81商品

おすすめ順 価格順 新着順

81商品 1-12表示
  • 銘「松風」茶杓 松長剛山 書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「松風」茶杓 松長剛山 書付 8,000円(内税)
    ◇松長剛山・・・昭和18年、大阪府生。建仁僧堂で竹田益州に参禅。同46年より大徳寺塔頭高桐院住職。
    ◇松風・・茶の湯の釜が煮え立つ音をいう。松に吹く風。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋の桟が紛失しています。経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 「閑坐聴松風」一行書 軸 兼中斎(堀内宗完)筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「閑坐聴松風」一行書 軸 兼中斎(堀内宗完)筆 35,000円(内税)
    ◇堀内宗完(兼中斎)宗匠らしい、きれいな字です。
    ◇閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)・・一切の雑念を捨てて、心静かに座りただ松風の音を聴く。心が急いでいれば気付かぬことが多い。静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてくる。
    ◇表具の下部にシミがあります。本紙は、きれいで状態良好です。高さは186.5cmで長めです。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完・・
  • 祥瑞蜜柑香合 四代 和田桐山作 坐忘斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 祥瑞蜜柑香合 四代 和田桐山作 坐忘斎書付 135,000円(内税)
    ◇四代 和田桐山・・昭和22年、三代・桐山の長男として尼崎市に生まれる。大学在学中より作陶を始める。平成七年に四代・和田桐山襲名する。日本工芸会正会員。
    ◇裏千家・坐忘斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
    ◇坐忘斎・・十六代茶道裏千家家元。昭和31年、京都府生まれ。臨済宗 大徳寺管長 中村祖順老師のもとで参禅得度。斎号『坐忘斎』 安名『玄黙宗之』。祖順老師没後、妙心寺 盛永宗興老師のもとで参禅・・
  • 銘「飛梅」大宰府天満宮・梅古木茶杓 菅原信貞書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「飛梅」大宰府天満宮・梅古木茶杓 菅原信貞書付 SOLD OUT
    ◇茶杓は、太宰府天満宮内の梅の古木を以って作られています。太宰府天満宮は、福岡県太宰府市にある学問の神様菅原道真公をお祀りする神社です。使用時期は、受験シーズンが最適ですが、今から資格を取る時などに一服なんて良いかなぁと思います。
    ◇太宰府天満宮38代目菅原信貞宮司の書付です。
    ◇共筒は滲みや経年感があります。茶杓は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 古曽部焼 火襷灰器 寒川義崇 作 ※炉用<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 古曽部焼 火襷灰器 寒川義崇 作 ※炉用 SOLD OUT
    ◇寒川義崇(さむかわよしたか)・・昭和26年、紀州焼葵窯初代栖豊の五男として生まれる。大阪芸大在学中より父に師事。途絶えていた大阪・高槻の古曽部焼の復興を志し、昭和54年登窯を築き古曽部焼義崇窯として再興。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品(未使用)です。
    ◇20年前頃の作品です。
  • 根来塗錫縁喰籠 掛子付 青紫園造 尋牛斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 根来塗錫縁喰籠 掛子付 青紫園造 尋牛斎書付 30,000円(内税)
    >◇奈良県の青紫園の作品です。
    ◇十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒。
    ◇作品は、状態良好です。箱はやや経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 光琳梅蒔絵大棗 内梨地 日野拓也 作 而妙斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 光琳梅蒔絵大棗 内梨地 日野拓也 作 而妙斎書付 SOLD OUT
    ◇日野拓也・・昭和37年、石川県輪島市生まれ。同56年、村木華邸に弟子入り。同60年、蒔絵技術習得後、日展会員小森克己に師事し修業を重ねる。平成10年、独立し古来伝統蒔絵の技法に固執した作品にこだわり作品製作を行う。
    ◇表千家・而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇光琳梅蒔絵で上品で出来がよいです。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 乾山写錆絵雪笹之図茶碗 田端志音 造 立花大亀書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 乾山写錆絵雪笹之図茶碗 田端志音 造 立花大亀書付 SOLD OUT
    ◇田端志音 (たばたしおん)・・昭和22年、北九州市生まれ。昭和60年より5年間、茶道具商の谷松屋戸田商店勤務。平成3年、作陶の世界に入り、平成4年、神戸市に築窯。陶芸家の杉本貞光に師事した後・・
    ◇立花大亀和尚の書付があります。
    ◇白の立体感のある釉薬が使われており、ひっかかりやすく、剥がれている部分があります。目立ちません。この釉薬は、ある程度仕方ないと思って頂いた方がよいかもしれません。その他は、状態良好です。箱はやや経年感あり。
    ◇30年前頃の作品です。
  • 銘「松風」茶杓 藤井誡堂書付 下削-高野宗陵 作 銘「松風」茶杓 藤井誡堂書付 下削-高野宗陵 作 SOLD OUT
    ◇藤井誡堂・・明治31年生。大徳寺塔頭三玄院に住す。大徳寺515世住持を勤める。昭和59年遷化。享年87歳
    ◇松風・・茶の湯の釜が煮え立つ音をいう。松に吹く風。
    ◇よい煤竹の茶杓・共筒です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
    ◇高野宗陵・・昭和12年京都生まれ。同31年より家業の竹工芸に従事し、藤井誡堂老師と出会ったことにより茶道具製作を始める。京都伝統工芸専門校講師他。
  • 梅花筒茶碗 二代 真葛香斎 造 梅花筒茶碗 二代 真葛香斎 造 SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤膚焼 お福香合 尾西楽斎造 兼中斎(堀内宗完)書付 赤膚焼 お福香合 尾西楽斎造 兼中斎(堀内宗完)書付 20,000円(内税)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇表千家・ 兼中斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です
    ◇30年〜40年前頃の作品。
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として・・
  • 松梅唐草蒔絵大棗 鈴木光入造 尋牛斎(久田宗也)書付 松梅唐草蒔絵大棗 鈴木光入造 尋牛斎(久田宗也)書付 SOLD OUT
    ◇鈴木光入・・大正12年生。昭和25年より、京漆器の象彦にて17年間修行し、昭和42年独立する。棗・香合・棚・炉縁等幅広く製作。現在、二代目。
    ◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
81商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>