無季

235商品

おすすめ順 価格順 新着順

235商品 109-120表示
  • 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 30,000円(内税)
    ◇横井米禽(べいきん)・・本業(古美術商)の傍ら作陶にいそしみ、研究・研鑽を重ね、大正13年には東雲焼窯を譲り受けて作陶に励んだ。 朝鮮系のものから伊賀などの和物に安南まで幅広く手がけ、なりよりどれも実にお茶に適っているので茶席で取り合わせるに重宝し、現在でも人気が高い。茶陶のすべてを手がけ、専門の陶工顔負けの名作を残した。昭和16年没。享年56歳。
    ◇出来のよい作品です
    ◇状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品。
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 御所丸沓碗 丸田正彦 作  御所丸沓碗 丸田正彦 作  35,000円(内税)
    ◇唐津焼の人気作家です。
    ◇勢いのある作品です。
    ◇御所丸という名前は、元々は古田織部の注文で朝鮮にて焼かれていた御本手茶碗の一種から由来しています。朝鮮との交易用の舟の名前「御所丸船」に積まれて秀吉に献上したとされる茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成6年頃の作品。(栞より)
  • 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 造 13,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇作品は出来がよいです。
    ◇蓋裏の金紙にやや使用感あり。仕覆は、経年感・使用感あり。仕覆の名前は、分かりません。共箱は、経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 萩焼下蕪花入 十二代 田原陶兵衛造 萩焼下蕪花入 十二代 田原陶兵衛造 SOLD OUT
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇作品は、きれいで状良好です。水漏れ試験済み。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 一閑塗切箔散らし曲建水 二代 鈴木表朔造  一閑塗切箔散らし曲建水 二代 鈴木表朔造  20,000円(内税)
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です
    ◇40年前頃の作品。
  • 粉青縄簾文鉢 申相浩 作  粉青縄簾文鉢 申相浩 作  10,000円(内税)
    ◇申相浩・・昭和22年、韓国ソウル生。昭和50年、弘益大学校産業美術大学院修士課程卒業。昭和56年から現在まで弘益大学教授、この間平成10年〜15年まで美術大学学長を務める。現在、弘益大学校産業美術大学院院長、世界陶磁器博覧会財団の顧問委員。
    ◇割と出来はよいです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇比較的大きめです。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 和蘭陀写向付6客 佐久間勝山造 和蘭陀写向付6客 佐久間勝山造 25,000円(内税)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇蓋付で感じのよい作品です。
    ◇蓋に何枚か軽いスレありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 一閑塗手付瓢透莨盆 鈴木光入 造  ※不昧公好写 一閑塗手付瓢透莨盆 鈴木光入 造 ※不昧公好写 20,000円(内税)
    ◇鈴木光入・・大正12年生。昭和25年より、京漆器の象彦にて17年間修行し、昭和42年独立する。棗・香合・棚・炉縁等幅広く製作。現在、二代目。
    ◇不昧公好写の莨盆です。
    ◇作品は、極小のスレありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品です。
  • 唐物写四方掛花入 和田麟之 作 唐物写四方掛花入 和田麟之 作 SOLD OUT
    ◇京都の唐物写を得意とする和田麟之さんの作品です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品です。
  • 雲華焼火入 寄神崇白 造  雲華焼火入 寄神崇白 造  SOLD OUT
    ◇寄神崇白・・昭和12年、京都生まれ。雲華焼土風炉師である父・二代崇白に師事し、50年、三代崇白を襲名する。桂窯は飛鳥時代より法隆寺や平安宮中の瓦を焼く窯であったが、明治以降、土風炉師に転向。各地にて個展開催。
    ◇商品は、きれいで美品(未使用?)です。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。<
  • 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 10,000円(内税)
    ◇初代 橋本 陶正山(号:正山)・・昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和21年、東京小田急百貨店、大分トキワにて個展。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。
    ◇作品は状態良好です。箱経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
235商品 109-120表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>