価格で探す

513商品

おすすめ順 価格順 新着順

513商品 49-60表示
  • 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 SOLD OUT
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇干支でつくられた作品だと思いますが、リアルに描かれた、あまり見ない図柄の作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 備前茶入 藤原雄 造 備前茶入 藤原雄 造 SOLD OUT
    ◇藤原雄・・昭和7年、岡山県生。人間国宝の父・藤原啓のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ、伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8 年、備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年、没。享年69才。明治大卒。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 近江八景図手桶替茶器  手塚祥堂 作 近江八景図手桶替茶器 手塚祥堂 作 SOLD OUT
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 黒柿宝尽絵砂金袋香合 清水晃樹作 黒柿宝尽絵砂金袋香合 清水晃樹作 SOLD OUT
    ◇清水晃樹・・人間国宝の故・氷見晃堂氏宅に住み込み弟子として十数年修業。その後、主に国宝・重要美術品等の修復を手掛けて今日に至る。金沢住。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇指摘ありますが、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 白塗鷺蒔絵大棗 吉田華正 作  白塗鷺蒔絵大棗 吉田華正 作  SOLD OUT
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 大樋釉魚紋銘々皿五枚 大樋年朗(十代長左衛門)作  大樋釉魚紋銘々皿五枚 大樋年朗(十代長左衛門)作  SOLD OUT
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇魚紋の感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 紫帛紗 土田友湖作 ※袱紗 紫帛紗 土田友湖作 ※袱紗 SOLD OUT
    ◇千家十職の十二代・土田友湖さん(昭和40年襲名)の作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。<
  • 御所籠セット 和田菁竺 作 御所籠セット 和田菁竺 作 SOLD OUT
    ◇和田菁竺(しょうじく)・・昭和7年生まれ。昭和26年浜田隣松に師事、2代目隣松を襲名した。日展入選、現工展入選、親工芸展入選、愛媛県展会員賞受賞。現在は愛媛美術会評議員、竹人会同人審査員を務める。
    ◇きれいで、美品です。(茶筅に指摘あり)
    ◇消耗品の茶巾以外は、すべて揃っています。
    ◇茶碗は、川崎和楽とやや古めと思われる三嶋茶碗は後に付けられた物でしょう。
    ◇20年前頃の作品。
  • 青織部茶碗 加藤十右衛門 造  青織部茶碗 加藤十右衛門 造  SOLD OUT
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜60年前頃の作品。
  • 「雲一刷半天」一行書 清水公照筆 「雲一刷半天」一行書 清水公照筆 SOLD OUT
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇割とシミがあります。なんとなくの折れあります。
    ◇雰囲気のよい雲の字です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 瀬戸釉茶碗 初代 大仲翠月 造 瀬戸釉茶碗 初代 大仲翠月 造 SOLD OUT
    ◇大仲翠月(おおなか すいげつ)・・陶器の蒔絵漆装を確立した人物。 明治26年、京都嵯峨に生まれる。京都美術工芸学校教授・富田幸に師事。陶漆綜合の創造に精心を傾倒する。昭和10年、帝室技芸員の香取秀真により陶と漆は宝となったと絶賛の上「宝漆陶」の名を頂戴する。30年余り研鑽を積み・・
    ◇大仲翠月としては、珍しい作品です。
    ◇やや小振りで見た目より重めです。
    ◇状態良好です。
    ◇50〜80年前頃の作品。
513商品 49-60表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>