価格で探す

468商品

おすすめ順 価格順 新着順

468商品 121-132表示
  • 而妙斎好写独楽透つくね蓋置 名越清忠 作 而妙斎好写独楽透つくね蓋置 名越清忠 作 10,000円(内税)
    共箱・共裂・銅製
    胴径5.2cm×高5.2cm
    ◇表千家・而妙斎の好写の作品です。
    ◇作者の詳細は分かりませんが、出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 干支白龍香合 政所窯 後藤紹道 作 干支白龍香合 政所窯 後藤紹道 作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    横8.3cm×縦8.3cm×高8.7cm
    ◇後藤紹道(陶名:永興紹道)・・・京都の東山区の圓徳永興院住職。政所窯は、高台寺・円徳院のお庭焼として先代住職後藤明道が開窯し、30年余楽焼・織部などを焼いた。平成六年に政所窯主となる。
    ◇大きさは、大きめです。
    ◇金箔は、所々ハゲています。その他は状態良好です。
    ◇近年の作品。
  • 赤絵菓子鉢 二代 叶松谷造 赤絵菓子鉢 二代 叶松谷造 10,000円(内税)
    共箱・共裂
    胴径19.4cm×高9.9cm
    ◇花の緑の上絵付け部分2箇所が剥げていますが(写真4枚目)、目立ちにくいとは思います。それ以外は状態良好です。
    ◇叶松谷(二代)・・昭和二年、京都生。初代・松谷と叔父・叶光夫に師事。昭和56年、伝統工芸士に認定。昭和62年、京都府伝統産業優秀技能者賞受賞。平成十年没。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 色絵彩鉢 番浦史郎 造 色絵彩鉢 番浦史郎 造 10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径20.8cm×高9.1cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇きれいで、未使用品だと思います。
    ◇平成2年頃の作品(栞より)。
  • 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 10,000円(内税)
    共箱・木製・紙外箱付
    胴径6.5cm×高8.1cm
    ◇吉田一峰・・昭和29年、福井県鯖江市生まれ。同43年、荒井正春より蒔絵技術の指導を受け、兄弟子箕輪一星とともに棗専門に勉強す。同51年、独立。
    ◇裏千家・玄々斎好写の棗です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 高取建水 十二代 高取八山作  高取建水 十二代 高取八山作  10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径13.8cm×高9.5cm
    ◇高取八山(12代)・・昭和4年、筑前黒田藩の御用窯として慶長五年(1600)にはじまる高取宗家に生まれる。母・十一代静山に師事し、同53年、十二代八山を襲名。日本伝統工芸展入選。西部工芸展入選他。現在、十三代目(平成12年、襲名)。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 銘「四季の友」茶杓 長谷川寛州書付 銘「四季の友」茶杓 長谷川寛州書付 10,000円(内税)
    共箱・共筒
    長さ-18.6cm
    ◇長谷川寛州・・大徳寺の三玄院の前住職
    ◇太さのあるしっかりした茶杓です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 鉄刀木七宝透し莨入 昇斉作  鉄刀木七宝透し莨入 昇斉作  10,000円(内税)
    共箱・鉄刀木・黄裂付
    横・奥行5.3cm×高10cm
    ◇鉄刀木で七宝透かしが感じよいです。
    ◇作者の詳細は分かりませんが、鉄刀木の作品を時々見かけます。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 絵唐津茶碗  市女笠 十三代  太郎右衛門窯 絵唐津茶碗 市女笠 十三代 太郎右衛門窯 10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径12.5cm×高7.5cm
    ◇十三代・中里太郎右衛門の工房作品です。
    ◇市女笠(平安時代中期以降、公家の女性の外出用の中央に高く突起を作った笠)図で、あまり見かけない図柄です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 10,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径14.5cm×8.5cm
    ◇井高即山(そくざん)・・昭和2年、東京都目黒区生。父の初代井高帰山に師事。昭和18年、帰山窯が工業技術指定を受ける。のち、陶燿会を結成。昭和54年、二代帰山を襲名。ユネスコ美術展・伝統工芸新作展の実行委員もつとめた。
    ◇茶碗の中に窯ヒありますが、あまり気にならないと程度だと思います。箱は汚れ等あり。その他は、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品だと思います。
  • 絵唐津(笹)茶碗 十三代 太郎右衛門窯  絵唐津(笹)茶碗 十三代 太郎右衛門窯  10,000円(内税)
    共箱・無傷・黄裂・栞付
    胴径13.6cm×高7.4cm
    ◇十三代・中里太郎右衛門の工房作品です。
    ◇きれいで、未使用品(?)です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.9cm×高7.9cm
    ◇八幡宗豊(やはたそうほう)・・表千家・即中斎宗匠の高弟。表千家理事。大阪で即友会を主宰していた。
    ◇八幡宗豊宗匠が翠文字と松葉・松美の画を書いた茶碗です。
    ◇二代・藤本陶津(とうしん)・・大正3年、初代の長男として広島県に生まれる。初代に師事。広島文化賞・文部大臣賞・光風会名誉会員となる。理事二期勤める。平成21年、没。現在、三代目。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
468商品 121-132表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>