管長・塔頭 書付

23商品

おすすめ順 価格順 新着順

23商品 1-12表示
  • 小田雪窓筆「寂」文字茶碗 宮川香雲造 柴山全慶識箱 小田雪窓筆「寂」文字茶碗 宮川香雲造 柴山全慶識箱 28,000円(内税)
    全慶識箱・無傷
    胴径12cm×高7.3cm
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇南禅寺の柴山全慶の識箱です。
    ◇状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷
銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷 28,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.8cm×高7.3cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「西江水」青磁平水指 手塚祥堂作 立花大亀書付 銘「西江水」青磁平水指 手塚祥堂作 立花大亀書付 35,000円(内税)
    共箱・無傷
    最大径28.2cm×高12.4cm(蓋閉じ時)
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇西江水・・揚子江の水です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇重さは、見た目より重いです。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 「瀧」一行書 西垣大道筆  「瀧」一行書 西垣大道筆  15,000円(内税)
    共箱・秩付・紙本・軸先-塗
    高166cm×幅35.8cm(軸先含)
    ◇西垣大道・・・昭和17年兵庫県生まれ。同24年西垣宗興について得度大徳僧堂、のち相国宗堂に掛塔。同51年仏教大学大学院修士課程終了。同53年兵庫県の大徳寺派萬年山極楽禅寺住職に就任。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 「和敬」茶杓 河野太通 書付 「和敬」茶杓 河野太通 書付 SOLD OUT
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.9cm
    ◇河野太通(こうのたいつう)・・昭和5年、大分県出身。昭和23年、大分県中津市・臨済宗妙心寺派松巌寺で出家得度。昭和28年、臨済宗妙心寺派祥福僧堂に掛塔。昭和52年〜平成16年まで祥福寺僧堂師家。平成6年〜平成13年まで花園大学学長。現在、兵庫県姫路市の龍門寺住職。アジアの友を支援する「RACK」代表。平成22年、臨済宗妙心寺派管長、全日本仏教会会長に就任。著書に『祥福寺僧堂』『床の間の禅語』『続・床の間の禅語』『豊かな心を生きる』など。
  • 銘「瑞雲」茶杓 竹田益州書付 銘「瑞雲」茶杓 竹田益州書付 15,000円(内税)
    共箱・共筒
    茶杓-長18.4cm
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 38,000円(内税)
    共箱・共袋・栞・外紙箱付
    横26.2cm×奥行17.3cm×高10.2cm
    ◇大徳寺 大慈院の古材を以って作られた莨盆です。
    ◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。
    ◇戸田実山・・昭和58年、大慈院住職に就任。大徳寺塔頭。
  • 銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  28,000円(内税)
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇白露(はくろ)・・白く光って見える露。しらつゆ。8月の下旬から9月の下旬頃の初秋。
    ◇感じのよい茶杓です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品です。
  • 仁清写橋柳茶碗  初代 宮川香雲造  小田雪窓書付 仁清写橋柳茶碗 初代 宮川香雲造 小田雪窓書付 39,000円(内税)
    ◇初代宮川香雲・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇春らしい茶碗です
    ◇多少、使用感ありますが、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 45,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇方谷 浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
    ◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 清水公照自筆・書付「且坐」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 清水公照自筆・書付「且坐」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 48,000円(内税)
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇且坐(しゃざ)・・「且」は「まぁまぁ」とか、「さて」とかの呼びかけの語で、師匠が弟子を落ちつかせるために、あるいは弟子が師匠に真理について問いかける時などに使用される。
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。
  • 「雲一刷半天」一行書 清水公照筆 「雲一刷半天」一行書 清水公照筆 SOLD OUT
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇割とシミがあります。なんとなくの折れあります。
    ◇雰囲気のよい雲の字です。
    ◇40年前頃の作品。
23商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>