県無形文化財保持者

18商品

おすすめ順 価格順 新着順

18商品 1-12表示
  • 萩千切蓋置 十二代 坂倉新兵衛造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩千切蓋置 十二代 坂倉新兵衛造 9,000円(内税)
    ◇坂倉新兵衛(十二代)・・明治14年生。同30年、十二代新兵衛を襲名。萩焼の名工で、昭和23年萩焼美術陶芸協会長、昭和31年には山口県無形文化財の指定、翌年に国の無形文化財記録作成の指定を受ける。同35年、没。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇昭和20〜30年頃の作品。
  • 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 45,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇方谷 浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
    ◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 萩茶入 十二代 田原陶兵衛 造 萩茶入 十二代 田原陶兵衛 造 SOLD OUT
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇十二代陶兵衛らしい色合いの作品で、感じよいです。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 惺斎好萩焼木瓜喰籠 十四代 坂倉新兵衛 造 尋牛斎書付 惺斎好萩焼木瓜喰籠 十四代 坂倉新兵衛 造 尋牛斎書付 58,000円(内税)
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇可愛らしい千鳥の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋の桟が1本欠損しています。
    ◇50年前頃の作品。
  • 萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  7,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 志野茶碗 加藤十右衛門造  志野茶碗 加藤十右衛門造  38,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇やや使用感ありますが、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 14,000円(内税)
    共箱・無傷
    横12.2cm×奥行11.4cm×高7.6cm
    ◇加藤鈔(かとうしょう)・・昭和2年生。先々代丈助は赤津窯系譜18世景徳の養子で、21世にあたる。平成9年瀬戸市無形文化財、平成12年愛知県無形文化財保持者に認定される。近年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。箱は多少経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 備前緋襷徳利 山本出 作 備前緋襷徳利 山本出 作 20,000円(内税)
    共箱・無傷・略歴付
    胴径9.1cm×高13.3cm
    ◇山本出(やまもといずる)・・昭和19年生。はじめ彫刻や建築の道に入り、パリ国立美術学校彫刻家に2年間留学。のち陶芸の道へ入り、父の山本陶秀(人間国宝)に師事。昭和50年伊部に築窯、独立する。日本工芸会正会員。平成24年、岡山県無形文化財保持者に認定される。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇キレイで、状態良好です。
    ◇30〜35年頃の作品だと思います。
  • 備前窯変徳利 吉本正 作 備前窯変徳利 吉本正 作 28,000円(内税)
    共箱・共裂・略歴付・無傷
    高13.2cm×胴径9cm
    ◇吉本正-昭和18年生。備前閑谷出身。昭和39年藤原啓の内弟子となり、58年の師死去まで19年修行を積む。その間に啓の助言を得て当地に築窯。日本工芸会正会員。県知事賞、岡山県展山陽新聞社賞他。平成19年、岡山県無形文化財保持者になる。
    ◇本品は藤原啓氏の師弟関係が得意としている独特の窯変の出し方です。
    ◇土味もよく、少し首を捻っている所がよい。
  • 備前 布袋 浦上善次 造 備前 布袋 浦上善次 造 50,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    横18.5cm×奥行16.3cm×高27.4cm
    ◇浦上善次(うらがみぜんじ)・・大正3年、岡山県生。昭和4年より名工西村春湖に師事する。動物の置物や陶像などを得意とし、備前陶彫の第一人者。昭和48年、岡山県重要無形文化財保持者に認定。主な作品は、岡山新空港やJR伊部駅の陶壁など。紺綬褒章や勲五等瑞宝章など、数々の栄誉に輝く。平成18年、没。
    ◇よい作りの作品です。上向きの布袋さんで、割と大きめな作品です。
    ◇状態良好です。
18商品 1-12表示
>