無季

235商品

おすすめ順 価格順 新着順

235商品 1-12表示
  • 志野茶碗 玉置保夫 作 志野茶碗 玉置保夫 作 45,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径14cm×高8.8cm
    ◇玉置保夫・・昭和16年、岐阜県多治見市生。加藤幸兵衛に師事する。自然の赤と自身の想いをこめた色の「赤志野」、現代風の織部である「今織部」の作品を中心につくる。岐阜県無形文化財保持者。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 備前茶碗 藤原雄 造 備前茶碗 藤原雄 造 100,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径11.9cm×高8.5cm
    ◇藤原雄・・昭和7年、岡山県生。人間国宝の父・藤原啓のもとで備前焼を修業。世界各地で作陶や個展をつづけ、伝統に近代的な感覚をとりいれた作品で知られる。平成8 年、備前焼で人間国宝。倉敷芸術科学大教授。平成13年、没。享年69才。明治大卒。
    ◇場所により表情が違う、出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和52年頃の作品。
  • 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 43,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径11.4cm×高8.7cm
    ◇寒川義崇(さむかわよしたか)・・昭和26年、紀州焼葵窯初代栖豊の五男として生まれる。大阪芸大在学中より父に師事。途絶えていた大阪・高槻の古曽部焼の復興を志し、昭和54年登窯を築き古曽部焼義崇窯として再興。
    ◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 刷毛目茶碗 四代 三浦竹泉造 刷毛目茶碗 四代 三浦竹泉造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    胴径14.4cm×高6.3cm
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。
    ◇状態良好です。(箱経年感あり。指摘あり)
    ◇昭和初期頃の作品だと思います。
  • 小田雪窓筆「寂」文字茶碗 宮川香雲造 柴山全慶識箱 小田雪窓筆「寂」文字茶碗 宮川香雲造 柴山全慶識箱 28,000円(内税)
    全慶識箱・無傷
    胴径12cm×高7.3cm
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇南禅寺の柴山全慶の識箱です。
    ◇状態良好です。
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷
銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷 28,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.8cm×高7.3cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 松の絵茶碗 「彩雲」文字 宗完自筆・書付 加賀瑞山作 松の絵茶碗 「彩雲」文字 宗完自筆・書付 加賀瑞山作 28,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径12.4cm×高7.2cm
    ◇加賀瑞山(三代)・・昭和19年、三重県桑名市に生まれ。同38年、祖父・初代瑞山に師事。同59年、三代目瑞山襲名。同62年、桑名市無形文化財の指定。平成13年、三重県指定無形文化財・桑名萬古(赤絵)工芸技術保持者になる。
    ◇感じの良い作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 黒茶碗 二代 小川長楽造(古稀祝作品) 黒茶碗 二代 小川長楽造(古稀祝作品) 88,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・外紙箱付
    胴径12.3cm×高7.7cm
    ◇小川長楽(二代)・・明治45年、生まれ。昭和14年、二代長楽襲名。同18年、芸術保存作家の指定を受ける。平成3年、没。現在、三代目。
    ◇古稀(70才)祝の作品で百の内の一つです。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇昭和57年頃の作品。
  • 萩茶碗 波多野善蔵作  萩茶碗 波多野善蔵作  38,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.8cm×高7.8cm
    ◇波多野善蔵・・昭和17年生。はじめ唐津で修行、のち萩に移り吉賀大眉に師事、萩焼の伝統探求の道に入った。平成14年、山口県無形文化財保持者に認定される。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇昭和54年頃の作品。
  • 印華茶碗 楠部彌弌 造 印華茶碗 楠部彌弌 造 60,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径14.8cm×高7.3cm
    ◇楠部彌弌(くすべやいち)・・明治30年、京都生まれ。市立陶磁器試験場伝習所に15才で入る。大正9年、「赤土」(せきど)結成に参画。のち、帝展、日展を舞台に活躍。染付、青磁、鈞窯、仁清風ほか、流麗な技法を駆使し、類まれな彩えんを結実。文化勲章受賞。 昭和59年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和中期頃かと思われます。
  • 萩茶碗 十五代 坂倉新兵衛 造  萩茶碗 十五代 坂倉新兵衛 造  48,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径13.5cm×高8.3cm
    ◇坂倉新兵衛(十五代)・・昭和24年生。萩焼の名門坂倉窯の当主。昭和59年、29歳で十五代を襲名。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径12.7cm×高7.7cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた感じのよい作品です。状態良好です。共箱は、ややシミ・経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
235商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>