130商品

おすすめ順 価格順 新着順

130商品 1-12表示
  • 「青山緑水」一行書 小林太玄筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「青山緑水」一行書 小林太玄筆 SOLD OUT
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
    ◇青山緑水(せいざんりょくすい)・・青い山、緑の水。雄大な自然の情景
  • 「千山添翠色」一行書 足立泰道筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「千山添翠色」一行書 足立泰道筆 SOLD OUT
    ◇足立泰道・・昭和12年、生まれ。臨済宗大徳寺派、瑞龍山 雲澤禅寺(兵庫県)住職。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
    ◇千山添翠色(せんざんすいしょくをそう)・・見渡す限りの山々の所々に鮮やかな緑が添えられている。新緑の季節の大自然の光景。
  • 赤織部茶碗  加藤芳右衛門 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 赤織部茶碗 加藤芳右衛門 鵬雲斎書付 78,000円(内税)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい茶碗です。
    ◇状態良好です
    ◇30年前頃の作品。
  • 染錦苺絵掛花入  源右衛門窯 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 染錦苺絵掛花入 源右衛門窯  5,000円(内税)
    ◇有田焼の源右衛門窯の作品となります。
    ◇源右衛門窯らしい感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 唐銅槍ノ鞘建水 四代 一ノ瀬宗也作 唐銅槍ノ鞘建水 四代 一ノ瀬宗也作 SOLD OUT
    ◇一ノ瀬宗也・・初代一ノ瀬宗右衛門(宗真)は明治初年頃より高岡にて銅器を製造し蝋型焼型等の優れた技術の品を造り、明治43年英国で開催された日英博覧会に出品受賞。その四代目の唐銅風炉師です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで、美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 高取写擂座水指  須田祥豊造  高取写擂座水指 須田祥豊造  17,000円(内税)
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇渋い作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)箱経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 繋ぎ舟蒔絵香合 内銀地 雅峰作 尋牛斎書付 繋ぎ舟蒔絵香合 内銀地 雅峰作 尋牛斎書付 48,000円(内税)
    ◇表千家・十二代久田宗也(尋牛斎)の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。作者の詳細は、分かりませんが、輪島に雅峰という作家がいたので、その人かもしれません。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 色絵竹水指  初代 和田桐山造 色絵竹水指 初代 和田桐山造 39,000円(内税)
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇華やかで、感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。(指摘あり)箱は、欠点あり。
    ◇昭和中期頃の作品かと思われます。
  • とり絵茶碗 永楽妙全(悠) 造  ※十四代永楽善五郎 とり絵茶碗 永楽妙全(悠) 造 ※十四代永楽善五郎 SOLD OUT
    ◇十四代 永楽善五郎(永楽妙全)・・嘉永5(1852)年生まれ。十四代得全の妻で、得全没後十四代善五郎を名乗り家業を守り、十五代善五郎の養育に尽力。大正3年には三井高棟より「妙全」の号を賜り、作品の箱書には十四代得全の落款と小柴庵三井高保より賜った「悠」の一字を捺印している・・
    ◇箱書きのとり絵で合っているのですが、共箱かどうかは、分かりません。
    ◇作品は割と使用感ありましたが、ある程度きれいにしておきました。箱は難あり
    ◇大正〜昭和初期頃の作品。
  • 青楓透し菓子鉢 二代 真葛香斎作 青楓透し菓子鉢 二代 真葛香斎作 SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇華やかな作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 仁清写青楓茶碗 久世久宝 造 仁清写青楓茶碗 久世久宝 造 SOLD OUT
    ◇久世久宝(三代)・・二代目久宝の実妹の長女として生まれる。久世家に養女として入る。昭和49年、三代目を襲名。現在、四代目。
    ◇華やかな作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 唐子文様菓子鉢 二代 須田菁華造 23,000円(内税)
    ◇須田菁華(二代)・・明治25年生。九谷焼の名門菁華窯の二代目を昭和2年に継ぐ。二代の作品は名工の先代を彷彿させると言われた。昭和46年没。現在、4代目
    ◇唐子の感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は難あり。
    ◇60〜70年前頃の作品。
130商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>