無季

267商品

おすすめ順 価格順 新着順

267商品 25-36表示
  • 丹波内海茶入 石田陶春造 丹波内海茶入 石田陶春造 SOLD OUT
    ◇石田陶春・・昭和19年、兵庫県加古川市生まれ。二十歳で丹波焼の森本陶谷に師事。穴窯、登り窯でつくられる作品には丹波焼の土味の中にあたたかみがある。女流作家。東京三越にて個展他。
    ◇感じのよい作品です
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 38,000円(内税)
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇薄造りで見た目より軽く、釉流れがきれいで出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 無適斎(久田宗也)書付 山中塗独楽盆 無適斎(久田宗也)書付 山中塗独楽盆 18,000円(内税)
    ◇無適斎・・十代宗悦の長男として明治17年生まれる。表千家に養育され、大正7年に十一代久田宗也を襲名する。昭和21年、没。
    ◇丁寧に作られた作品です。
    ◇作品は、側面に極小のアタリがありますが、その他は状態良好です。箱は、経年・指摘あり。
    ◇大正〜昭和初期頃の作品です。
  • 根来塗薬器形茶器  青紫園 合箱 根来塗薬器形茶器 青紫園 合箱 SOLD OUT
    ◇青紫園・・奈良で、塗り物や一刀彫を中心に職人を何人か抱えていた工房でした。現在、ご子息が一刀彫の作家として活躍中です。
    ◇作品は、根来塗が古作風で出来がよいです。箱は合箱です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜50年前頃の作品。
  • 銘「谷川」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「谷川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 SOLD OUT
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘にぴったりの面白みのある茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
  • 井口海仙好三友棗 田中煌又(幸衍)作 井口海仙好三友棗 田中煌又(幸衍)作 SOLD OUT
    ◇田中煌又(こういう)・・昭和14年、京都市生まれ。同、34年茶道は井口海仙宗匠の元へ入門。同35年、父に師事した後に同45年、上原清に師事。同61年、野村美術館にて個展他。号:幸衍(こうえん)
    ◇三友は、雪・月・花のことです。同手で井口海仙宗匠の箱書がある作品もあります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付菱馬水指  西村徳泉造  染付菱馬水指 西村徳泉造  SOLD OUT
    ◇京都の西村徳泉さんの作品です。現在四代目ですが、先々代くらいの作かと思われます。
    ◇古染付写しの水指です。菱形ですので、ひな祭り(3月)に如何でしょうか。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付 銘「福海」高取肩衝茶入 十四代 亀井味楽造 方谷浩明書付 SOLD OUT
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇方谷浩明和尚の書付があります。
    ◇出来のよい作品です
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 染付山水絵四方水指  西村徳泉造  塗蓋付 染付山水絵四方水指 西村徳泉造 塗蓋付 SOLD OUT
    ◇京都の西村徳泉さんの作品です。現在四代目ですが、先々代くらいの作かと思われます。
    ◇よく描かれた出来のよい作品です。塗蓋付で、菱方向に使う仕様にされてます。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 色絵七宝之図茶碗 七代 高橋道八造 色絵七宝之図茶碗 七代 高橋道八造 45,000円(内税)
    ◇高橋道八(七代)・・明治40年、京焼の名門高橋道八家に生まれる。京都市美術工芸学校卒業後、家事に従事、昭和16年、七代道八を継承。茶陶の名工。昭和58年没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 南鐐青海形菓子盆 十世 中川浄益造 不徹斎書付 南鐐青海形菓子盆 十世 中川浄益造 不徹斎書付 65,000円(内税)
    ◇十代中川浄益・・明治-昭和時代前期の金工。明治13年生まれ。千家十職。茶道具を製作し、近代の名工とされる。昭和15年、没。別号に鎚鋳軒。
    ◇武者小路千家不徹斎宗匠の書付があります。
    ◇341gでズッシリしていて高級感があります。
    ◇南鐐(良質な銀)ですので、傷つきやすいので使用スレや多少の黒ずみはありますが、特に問題なく状態良好です。箱は少し難あり
    ◇作品は、昭和初期頃。箱書は、20〜30年前頃。
  • 銘「山里」飴釉茶碗  三代中村道年造  兼中斎書付 銘「山里」飴釉茶碗 三代中村道年造 兼中斎書付 50,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
267商品 25-36表示
>