115商品

おすすめ順 価格順 新着順

115商品 1-12表示
  • 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造  堀内宗心書付 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造 堀内宗心書付 88,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付がありますが、花押が潰れています。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成9年〜11年の作品。
  • 銘「寒雲」茶杓  三重野与雲書付  銘「寒雲」茶杓 三重野与雲書付  7,000円(内税)
    ◇三重野与雲(みえのようん)・・大徳寺・芳春院先々代住職。
    ◇共筒に使用スレ・シミありますが、茶杓は状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 萩焼苫屋香合  雲谷窯  萩焼苫屋香合 雲谷窯  3,500円(内税)
    ◇萩焼の雲谷窯の作品です
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 乾山梅蓋置  加賀瑞山 造  乾山梅蓋置 加賀瑞山 造  3,500円(内税)
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。現在三代目ですが、初代位の作かと思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 膳所焼手ひねり光悦写茶碗  陽炎園作  膳所焼手ひねり光悦写茶碗 陽炎園作  15,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇きれいで、美品(未使用?)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇可愛らしい千鳥の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋の桟が1本欠損しています。
    ◇50年前頃の作品。
  • 乾山意水仙画茶碗 初代 三浦竹軒 造 乾山意水仙画茶碗 初代 三浦竹軒 造 23,000円(内税)
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇共の二重箱です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 模乾山梅花図鉢 初代 三浦竹軒造 模乾山梅花図鉢 初代 三浦竹軒造 18,000円(内税)
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品です。
  • 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 4,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 糸目撫肩衝釜 北野宗三郎造 ※炉釜  糸目撫肩衝釜 北野宗三郎造 ※炉釜  SOLD OUT
    ◇北野宗三郎・・大阪の釜師。千家の御好み道具などを制作。書付道具も多数存在する。
    ◇よい雰囲気の釜です
    ◇中に錆あり。基本的には状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品です。
  • 姥口尻張釜 畠春斎造  ※炉釜 姥口尻張釜 畠春斎造 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇初代の畠春斎さんの作品です。
    ◇よい雰囲気のある釜です
    ◇使用錆・水痕等ありますが、基本的には状態良好です。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 「紅炉一点雪」軸 一行書 尾関宗園(桃林)筆 合箱 「紅炉一点雪」軸 一行書 尾関宗園(桃林)筆 合箱 SOLD OUT
    ◇尾関宗園(おぜきそうえん)・・臨済宗大徳寺派 大徳寺頭塔大仙院 住職 号:桃林 昭和7年、奈良県に生まれ、高校3年仏門に入る。同30年 奈良大和郡山慈光院住職となる。同40年 弱冠33才で大徳寺塔頭大仙院住職となり現在に至る。現在 紫野大徳寺塔頭大仙院住職(宗教法人大仙院代表役員)、最高裁判所家事調停委員、国立京都工芸繊維大学講師
    ◇紅炉一点雪(こうろ いってんの ゆき)・・赤々と燃える炉の上に チラリと一片の雪が舞い落ちる瞬時に消えて跡形も残さないさま
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
115商品 1-12表示
>