 日本工芸会理事となる。
1982年 4月11日、没。

◇感じのよい作品です。
◇状態良好です。(指摘あり)
◇50年前頃の作品。

>