無季

285商品

おすすめ順 価格順 新着順

285商品 49-60表示
  • 古伊賀写手鉢 三国丹祐 造 古伊賀写手鉢 三国丹祐 造 17,000円(内税)
    共箱・無傷
    横24.8cm×縦18.6cm×高15cm(手付含まず7.7cm)
    ◇三国丹祐・・京都にて、二代竹泉に師事し、大正〜昭和期に活躍する。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和前期頃の作品だと思います。
  • 模呉須赤絵花鳥画鉢 初代 三浦竹泉 造 模呉須赤絵花鳥画鉢 初代 三浦竹泉 造 38,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径17.8cm×高7.6cm
    ◇三浦竹泉(初代)・・安政元(1854)年、京都生。三代・高橋道八に師事し、五条坂に独立開窯。創作の才に富み、巧みに西洋の色釉を磁器に使うなど新しい技法を開発した。画を田能村直入に学ぶ。大正5年、没。現在、五代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱に難あり。
    ◇明治期頃の作品。
  • 金襴手蒔絵吹雪内梨子地 川端近左造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons40.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金襴手蒔絵吹雪内梨子地 川端近左造 鵬雲斎書付 220,000円(内税)
    共箱・木製・塗の二重箱
    胴径7.3cm×高7.7cm
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく出来た華やかな作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 鱗鶴蒔絵黒大棗内銀地 前端春斎(雅峯)作 宗完(兼中斎)書付 鱗鶴蒔絵黒大棗内銀地 前端春斎(雅峯)作 宗完(兼中斎)書付 60,000円(内税)
    共箱・木製・共裂付
    胴径7.2cm×高7.3cm
    ◇二代前端春斎(雅峯)・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得、その後、家事に従業したが更なる技術向上を求めて1961年には塗師村田道寛に茶道具形成を、また加賀蒔絵の技法を保谷美成に師事。以降は山中塗の伝統技法を基本としながら棗、菓子皿などの茶道具を中心に秀作を残す。 作品はローマ法王・天皇陛下・高円宮殿下献上など栄を賜る。
    ◇表千家・兼中斎宗完宗匠の書付があります。
  • 松葉蒔絵錆塗大棗 五代 川端近左 造  松葉蒔絵錆塗大棗 五代 川端近左 造  SOLD OUT
    共箱・木製・共裂・二重箱
    胴径7.5cm×高7.3cm
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 輪島塗沈金桐文様中棗 前志芸男造 輪島塗沈金桐文様中棗 前志芸男造 30,000円(内税)
    共箱・木製・共裂・栞付
    胴径6.6cm×高6.8cm
    ◇初代・前志芸男(まえしげお)・・伯父の人間国宝・前大峰に師事する。チリー芸術会賞、輪島市長賞。日本工芸会員他。現在、二代目。
    ◇細かく沈金された作品です。
    ◇状態良好です。箱経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 「和敬」茶杓 河野太通 書付 「和敬」茶杓 河野太通 書付 23,000円(内税)
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.9cm
    ◇河野太通(こうのたいつう)・・昭和5年、大分県出身。昭和23年、大分県中津市・臨済宗妙心寺派松巌寺で出家得度。昭和28年、臨済宗妙心寺派祥福僧堂に掛塔。昭和52年〜平成16年まで祥福寺僧堂師家。平成6年〜平成13年まで花園大学学長。現在、兵庫県姫路市の龍門寺住職。アジアの友を支援する「RACK」代表。平成22年、臨済宗妙心寺派管長、全日本仏教会会長に就任。著書に『祥福寺僧堂』『床の間の禅語』『続・床の間の禅語』『豊かな心を生きる』など。
  • 備前建水 山本雄一 作  備前建水 山本雄一 作  SOLD OUT
    ◇山本雄一・・昭和10年、備前市生まれ。 昭和34年人間国宝・山本陶秀に師事する。 昭和37年、独立。平成8年、岡山県重要無形文化財保持者に認定される。岡山県美術展 審査会員他。◇状態良好です。◇昭和46年頃の作品。
  • 膳所焼腰ミノ建水 陽炎園 造  膳所焼腰ミノ建水 陽炎園 造  10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径13.9cm×高10.6cm
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 伊羅保縄簾建水 那波鳳翔 造 伊羅保縄簾建水 那波鳳翔 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径14.2cm×高10.6cm
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。
    ◇状態良好です。水漏れ試験済み。
    ◇30年前頃の作品。
  • 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 大慈院古材糸巻透莨盆 稲尾誠中斎(誠中)作 戸田実山書付 38,000円(内税)
    共箱・共袋・栞・外紙箱付
    横26.2cm×奥行17.3cm×高10.2cm
    ◇大徳寺 大慈院の古材を以って作られた莨盆です。
    ◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。
    ◇戸田実山・・昭和58年、大慈院住職に就任。大徳寺塔頭。
  • 雲鶴青磁意火入 一対 二代 真葛香山造 雲鶴青磁意火入 一対 二代 真葛香山造 50,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径11.8cm×高9.6cm
    ◇真葛香山(二代)・・安政6年(1859)宮川長平の子として生まれ、叔父初代香山の養子となる。初代香山の下で家業に従事し、大正6年、二代香山を襲名。従来の真葛焼の作品を制作する他に、煎茶道具・茶の湯の道具も制作。表千家惺斎宗匠に御書付を頂く。「仁清写し琵琶袋香合」「仁清写ブリブリ香合」が御好物となる。作品は初代香山と同じくヴィクトリア&アルバート博物館やアシュモリアン美術館など海外の多くの美術館に所蔵されている。昭和15年、没
285商品 49-60表示
>