無季

267商品

おすすめ順 価格順 新着順

267商品 49-60表示
  • 根来干菓子盆 辻石斎 作  根来干菓子盆 辻石斎 作  SOLD OUT
    ◇辻石斎・・昭和13年、石川県山中町生。二代石斎に師事、昭和49年に四代石斎襲名。現在、五代目。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 松地紋銚子 替蓋付 高橋敬典 松地紋銚子 替蓋付 高橋敬典 SOLD OUT
    ◇山形県の人間国宝の高橋敬典(工房)の作品です。
    ◇多少、錆ありますが、それ以外状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 雲鶴手茶碗 須田祥豊 造 雲鶴手茶碗 須田祥豊 造 SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇釉の枯れた感じなど、朝鮮の古陶をよく写してます。
    ◇作品は、状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年〜60年前頃の作品
  • 志野茶碗 加藤十右衛門造  志野茶碗 加藤十右衛門造  38,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇やや使用感ありますが、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品
  • 銘「吉祥」茶杓  戸上明道書付  銘「吉祥」茶杓 戸上明道書付  8,000円(内税)
    ◇戸上明道(とがみ みょうどう)・・昭和10年三重県に生まれる、龍谷大学卒業、立命館大学院終了、玉龍寺(三重県)住職。
    ◇玉瀧寺の古竹の茶杓です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 松透し蓋置  二代 真葛香斎 作  松透し蓋置 二代 真葛香斎 作  SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、 きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 松材棗 内桐蒔絵銀地 岡本漆專堂  松材棗 内桐蒔絵銀地 岡本漆專堂  SOLD OUT
    ◇岡本漆專堂・・京都を代表する老舗の漆器店
    ◇松材の棗です。中が銀地の桐蒔絵で感じがよいです。桐は、5月に開花されるのでその時期や「きり」ということで12月にもよく使われます。
    ◇指摘ありますが、それ以外状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 「松無古今色」一行書 軸  小林太玄筆  「松無古今色」一行書 軸 小林太玄筆  SOLD OUT
    ◇小林 太玄・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇松無古今色 竹有上下節(まつに ここんの いろなく たけに じょうげの ふしあり)・・松は四季を通じ常に青々と変わることがない。竹も常緑樹ではあるが はっきりと上下の節がある。松の句は平等を 竹の句は差別の側面をあらわし それは表裏一体で真実の姿である。
    ◇太玄和尚らしい力強い字です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 萩焼水指 吉田萩苑 作 萩焼水指 吉田萩苑 作 SOLD OUT
    ◇吉田萩苑(しゅうえん)・・昭和15年、萩市生まれ。十五才より十代三輪休雪に入門し修行。のち天鵬山窯の開設に際し招かれ技術指導。昭和43年萩市玉江に玉隆窯を開設。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 蝋型 丑(牛)蓋置 大森孝志作  蝋型 丑(牛)蓋置 大森孝志作  SOLD OUT
    ◇大森孝志・・高岡市の作家。昭和27年生まれ。高校卒業後、須賀松園(国指定無形文化財保持者)に師事し、蝋型鋳造技術を習得。昭和53年独立する。平成3年、高岡市伝統工芸産業優秀技術者受賞(蝋型鋳造部門)他。
    ◇面白味のある蝋型鋳造作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 十牛図汲出茶碗十客 保庭楽入 造  十牛図汲出茶碗十客 保庭楽入 造  SOLD OUT
    ◇保庭楽入(二代)・・昭和4年、長野県生。初代楽入に師事し壺中窯(滋賀県信楽町)で作陶。昭和38年、二代楽入継承。伝統の信楽焼で茶陶が中心。現在、三代目。
    ◇この十牛図は妙心寺管長梶原逸外大師より提供していただいたもので、画筆は建仁寺管長竹田益州大師の徒弟村山梅萼禅師によって数奇者用に簡略画していただいたもの。(小冊子より)
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 銘「松の翠」茶杓 小堀卓巌 書付 銘「松の翠」茶杓 小堀卓巌 書付 13,000円(内税)
    ◇小堀卓巌(卓巌宗芳)・・昭和6年、愛知県生。大徳寺塔頭孤篷庵十七代小堀実道について修業。昭和42年、孤篷庵住職となる。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
267商品 49-60表示
>