京都府

188商品

おすすめ順 価格順 新着順

188商品 1-12表示
  • 曲替茶器 三代 三木表悦作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 曲替茶器 三代 三木表悦作 12,000円(内税)
    ◇三木表悦(三代)・・昭和11年、二代目三木表悦の長男として京都に生まれる。父に師事する。平成2年、三代目表悦を襲名。伝統的な京塗に漆絵、琳派調の蒔絵をほどこし、雅味のある作品を製作。
    ◇小振りな替茶器です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 朝日焼 釣鐘形香合  十五代 松林豊斎造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 朝日焼 釣鐘形香合 十五代 松林豊斎造 SOLD OUT
    ◇松林豊斎(十五代)・・昭和25年、十四代豊斎の長男して生まれる。武蔵野美大卒。父豊斎に師事。平成7年、十五代豊斎襲名。平成27年、没。
    ◇十二月に如何でしょうか。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇平成10年頃の作品。(栞より)
  • 祥瑞写蜜柑水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 祥瑞写蜜柑水指 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 170,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 兜形釜 三代 高木治良兵衛造 兜形釜 三代 高木治良兵衛造 50,000円(内税)
    ◇高木治良兵衛(三代)・・明治14年、二代治良兵衛の長男として生まれる。名を治三郎、一道と号す。三代高木治良兵衛を継承。昭和四年頃から大徳寺はじめ多くの寺院用の釜・鉄瓶などを制作する。昭和十年以降は茶道各流の好みの風炉・釜・皆具などもつくる。昭和32年、没。
    ◇よい感じの作品です
    ◇状態良好です(指摘あり)・箱、経年感等あり。
    ◇70年〜90年頃の作品。
  • 古清水意 南天水指 三代 叶松谷作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 古清水意 南天水指 三代 叶松谷作  25,000円(内税)
    ◇叶松谷(三代)・・昭和23年、二代松谷の長男として生まれる。六代清水六兵衛に師事。昭和49年、フランスのバロリス国際陶芸展グランプリ名誉大賞受賞。平成12年、三代叶松谷を継承。平成26年、京都市立芸術大学退任記念展。平成27年、京都府文化賞功労賞他
    ◇古清水意で淡い南天絵が、感じよいです。
    ◇小倉玉屋(北九州市)の三代叶松谷襲名記念展で買われたようです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇平成13年頃の作品です。
  • 色絵竹四季草花の画茶碗  清閑寺窯 四代 杉田祥平造 ※大判印<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 色絵竹四季草花の画茶碗 清閑寺窯 四代 杉田祥平造 ※大判印 SOLD OUT
    ◇杉田祥平(四代)・・昭和17年、京都生まれ。楽家・十四代覚入に陶芸を学ぶ。清閑寺窯丸印を鵬雲斎宗匠及び覚入より拝領する。平成12年、四代目・杉田祥平を継承する。現在、五代目。
    ◇大判印ですので、特別作や本人作です。
    ◇よく描かれた、出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。共箱は、ややシミあり。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「長寿の友」茶杓 後藤瑞巌書付 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons9.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「長寿の友」茶杓 後藤瑞巌書付  33,000円(内税)
    ◇後藤瑞巌(ごとうずいがん)・・明治12年大垣に生まれる。僧名、瑞巌宗碩。蔭凉軒と号す。荒尾の円成寺全識について得度。東京帝国大学在学中、釈宗活に参じ、大正3年、宗活の印記を受けて朝鮮に渡り、京城妙心寺別院を創立し住職となる。昭和4年、円成寺住職、同6年、妙心寺山内東海庵住職、昭和9年、臨済宗大学学長に就任。昭和21年、妙心寺六百十五世管長、さらに同22年から26年まで大徳寺五百三世管長を歴任。大珠院に隠棲。昭和40年遷化。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • 「壷中日月長」一行書  山岸久祐筆 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「壷中日月長」一行書 山岸久祐筆  15,000円(内税)
    ◇山岸久祐(やまぎしきゅうゆう)・・大徳寺の総見院住職。総長。令和元年、遷化。
    ◇総見院・・大徳寺境内北西に、塔頭の総見院(そうけんいん)がある。安土・桃山時代、1582年の本能寺の変後に、織田信長、織田家の菩提寺になった。臨済宗大徳寺派。
    ◇感じのよい字です。
    ◇指摘ありますが、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 朝日焼燔師粉引茶碗 十四代 松林豊斎 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 朝日焼燔師粉引茶碗 十四代 松林豊斎 造 SOLD OUT
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十七代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年~70年前頃の作品。
  • 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 刷毛三島茶碗 四代 三浦竹泉造 30,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇割と感じのよい作品です。
    ◇作品は、キレイで状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 乾山写秋草に雁文細水指  橋本永豊作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 乾山写秋草に雁文細水指 橋本永豊作  SOLD OUT
    ◇京焼の橋本永豊さん作品です。現在、二代目ですが、代は分かりません。
    ◇割と感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30〜40年前頃の作品です。
  • 銘「丹頂」竹尺八花入  黒田宗傳作  堀内宗完(兼中斎)書付 銘「丹頂」竹尺八花入 黒田宗傳作 堀内宗完(兼中斎)書付 SOLD OUT
    ◇黒田宗傳(三代)・・初代宗傳は、十代黒田正玄の次男として生まれる。万国博覧等に出品し主なる賞を受賞。三代は、二代宗傳の長男として生まれ、昭和37年後藤瑞巖老大使の勧めにより三代宗傳を襲名する。昭和42年、建仁寺管長竹田益州大使より弄竹軒の軒号を贈られる。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇乙巳(昭和40年)春会始め、くじ当りの作品です。
    ◇口内に軽い欠けがありますが、それ以外状態良好です。
188商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>