97商品

おすすめ順 価格順 新着順

97商品 1-12表示
  • 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 万古焼六瓢絵汲出茶碗十客 佐久間勝山 造 12,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇状態良好です。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 銘「芦葉」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「芦葉」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 SOLD OUT
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘「芦葉」にぴったりの茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 秋草図平茶碗 茜窯 岡田華渓作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 秋草図平茶碗 茜窯 岡田華渓作 33,000円(内税)
    ◇岡田華渓・・大正10年生。日本画家井上正晴に師事ののち、京都東山にあかね窯として茶陶を製作。女性らしい繊細さと、シンプルさの調和が、見る人の心をひきつける。
    ◇華渓さんらしい感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 飴釉平茶碗 初代 伊東陶山造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 飴釉平茶碗 初代 伊東陶山造  25,000円(内税)
    ◇伊東陶山(初代)・・1846年生。三代道八に師事し、朝日焼・膳所焼の復興・粟田焼の改良に尽くし、帝室技芸員に任命される。大正9年没。
    ◇高台に傷かどうか見解が分かれる箇所があります。それ以外、状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇釉薬の窯変がきれいな作品です。小振りです
    ◇明治期頃の作品。
  • 乾山意桔梗蓋置 五代 尾形周平 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 乾山意桔梗蓋置 五代 尾形周平 造 4,300円(内税)
    ◇尾形周平(五代)・・昭和2年、四代尾形周平の長男として京都にて生れる。京都陶磁試験場を経て京都市立美術大学日本画科を卒業。同52年より個展を中心に活動。主に茶陶を専門に造る。平成11年没。
    ◇爽やかな作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇40年前頃の作品。
  • 黄瀬戸平茶碗 29世 加藤唐三郎 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黄瀬戸平茶碗 29世 加藤唐三郎 造 SOLD OUT
    ◇加藤唐三郎(29世)・・家譜に初代は貞応年間の藤ノ四郎景正。昭和17年技術保存認定者の資格を得る。現在、31世。
    ◇古黄瀬戸っぽい雰囲気のする茶碗です
    ◇作品は、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇昭和初期頃だと思われる。
  • 筏流しの図「水満々」横物 軸 賛-橋本紹尚筆 画-豊史筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 筏流しの図「水満々」横物 軸 賛-橋本紹尚筆 画-豊史筆 15,000円(内税)
    ◇橋本紹尚(柳生紹尚)・・昭和37年、花園大学卒業後、大徳寺専門道場にて掛塔。小田雪窓老師に師事する。昭和40年、柳生芳徳寺(奈良市)に帰り、昭和47年住職になる。藤井誡堂老師より「紹尚」を拝名。
    ◇水満々(みずまんまん)・・水がいっぱいに満ちるようすを表現したもの。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 「竹葉々起清風」一行書  長谷川寛州 筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「竹葉々起清風」一行書  長谷川寛州 筆 SOLD OUT
    ◇長谷川寛州・・大徳寺の三玄院の前住職
    ◇竹葉々起清風(たけようようせいふうをおこす)竹がさやさやと清風を送っている様子。人の気配を取り去りいっそう端的に竹林の美しさを表現したもの。
    ◇表具にシミ・本紙は少しシミあり。基本的には状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 鼠志野平茶碗  加藤十右衛門窯 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 鼠志野平茶碗 加藤十右衛門窯  15,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜60年前頃の作品。
  • 黒三ッ印平茶碗  二代 小川長楽造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒三ッ印平茶碗 二代 小川長楽造 SOLD OUT
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年頃の作品。
  • 絵高麗梅鉢平茶碗 二代 真葛香斎 作 尋牛斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 絵高麗梅鉢平茶碗 二代 真葛香斎 作 尋牛斎書付 SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇表千家・久田宗也(尋牛斎)宗匠の書付があります。五十ノ内
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 玄々斎好写蜑小舟(あまおぶね)香合 樹芳造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 玄々斎好写蜑小舟(あまおぶね)香合 樹芳造 SOLD OUT
    ◇裏千家・玄々斎好写の香合です。蜑小舟(あまおぶね)とは、海で魚・貝などの漁をする小舟のことを指し、よく和歌などにも詠まれています。玄々斎 好のこの香合は上部の黒塗りの蓋には朱漆で「雪能花月裳清見屋田子浦」(雪の花月も清見や田子浦)と書かれています。
    ◇使用感ありますが、状態良好です。(指摘あり)
    ◇作者の詳細は、分かりません。
    ◇30年〜40年前頃の作品
97商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>