価格で探す

513商品

おすすめ順 価格順 新着順

513商品 61-72表示
  • 乾山写秋草に雁文細水指  橋本永豊作  乾山写秋草に雁文細水指 橋本永豊作  SOLD OUT
    ◇京焼の橋本永豊さん作品です。現在、二代目ですが、代は分かりません。
    ◇割と感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30〜40年前頃の作品です。
  • 赤茶碗  八代 吉向十三軒作 鵬雲斎書付 赤茶碗 八代 吉向十三軒作 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、ややシミ等あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 生きる愛  ブロンズ虎(寅)置物 中村晋也 ※文化勲章 生きる愛 ブロンズ虎(寅)置物 中村晋也 ※文化勲章 30,000円(内税)
    ◇中村 晋也(なかむらしんや)・・彫刻家。大正15年、三重県に生まれ。昭和41年、フランス留学2回、アペル・フェノサに師事。昭63年、日本芸術院賞を受賞。平成4年、鹿児島大学名誉教授。同14年、文化功労者として顕彰。平成19年、文化勲章を受章。同20年、筑波大学より名誉博士他。
    ◇寅は、来年(令和4年)の干支です。感じのよい作品です。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。
    24年か36年前頃の作品。
  • 銘「みのり」茶杓  上田義山書付  下削-竹玄 銘「みのり」茶杓 上田義山書付 下削-竹玄 7,000円(内税)
    ◇上田義山・・明治24年生。足利紫山に参禅する。大徳寺510世を襲ぐ。塔頭高桐院に住す。昭和47年遷化。81歳。
    ◇共筒にシミ・箱経年感あり。その他は状態良好です。
    ◇60年前頃の作品
  • 虎(寅)香合 初代 和田桐山 造  虎(寅)香合 初代 和田桐山 造  SOLD OUT
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇来年(令和4年)の干支の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇60年前頃の作品。
  • 銘「龍田姫」茶杓  足立泰道書付  銘「龍田姫」茶杓 足立泰道書付  SOLD OUT
    ◇足立泰道・・昭和12年、生まれ。臨済宗大徳寺派、瑞龍山 雲澤禅寺(兵庫県)住職。
    ◇龍田姫・・春をつかさどる佐保姫に対して、秋をつかさどるのは龍田姫である。平城京の西にある龍田山を秋の女神にたとえたもの。「龍田姫たむくる神のあればこそ秋の木の葉の幣と散るらめ」(兼覧王)と古今集に詠まれたように、紅葉にかかわる女神でもある。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇10年前頃の作品
  • 銘「丹頂」竹尺八花入  黒田宗傳作  堀内宗完(兼中斎)書付 銘「丹頂」竹尺八花入 黒田宗傳作 堀内宗完(兼中斎)書付 SOLD OUT
    ◇黒田宗傳(三代)・・初代宗傳は、十代黒田正玄の次男として生まれる。万国博覧等に出品し主なる賞を受賞。三代は、二代宗傳の長男として生まれ、昭和37年後藤瑞巖老大使の勧めにより三代宗傳を襲名する。昭和42年、建仁寺管長竹田益州大使より弄竹軒の軒号を贈られる。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇乙巳(昭和40年)春会始め、くじ当りの作品です。
    ◇口内に軽い欠けがありますが、それ以外状態良好です。
  • 備前焼「寅」字盃 二枚  藤原和 作  備前焼「寅」字盃 二枚 藤原和 作  3,500円(内税)
    ◇藤原和・・昭和33年、藤原雄の長男として備前に生まれる。昭和55年、父に師事する。平成2年、岡山天満屋にて個展。平成5年、田部美術館茶の湯の造形展入選他。
    ◇来年(令和4年)の干支の盃です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇24年か36年前頃の作品。
  • 毘沙門(寅年)香合  三武信家作  毘沙門(寅年)香合 三武信家作  SOLD OUT
    ◇三武信家・・栃木県芳賀郡市貝町在住。昭和25年、神奈川県に生まれ。同55年、益子町で制作開始。平成2年、市貝町に築窯。細工ものを得意としている。
    ◇来年(令和4年)の干支の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇24年前頃の作品。
  • 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 清水公照箱書・絵付  「澗下水潺々」菓子鉢 八代 吉向十三軒作 43,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇「澗下水潺々」は、公照さんの造語であると思われます。(これに近い禅語があるのですが・・)澗下(かんか):谷川の下+水潺々(みずせんせん):水がサラサラ流れる様子。で、絶えず変化して止まらぬ無常の姿を水に例えたもの。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
  • 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作 SOLD OUT
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年の作品。
  • 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 250,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
513商品 61-72表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>