購入数


   
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・無傷・共裂付
胴径12.7cm×高7.7cm
◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
◇よく描かれた感じのよい作品です。状態良好です。共箱は、ややシミ・経年感あり。
◇50年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】よく描かれています。 銀彩は黒ずんでます。
【4枚目】中-状態良好です。 赤矢印-前の図柄が反射しているだけです。
【7枚目】真葛印
【8枚目】共箱-ややシミ・経年感あり。 共裂付 正面-黒釉扇面茶碗 箱底面-香斎
【最後から2枚目】箱蓋裏-真葛造 扇面絵茶碗 今日 鵬雲斎花押
鵬雲斎・・・大正12年、京都府生まれ。同志社大学卒業後、ハワイ大学修学、韓国・中央大學校大学院博士課程修了。昭和24年、大徳寺管長後藤瑞巌老師のもとで修業得度、斎号『鵬雲斎』安名『玄秀宗興』を受け若宗匠となる。昭和39年10月、裏千家第15代家元となり今日庵庵主として宗室を襲名。平成14年12月、嫡男千宗之に家元を譲座し、汎叟千 玄室大宗匠。(哲学博士、文学博士)
>