価格で探す

477商品

おすすめ順 価格順 新着順

477商品 37-48表示
  • 虎(寅)香合 初代 和田桐山 造  虎(寅)香合 初代 和田桐山 造  SOLD OUT
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇来年(令和4年)の干支の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇60年前頃の作品。
  • 銘「八千代」松竹梅三本茶杓 立花大亀書付 下削-稲尾誠中斎 銘「八千代」松竹梅三本茶杓 立花大亀書付 下削-稲尾誠中斎 SOLD OUT
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇余情残心(よじょうざんしん)・・茶事が終わり、客が帰った後に、残った茶を飲みながらその日の自らの行動を反省し、茶事終了後も客のことを考え続けるというおもてなしの心を意味する表現。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成2年頃の作品。
  • 祥瑞腰ソギ丸紋水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付  ※梔子摘み  祥瑞腰ソギ丸紋水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 ※梔子摘み  150,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成2年頃の作品。
  • 浅黄交趾蜻蛉蓋置  中村翠嵐 作 浅黄交趾蜻蛉蓋置 中村翠嵐 作 14,000円(内税)
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 25,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇関吉昭・・ガラス工芸作家。
    ◇ガラスは、関吉昭さん・竹蒔絵は吉田華正さんの作品で、出来が良いです。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 扇形高台寺文様香合 宮川香雲 造  扇形高台寺文様香合 宮川香雲 造  SOLD OUT
    ◇宮川香雲(初代)・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇40〜50年前頃の作品。
  • 紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造  紫陽花絵茶碗 山本如仙(八世乾山) 造  33,000円(内税)
    ◇山本如仙・・大正五年生。愛知県犬山市の陶芸家で、八世尾形乾山を称する。主に乾山写しの作品で、国内外から評価が高い。栞より大師号拝受。中国人間国宝。イギリス・フランス・オランダの国立美術館に作品収蔵。
    ◇如仙さんらしい感じのよい茶碗です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、汚れあり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 玄々斎好写桜皮曲炭斗 上杉満樹 造 ※炉用 玄々斎好写桜皮曲炭斗 上杉満樹 造 ※炉用 22,000円(内税)
    ◇上杉満樹(二代)・・大正5年、生まれ。昭和49年、京都府漆器工芸協同組合設立以来、理事。同50年、第2回伝統工芸技術者コンクール優秀賞受賞。同52年、京都府伝統産業優秀技術者、表彰。同56年〜60年知事賞、市長賞受賞。同59年、伝統工芸士に認定される。平成元年、京都府漆器工芸協同組合:副理事長。同2年、全国伝統工芸展:会長賞他。現在、四代目。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇平成2年以降の作品。(栞より)
  • 染付寿桃鉢 五代 三浦竹泉作  染付寿桃鉢 五代 三浦竹泉作  48,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(五代)・・昭和9年、京都生。父・四代竹泉に師事し、昭和47年に五代竹泉を継承する。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 鵜双籠炭斗 粟田元竺 作 ※炉用 鵜双籠炭斗 粟田元竺 作 ※炉用 SOLD OUT
    ◇京都の何代も続く竹芸師・粟田元竺さんの作品です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 彫三嶋茶碗 須田祥豊造  彫三嶋茶碗 須田祥豊造  SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇割と出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品
  • 仁清写秋草文細水指  橋本紫雲 (二代城岳)作  仁清写秋草文細水指 橋本紫雲 (二代城岳)作  SOLD OUT
    ◇橋本紫雲(二代城岳)・・昭和15年、京都生。昭和39年、同志社大学卒業後、川島織物入社。織物に関しての美術研究をする。同44年、家業の陶芸の道に入り、父城岳に師事する。 平成15年 初代城岳没後、二代城岳を継承。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇30〜40年前頃の作品です。
477商品 37-48表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>