102商品

おすすめ順 価格順 新着順

102商品 1-12表示
  • 絵唐津竹蓋置 中里重利作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 絵唐津竹蓋置 中里重利作  15,000円(内税)
    ◇中里重利・・昭和5年、十二代中里太郎衛門の三男として生まれる。父に師事し、技術的な面では古唐津を基本としている。昭和51年には日展の審査をつとめ翌年から会員となる。地域文化功労者表彰他。平成27年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付 砂張釣舟花入 一ノ瀬宗辰作 鵬雲斎書付 90,000円(内税)
    ◇一ノ瀬宗辰・・高岡の四代続く金工師です。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、少し使用されてますが、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎 30,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
  • 浜松地紋真形釜 (風炉釜) 三代 角谷與斎(与斎)作 ※銀摘み 浜松地紋真形釜 (風炉釜) 三代 角谷與斎(与斎)作 ※銀摘み 95,000円(内税)
    ◇角谷與斎(与斎 三代)・・昭和13年、釜師二代角谷與斎の長男として生まれる。高校卒業後、父に師事する。昭和54年、三代與斎襲名。角谷一圭は叔父にあたる。日本経済奨励賞など受賞多数。
    ◇銀摘みで品がよいです。
    ◇きれいで、美品(ほとんど使用されてないよう)です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 富士尾垂釜 初代 畠春斎 造 富士尾垂釜 初代 畠春斎 造 SOLD OUT
    ◇初代の畠春斎さんの作品です。
    ◇恰好のよい釜です
    ◇多少、使用感ありますが、基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇昭和62年頃の作品。
  • 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 20,000円(内税)
    ◇北野宗三郎・・大阪の釜師。千家の御好み道具などを制作。書付道具も多数存在する。
    ◇銀摘みで、荒々しい肌合いの感じのよい作品です
    ◇状態良好です(指摘あり)
    ◇30~40年前頃の作品。
  • 雲龍釜(中) 高橋敬典  雲龍釜(中) 高橋敬典  SOLD OUT
    ◇山形県の人間国宝の高橋敬典(工房)の作品です。
    ◇きれいで、美品です
    ◇10~20年前頃の作品。
  • 独楽宝珠香合  二代 村瀬治兵衛 造 独楽宝珠香合  二代 村瀬治兵衛 造 35,000円(内税)
    ◇村瀬治兵衛(二代)・・昭和2年、名古屋の代々木地師の家に生まれる。県立工業学校図案科を卒業後、父・初代治兵衛に師事。昭和26年、東京に転居。昭和51年、二代治兵衛を襲名。日々庵鈴木宗保氏、立花大亀老師の薫陶を受ける
    ◇古作風で、出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 紫交趾宝珠香合・青交趾蟹蓋置 初代 矢口永寿 造 紫交趾宝珠香合・青交趾蟹蓋置 初代 矢口永寿 造 SOLD OUT
    ◇初代矢口永寿 明治3年〜 昭和27年 江沼郡山中温泉の湯宿の子として生まれる。1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯
    ◇蟹の蓋置と宝珠の香合の珍しいペア商品です。
    ◇香合の金彩はやや剥げありますが、その他は状態良好です。箱蓋裏の桟が2本紛失しております。
  • 御所丸沓碗 丸田正彦 作  御所丸沓碗 丸田正彦 作  35,000円(内税)
    ◇唐津焼の人気作家です。
    ◇勢いのある作品です。
    ◇御所丸という名前は、元々は古田織部の注文で朝鮮にて焼かれていた御本手茶碗の一種から由来しています。朝鮮との交易用の舟の名前「御所丸船」に積まれて秀吉に献上したとされる茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成6年頃の作品。(栞より)
  • 萩焼七宝透鉢 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼七宝透鉢 十二代 田原陶兵衛 造  8,000円(内税)
    ◇中と底面が黒くシミになっています。
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇七宝透かしなので、感じはよいと思います。
    ◇指摘以外は、基本的に状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 万代屋釜 佐藤清光作 ※風炉用 万代屋釜 佐藤清光作 ※風炉用 SOLD OUT
    ◇山形県の佐藤清光さんの作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
    ◇栞付
102商品 1-12表示
>