無季

267商品

おすすめ順 価格順 新着順

267商品 85-96表示
  • 鈴虫蒔絵平棗 内銀地 川瀬表完・蒔絵-鈴谷鉄五郎   竹田益州書付 鈴虫蒔絵平棗 内銀地 川瀬表完・蒔絵-鈴谷鉄五郎  竹田益州書付 SOLD OUT
    ◇作者は、京塗の二代川瀬表完の兄の方だと思われます。蒔絵は、輪島の鈴谷鉄五郎。
    ◇川瀬表完(二代)・・昭和8年、京都生。父・初代表完に師事。木村表斎を派祖とする表派の作風・技法を継承。京漆伝統工芸士会会長。平成7年、没。現在、東山表完は三代目。
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇感じのよい作品です。花押がやや縮れてる感じあり。
  • 輪島塗湯桶・湯の子掬い 茶平一斎造  輪島塗湯桶・湯の子掬い 茶平一斎造  SOLD OUT
    ◇初代・茶平一斎(ちゃひらいっさい)・・大正10年、輪島生。指物師丸井定吉に塗を板倉昌太郎に師事する。昭和22年、茶の湯道具専門の塗師となり、同40年号を茶平一斎とする。現在、二代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 大亀老師亀の絵大棗 稲尾誠中斎作 立花大亀書付 大亀老師亀の絵大棗 稲尾誠中斎作 立花大亀書付 SOLD OUT
    ◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 染金襴唐子皆具 手塚景雲 作 染金襴唐子皆具 手塚景雲 作 18,000円(内税)
    ◇手塚景雲・・京都の手塚充(石雲)の窯作。
    ◇華やかな作品です。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 膳所焼玉柏手茶入 陽炎園 造  膳所焼玉柏手茶入 陽炎園 造  SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇作品は出来がよいです。
    ◇蓋裏の金紙にやや使用感あり。仕覆は、経年感・使用感あり。共箱は、経年感あり。
    ◇40年前頃の作品。
  • 乾山宇治十帖数茶碗十客 宋絢(水出勝)作  乾山宇治十帖数茶碗十客 宋絢(水出勝)作  SOLD OUT
    ◇宋絢(水出勝)・・昭和23年、京都生まれ。同44年、叔父加藤永峰で作陶の修行。同52年、京都山科に開窯。同53年、京都工芸美術選抜展入選。同54年、東大寺清水公照師と合作展。同55年、洛北花背に登り窯築く。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
    ◇宇治十帖(うじじゅうじょう)は、『源氏物語』の最末尾にあたる第3部のうち後半の橋姫から夢浮橋までの十帖をいう。
  • 黄瀬戸掛花入 加藤芳右衛門 造  黄瀬戸掛花入 加藤芳右衛門 造  12,000円(内税)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用)です。
    ◇金具のないタイプの掛花入です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 紅毛手桶替茶器  手塚祥堂 作 紅毛手桶替茶器 手塚祥堂 作 SOLD OUT
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 30,000円(内税)
    ◇横井米禽(べいきん)・・本業(古美術商)の傍ら作陶にいそしみ、研究・研鑽を重ね、大正13年には東雲焼窯を譲り受けて作陶に励んだ。 朝鮮系のものから伊賀などの和物に安南まで幅広く手がけ、なりよりどれも実にお茶に適っているので茶席で取り合わせるに重宝し、現在でも人気が高い。茶陶のすべてを手がけ、専門の陶工顔負けの名作を残した。昭和16年没。享年56歳。
    ◇出来のよい作品です
    ◇状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品。
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 SOLD OUT
    ◇三国丹祐・・京都にて、二代竹泉に師事し、大正〜昭和期に活躍する。
    ◇銀彩は、黒ずんでおり渋いです。このままで良いと思いますが、もし、銀彩を復活させたいのでしたら、液体の銀磨きで磨くと効果がある可能性はあります。
    ◇状態良好です。
    ◇大きさは、小振りです。
  • 膳所焼赤絵安南写水指  陽炎園 造  膳所焼赤絵安南写水指 陽炎園 造  SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇明るい雰囲気の作品です。
    ◇状態良好です
    ◇20年〜30年前頃の作品。
267商品 85-96表示
>