無季

285商品

おすすめ順 価格順 新着順

285商品 97-108表示
  • 森蓋置 二代 真葛香斎 作 森蓋置 二代 真葛香斎 作 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    胴径5.5cm×高5.2cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 竹蓋置 炉風炉一双 三重野与雲書付 橋本仙雪作 竹蓋置 炉風炉一双 三重野与雲書付 橋本仙雪作 SOLD OUT
    共箱・裂・栞付
    風炉-胴径5.1cm×高5.4cm
    炉-胴径4.8cm×高5.4cm
    ◇三重野与雲(みえのようん)・・大徳寺・芳春院先々代住職
    ◇橋本仙雪・・大正7年石川県鶴来生まれ。昭和8年、東京の黒田道太郎に師事。金沢工芸大学の講師を務めるなど、金沢竹芸界の育成に貢献。平成20年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇昭和55年頃の作品。(栞より)
  • 染付宝尽蓋置 和田桐山 造 染付宝尽蓋置 和田桐山 造 6,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径5.8cm×高4.9cm
    ◇和田桐山(三代)・・大正6年、兵庫生。陶芸を初代桐山に、絵付けを牛尾桃里・金島桂華に師事。昭和52年、三代桐山を襲名する。現在、四代目
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 唐松の絵蓋置 二代 真葛香斎 造 唐松の絵蓋置 二代 真葛香斎 造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径5.7cm×高5cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇状態良好です。銀彩は黒ずんでます。
    ◇40年前頃の作品。
  • 鉄石目鐶 十三代 金谷五良三郎造 鉄石目鐶 十三代 金谷五良三郎造 SOLD OUT
    共箱・共裂・栞付
    直径7.9cm
    ◇金谷五良三郎(十三代)・・京都にて、代々続く鋳金工作家の十三代目。平成元年、没。現在十五代目。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 黒釉茶碗  六代 高橋道八 造 黒釉茶碗 六代 高橋道八 造 23,000円(内税)
    ◇高橋道八(六代)・・・明治14年四代道八の次男として生まれる。四代・五代に師事する。大正四年、五代道八の逝去により六代襲名。
    昭和3年、今上陛下の即位式に際し、大花瓶を製作。昭和16年、没。
    ◇割りと出来のよい茶碗です。高台に味が出ています。
    ◇状態良好です。
    ◇大正〜昭和初期頃。
  • 堅手盃 真葛香斎 造 堅手盃 真葛香斎 造 6,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径7.8cm×高2.4cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。昭和14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇李朝白磁の堅手を写した盃です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。◇20年前頃の作品。
  • 仁清四季草花図茶箱用三点揃(茶碗・巾筒・振出) 通次嵩山作  仁清四季草花図茶箱用三点揃(茶碗・巾筒・振出) 通次嵩山作  23,000円(内税)
    共箱・無傷
    茶碗-11.2cm×7cm 巾筒-3.6cm×高5.8cm 振出-胴径6.3cm×高6.3cm(蓋除く)
    ◇通次嵩山・・昭和20年生。京焼きの通次阿山氏の奥様。女流らしい繊細な絵付けは定評です。京焼清水焼伝統工芸士認定。
    ◇華やか作品です。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇20年~30年前頃の作品。
    ※嵩山印は振出と茶碗のみ
  • 刷毛目子盃 十七代 永楽善五郎 作  刷毛目子盃 十七代 永楽善五郎 作  6,000円(内税)
    共箱・無傷・白裂付
    胴径7.1cm×高3.7cm
    ◇当代の永楽善五郎の作品です。
    ◇来年の干支です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇12年前頃の作品。
  • 一重口水指 土居庄次 作 一重口水指 土居庄次 作 22,000円(内税)
    共箱・無傷共箱・無傷
    胴径17.2cm×高16.4cm(両方とも蓋含む)
    ◇土居庄次(どいしょうじ)・・昭和12年生まれ。承応2年(1653)土佐藩窯としてはじまった尾戸焼を継承。父・幸吉に師事。開窯時から使われた能茶山の土を水ひして精製し、作陶に使用。尾戸焼の伝統的な作品を中心に、独自の作風をとり入れている。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
    ◇水漏れ試験済み
  • 三島手芋頭水指 安東五 造 三島手芋頭水指 安東五 造 20,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径17.5cm×高17cm(蓋含)
    ◇安東五・・大正8年生まれ。昭和18年、早稲田大学法学部中退。同28年加藤士師萌陶磁研究所で研究。同46年、三越 本店、松山、大阪、神戸、大丸 などで個展。同50年、首都師範大学・応用美術学科の教授。平成元年、韓国の人間文化財人間国宝)に指定される。平成元年、没。
    ◇状態良好です。
  • 備前緋襷棒ノ先水指 柴岡紘一 作 備前緋襷棒ノ先水指 柴岡紘一 作 15,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径16.4cm×高18cm(蓋含)
    ◇柴岡紘一(しばおかこういち)・・昭和16年岡山県生まれ、高校卒業後、会社勤めをしていたが、備前焼の魅力にひかれ、同39 年に備前 陶芸センター第1期生となり陶芸の道へ。昭和42年から伊勢満・淳兄弟に師事 し陶技を研鑽する。同46 年に現在地に登り窯を築き独立する。 金重陶陽賞受賞。岡山県備前焼陶友会顧問。岡山県備前陶芸美術館副理事長。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇指摘ありますが、基本的にきれいで状態良好です。
285商品 97-108表示
>