管長・塔頭 書付

17商品

おすすめ順 価格順 新着順

17商品 1-12表示
  • 兜画「丈夫意気高五月天」軸 賛-福本積應筆 画-竹林筆<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons6.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 兜画「丈夫意気高五月天」軸 賛-福本積應筆 画-竹林筆 SOLD OUT
    ◇福本積應(せきおう)・・昭和5年、京都生。同15年、大徳寺養徳院の完應和尚に得度。大徳寺歓渓和尚の弟子となる。昭和34年、招春寺の住職を任せられる。昭和58年宝林寺第17世住職を命ぜられる。
    ◇兜の横が表具の糊により黄色っぽくなっています。その他はきれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 大亀老師直筆 招福釜 一ノ瀬宗辰作 立花大亀書付 ※風炉釜・銀摘み 大亀老師直筆 招福釜 一ノ瀬宗辰作 立花大亀書付 ※風炉釜・銀摘み SOLD OUT
    ◇高岡の四代一ノ瀬宗辰さんの作品です。
    ◇立花大亀和尚の「招福」銘入の白寿記念の釜です。銀摘みで感じがよいです。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成11年頃の作品。
  • 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 45,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇方谷 浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
    ◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 信楽耳付水指 四代 高橋楽斎作 清水公照書付 信楽耳付水指 四代 高橋楽斎作 清水公照書付 SOLD OUT
    ◇高橋楽斎(四代)・・大正14年生。信楽近代の名工の三代高橋楽斎に師事し、昭和51年四代を襲名。茶陶や食器を製作する一方で、ロスアンゼルスで個展を開くなど、幅広く活動。
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和53年頃の作品。(栞より)
  • 四季草花蒔絵中棗 新谷漆峰作 小林太玄書付 四季草花蒔絵中棗 新谷漆峰作 小林太玄書付 SOLD OUT
    ◇新谷漆峰・・加賀蒔絵師。昭和5年、石川県大聖寺町生れ。蒔絵師・中村政吉に師事、後、中川友助に師事する。現在、茶道具の棗、香合を製作し研鑽中。
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 仁清写橋柳茶碗  初代 宮川香雲造  小田雪窓書付 仁清写橋柳茶碗 初代 宮川香雲造 小田雪窓書付 39,000円(内税)
    ◇初代宮川香雲・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇春らしい茶碗です
    ◇多少、使用感ありますが、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付 SOLD OUT
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇方谷浩明和尚の書付があります。
    ◇出来のよい作品です
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 SOLD OUT
    大亀書付箱・無傷
    胴径14.5cm×高8.1cm
    ◇大亀書付箱です。
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
    ◇松涛・・松風の音を波の音にたとえて言う言葉。
  • 銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  28,000円(内税)
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇白露(はくろ)・・白く光って見える露。しらつゆ。8月の下旬から9月の下旬頃の初秋。
    ◇感じのよい茶杓です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品です。
  • 小林太玄筆 「青山緑水」一行書 軸  共箱・秩付・紙本・軸先-塗り 小林太玄筆 「青山緑水」一行書 軸 共箱・秩付・紙本・軸先-塗り SOLD OUT
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。◇青山緑水(せいざんりょくすい)・・青い山、緑の水。雄大な自然の情景◇基本的にはきれいで状態良好です。◇20年前頃の作品
  • 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 38,000円(内税)
    共箱・共袋・栞・外紙箱付
    横26.2cm×奥行17.3cm×高10.2cm
    ◇大徳寺 大慈院の古材を以って作られた莨盆です。
    ◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。
    ◇戸田実山・・昭和58年、大慈院住職に就任。大徳寺塔頭。
  • 銘「瑞雲」茶杓 竹田益州書付 銘「瑞雲」茶杓 竹田益州書付 15,000円(内税)
    共箱・共筒
    茶杓-長18.4cm
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
17商品 1-12表示
>