東海地方

45商品

おすすめ順 価格順 新着順

45商品 1-12表示
  • 志野茶碗  加藤十右衛門鵬雲斎造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 志野茶碗 加藤十右衛門鵬雲斎造 鵬雲斎書付 80,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よい感じの茶碗です。
    ◇状態良好です
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 織部平茶碗 二代 山口錠鉄 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 織部平茶碗 二代 山口錠鉄 造 SOLD OUT
    ◇山口錠鉄(二代)・・ 大正9年生。「赤津の窯屋山口」として三百有余年、作陶に従事する家に生まれる。技術保存登録賞を受けた父、先代錠鉄に学ぶ。織部,志野,古瀬戸等、雅趣に富んだ茶陶が中心に作陶。京都南禅寺管長菊僊老大師に賞される。瀬戸市赤津町。平成10年、没。現在、三代目。
    ◇古っぽい織部焼きに見えます。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年〜70年前頃の作品。
  • 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造 12,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇状態良好です。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 黄瀬戸平茶碗 29世 加藤唐三郎 造 黄瀬戸平茶碗 29世 加藤唐三郎 造 SOLD OUT
    ◇加藤唐三郎(29世)・・家譜に初代は貞応年間の藤ノ四郎景正。昭和17年技術保存認定者の資格を得る。現在、31世。
    ◇古黄瀬戸っぽい雰囲気のする茶碗です
    ◇作品は、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇昭和初期頃だと思われる。
  • 鼠志野平茶碗  加藤十右衛門窯  鼠志野平茶碗 加藤十右衛門窯  15,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜60年前頃の作品。
  • 青織部茶碗 加藤十右衛門 造  青織部茶碗 加藤十右衛門 造  SOLD OUT
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜60年前頃の作品。
  • 飴釉菓子器   四代 中村道年(尼)作 飴釉菓子器 四代 中村道年(尼)作 14,000円(内税)
    ◇箱書「焼〆菓子器」とあり、飴釉ですので、共箱ではありません。箱の大きさは合っているので、販売店で入れ替わったのでしょう。それと、灰器でも使えそうです。
    ◇中村道年(四代)・・昭和16年 名古屋生まれ。同41年、三代道年と結婚。二代道年に師事する。昭和63年、三代道年死去。八事窯継承。平成元年、表千家而妙斎宗匠より「尼焼中村道年」を拝受。同3年、都市文化奨励賞受賞他。平成13年、長男直之五代道年襲名。名古屋市技能功労賞受賞。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 鼠志野水指  加藤光右衛門 作  鼠志野水指 加藤光右衛門 作  SOLD OUT
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来のよい水指です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 「華厳三昧」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造 「華厳三昧」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造 SOLD OUT
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇神楽窯・・奥田康博さんが昭和三十三年、朝熊山西麓に開窯。
    ◇絵と言葉がよいです。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 黒楽茶碗 二代 中村道年 造 黒楽茶碗 二代 中村道年 造 47,000円(内税)
    ◇中村道年(二代)・・明治39年生、初代道年の長男 昭和12年父没後2代襲名 戦時禍、本窯を廃し楽焼きを研究のち、表千家即中斎より八事窯と命名されるまた若年より益田鈍翁や民芸陶芸家のバーナードリーチとも親交厚く、その傍ら楽焼の研究に精進し光悦写しではすばらしい茶碗を焼成した。昭和47年没。
    ◇感じのよい作品です。楽系軟陶。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 織部弥七田手 手鉢 加藤芳右衛門 造  織部弥七田手 手鉢 加藤芳右衛門 造  27,000円(内税)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 乾山梅蓋置  加賀瑞山 造  乾山梅蓋置 加賀瑞山 造  3,500円(内税)
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。現在三代目ですが、初代位の作かと思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
45商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>