無季

267商品

おすすめ順 価格順 新着順

267商品 73-84表示
  • 而妙斎好円融紹巴袱紗 土田友湖 作 而妙斎好円融紹巴袱紗 土田友湖 作 SOLD OUT
    ◇千家十職の十二代・土田友湖さん(昭和40年襲名)の作品です。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇平成15年の作品。
  • 志野茶碗 加藤光右衛門 作 志野茶碗 加藤光右衛門 作 SOLD OUT
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品
  • 黄交趾皆具 赤沢露石 造  黄交趾皆具 赤沢露石 造  SOLD OUT
    ◇京都の交趾を得意とする赤沢露石さんの作品です。箱も古めで、あまり見かけない落款・印譜ですので、初代くらいかと思われます。
    ◇華やかな作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)箱は経年感あり。
    ◇明治~昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 砂金袋宝尽絵水指 平安翠峰 作  砂金袋宝尽絵水指 平安翠峰 作  SOLD OUT
    ◇作者の詳細は、京焼の作家しか分かりませんが、感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 織部火入 加藤光右衛門 作 織部火入 加藤光右衛門 作 15,000円(内税)
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 鵬雲斎画銘々皿 五枚 七代 吉向十三軒造  鵬雲斎画銘々皿 五枚 七代 吉向十三軒造  SOLD OUT
    ◇一枚一枚手書きで花が描かれてますが、鵬雲斎宗匠の箱書きがないので、下絵を元に描かれた作品でしょう。
    ◇吉向十三軒(七代)・・明治37年、六代吉向十三軒の三男として生まれる。長男が早世したため、業を継ぐ。昭和45年、没。
    ◇状態良好です。白一枚にニュウに見えるような窯ヒがあります。箱経年感あり
    ◇50年~60年前頃の作品。
  • 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 23,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(三代)・・明治33年京都生まれ。初代竹泉の三男。京都美術工芸学校を卒業後、父に陶業を学ぶ。長兄の二代竹泉が早逝するにおよんで、大正10年、三代竹泉を襲名。昭和9年、四代襲名とともに分家独立し、竹軒と改号する。昭和17年、第1回技術保持者に認定される。独自の境地を開き、特に仁清・乾山風を好み、また新時代の感覚を作品の形態・釉薬に表現する。昭和36年、フランス交歓陶芸展にて入選。平成2年、歿、90歳
    ◇状態良好です。共箱-多少難あり
    ◇大正10年~昭和9年の作品。
  • 小堀卓巌自筆書付 「無」黒平棗 岩倉秀磨作   小堀卓巌自筆書付 「無」黒平棗 岩倉秀磨作   17,000円(内税)
    ◇小堀卓巌(卓巌宗芳)・・昭和6年、愛知県生。大徳寺塔頭孤篷庵十七代小堀実道について修業。昭和42年、孤篷庵住職となる。
    ◇岩倉秀磨・・昭和13年生まれの加賀塗師。昭和63年、石川県山中町漆器研究所所長賞受賞他。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 膳所焼五彩唐子水指 陽炎園 造  膳所焼五彩唐子水指 陽炎園 造  SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 竹田益州書付・自筆絵 銘「暮烟」茶碗 今井政之作 竹田益州書付・自筆絵 銘「暮烟」茶碗 今井政之作 SOLD OUT
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇今井政之・・昭和5年大阪生。のち広島県竹原市に疎開。勝尾青龍洞・楠部弥一に師事。象嵌彩の第一人者で、昭和49年ビエンナーレ国際陶芸展で名誉最高大賞受賞。日本新工芸家連盟理事、日展評議員他。京都・広島県竹原市で作陶。平成30年、文化勲章受章。
    ◇帆(ほ-船の柱に張って、風を受けて船を進ませるもの)は暮烟(ぼえん-暮れがたに立つ煙のこと)
  • 銘「天竺」聖地石砂赤茶碗 七代吉向松月造 出口常順書付 銘「天竺」聖地石砂赤茶碗 七代吉向松月造 出口常順書付 SOLD OUT
    ◇吉向松月(七代)・・大正13年生。六代吉向松月に師事し、昭和25年、七代吉向松月を襲名。初代が楽了入より受け継いだ伝統を大切に、交野市にて茶陶に専念する。同59年、四天王寺出口常順管長より蕃斎の号を賜わる。現在、九代目(次男)。
    ◇この茶碗のヘラ目部分に、出口常順(又は先代南谷恵澄)が渡印された際に、各地の佛跡(四大聖地や17ヶ所の御聖跡)より頂戴された石砂を用いて焼かれています。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和58年の作品。
  • 美濃伊賀花入 佐藤和子 作 美濃伊賀花入 佐藤和子 作 SOLD OUT
    ◇佐藤和子(さとうわこ)・・昭和19年、福島県いわき市生まれ。加藤十右衛門・加藤芳右衛門に師事。昭和44年、愛知県一宮に不二窯を開窯。昭和46年、岐阜県土岐市に築窯。名古屋三越・大阪阪神百貨店にて個展他。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
267商品 73-84表示
>