20,000円〜25,000円未満

54商品

おすすめ順 価格順 新着順

54商品 1-12表示
  • 「閑坐聴松風」一行書 軸  小林太玄筆 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「閑坐聴松風」一行書 軸 小林太玄筆  SOLD OUT
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)・・一切の雑念を捨てて、心静かに座りただ松風の音を聴く。心が急いでいれば気付かぬことが多い。静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてくる。
    ◇太玄和尚らしい力強い字です。
    ◇きれいで美品です。(指摘あり)
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 丹波飾壷 初代 市野信水 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 丹波飾壷 初代 市野信水 造 20,000円(内税)
    ◇市野信水(初代)・・昭和7年、兵庫県多紀郡生まれ。昭和33年、姫路市展、丹波焼陶芸展、兵庫県展入選入賞。昭和43年に穴窯・登り窯を築窯。50年、日本伝統工芸展初入選。日本芸術奨励賞ほか受賞。大阪高島屋、日本橋三越で個展。現在、二代目。
    ◇作品は、きれい状態良好です。ほとんど使われていないようです。
    ◇20年~30年の作品。
  • 「松無古今色」一行書 軸  小林太玄筆 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「松無古今色」一行書 軸 小林太玄筆  20,000円(内税)
    ◇小林 太玄・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇松無古今色 竹有上下節(まつに ここんの いろなく たけに じょうげの ふしあり)・・松は四季を通じ常に青々と変わることがない。竹も常緑樹ではあるが はっきりと上下の節がある。松の句は平等を 竹の句は差別の側面をあらわし それは表裏一体で真実の姿である。
    ◇太玄和尚らしい力強い字です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 萩焼水指 吉田萩苑 作 萩焼水指 吉田萩苑 作 SOLD OUT
    ◇吉田萩苑(しゅうえん)・・昭和15年、萩市生まれ。十五才より十代三輪休雪に入門し修行。のち天鵬山窯の開設に際し招かれ技術指導。昭和43年萩市玉江に玉隆窯を開設。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 網文富士形釜 増山馨鉄 造  ※炉釜 網文富士形釜 増山馨鉄 造 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇増山馨鉄・・大正11年生。慶長時代の高岡・鋳造師7人衆の末流で、釜師大国藤兵衛に師事する。文展商工展入選他。
    ◇使用回数少なめ、基本的にはきれいで状態良好です。釜鐶付(使用スレあり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 橋本陶正山 薩摩結香合 橋本陶正山 薩摩結香合 SOLD OUT
    ◇橋本 陶正山(二代)・・昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和21年、東京小田急百貨店、大分トキワにて個展。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。平成元年、大丸心斎橋店にて個展他 。
    ◇華やかな作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 20,000円(内税)
    ◇北野宗三郎・・大阪の釜師。千家の御好み道具などを制作。書付道具も多数存在する。
    ◇銀摘みで、荒々しい肌合いの感じのよい作品です
    ◇状態良好です(指摘あり)
    ◇30~40年前頃の作品。
  • 古丹波写耳付水指 須田祥豊造  古丹波写耳付水指 須田祥豊造  20,000円(内税)
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇蓋に剥げがあり、誤魔化しておきました。そんなには気にならないと思います。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 一閑塗櫛形莨盆 二代 鈴木表朔 造 一閑塗櫛形莨盆 二代 鈴木表朔 造 23,000円(内税)
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱の蓋裏の桟が一本無くなってます。
    ◇40年前頃の作品。
  • 高取焼飾茶壷 十三代 高取八仙 作 高取焼飾茶壷 十三代 高取八仙 作 SOLD OUT
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇作品は、使用回数少なめで、基本的にはきれいな方です。
    ◇20年~30年の作品。
  • 雲龍釜(中) 高橋敬典  雲龍釜(中) 高橋敬典  SOLD OUT
    ◇山形県の人間国宝の高橋敬典(工房)の作品です。
    ◇きれいで、美品です
    ◇10~20年前頃の作品。
  • 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 23,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(三代)・・明治33年京都生まれ。初代竹泉の三男。京都美術工芸学校を卒業後、父に陶業を学ぶ。長兄の二代竹泉が早逝するにおよんで、大正10年、三代竹泉を襲名。昭和9年、四代襲名とともに分家独立し、竹軒と改号する。昭和17年、第1回技術保持者に認定される。独自の境地を開き、特に仁清・乾山風を好み、また新時代の感覚を作品の形態・釉薬に表現する。昭和36年、フランス交歓陶芸展にて入選。平成2年、歿、90歳
    ◇状態良好です。共箱-多少難あり
    ◇大正10年~昭和9年の作品。
54商品 1-12表示
>