30,000円〜50,000円未満

107商品

おすすめ順 価格順 新着順

107商品 1-12表示
  • 黒茶碗 二代 小川長楽造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒茶碗 二代 小川長楽造 39,000円(内税)
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇胴部分の3分の1がバツみたいな幾何学文様で、残りは黒です。胴は9角面取です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は結構経年感・汚れあり。
    ◇50年〜70年前頃の作品。
  • 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付 SOLD OUT
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、 十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「青雲」高坏菓子器 初瀬川柳庵作 鵬雲斎 好書付 39,000円(内税)
    ◇初瀬川柳庵(はせがわりゅうあん)・・漆芸家。京都市中京区。1791年創業。本願寺の用度品を制作し、明治に入りタンスなどを製造。先代より千家と深い縁が出来、茶道具漆器を制作する。当代初瀬川柳庵は昭和23年生まれ。
    ◇鵬雲斎宗匠の御好みで、書付があります。小振りな菓子器です。
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 南鐐少庵形炉灰杓子 十代 中川浄益造 ※灰匙<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 南鐐少庵形炉灰杓子 十代 中川浄益造 ※灰匙 43,000円(内税)
    ◇十代中川浄益・・明治-昭和時代前期の金工。明治13年生まれ。千家十職。茶道具を製作し、近代の名工とされる。昭和15年、没。別号に鎚鋳軒。
    ◇南鐐(良質な銀製品)ですので、空気に触れる事により黒ずんでますが、その他は、特に問題なく状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇大正〜昭和初期頃の作品。
  • 交趾蕗の薹香合  永楽善五郎(即全)造 交趾蕗の薹香合 永楽善五郎(即全)造 30,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇中、多少汚れあり。釉薬の剥げに類するものがありますが、実際にはそれほど気になりにくいとは思います。それ以外は状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
  • 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 45,000円(内税)
    ◇宮寒雉(十三代)・・大正4年、加賀藩主の御用釜師として寛文年間より続き家に生まれる。石川県立工業学校卒業のちに十二代宮寒雉に師事する。昭和39年、十三代寒雉を襲名する。昭和58年、淡々斎茶道文化賞受賞。平成6年、没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。5の内の1です。
    ◇鉄製ですので、なんとなくの錆はありますが、その他は状態良好です。
    ◇50年前頃の作品 。
  • 「松風傳古今」横物 懐紙 藤井誡堂筆 「松風傳古今」横物 懐紙 藤井誡堂筆 SOLD OUT
    ◇藤井誡堂・・明治31年生。大徳寺塔頭三玄院に住す。大徳寺515世住持を勤める。昭和59年遷化。享年87歳
    ◇懐紙ですので、華やかで感じがよいです。
    ◇松風傳古今(しょうふうここんにつたう)・・松を吹きぬける風は、昔も今も全く変わらない。それと同じように仏の心理の教えも、太古から現在まで少しも変わることがない。
    ◇なんとなく経年感はあるかもしれませんが、基本的にキレイで状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 櫛型莨盆 粒足  五代 川端近左造 櫛型莨盆 粒足 五代 川端近左造 SOLD OUT
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇表千家の如心斎好写の莨盆です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 雲錦の絵茶碗  八代 吉向十三軒作 雲錦の絵茶碗 八代 吉向十三軒作 48,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付写玉章香合 須田祥豊造 淡々斎書付 染付写玉章香合 須田祥豊造 淡々斎書付 SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇玉章(たまずさ)香合・・形物香合相撲番付で、西三段目19位。
    ◇状態良好です。箱経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品だと思われる。
  • 孔舎衙(くさか) 青磁菓子鉢 八代 吉向十三軒作 孔舎衙(くさか) 青磁菓子鉢 八代 吉向十三軒作 SOLD OUT
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇孔舎衙(くさか)青磁・・生駒山麓の斑糲(はんれい)岩、通称生駒石を青磁釉薬として使用した青磁。孔舎衙青磁の名の由来は、生駒石の採掘及び築窯の場所が古事記、日本書紀に記されている。孔舎衙(日下、草香)地区であることから孔舎衙青磁と名付けられた。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 梅金蒔絵平棗 呉藤元幸造 後藤瑞巌書付 梅金蒔絵平棗 呉藤元幸造 後藤瑞巌書付 SOLD OUT
    ◇呉藤元幸(ごとうげんこう)・・明治41年生まれの兵庫県明石市の漆工。鵬雲斎宗匠の書付作品も見かけます。
    ◇箱は、瑞巌書付箱です。
    ◇感じのよい梅蒔絵です。
    ◇作品は状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇60〜70年前頃の作品。
107商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>