無季

285商品

おすすめ順 価格順 新着順

285商品 13-24表示
  • 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径12.7cm×高7.7cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた感じのよい作品です。状態良好です。共箱は、ややシミ・経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 萩茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 萩茶碗 十三代 田原陶兵衛 作 43,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.8cm×高8.4cm
    ◇田原陶兵衛(十三代)・・昭和26年、萩生まれ。父は十二代陶兵衛。武蔵野美術大大学院卒業後、中里重利に師事。二年間修行後、帰郷して作陶。平成4年、十三代陶兵衛襲名。西日本陶芸美術展入選他。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇平成8年以降の作品。(栞より)
  • 伊羅保茶碗 四代 三浦竹泉 造 伊羅保茶碗 四代 三浦竹泉 造 33,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径14.2cm×高6.6cm
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。
    ◇渋い茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~60年前頃の作品。
  • 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 50,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径12cm×高7.4cm
    ◇高木聖鶴(たかぎせいかく)・・書家。大正12年生まれ、内田鶴雲に師事。昭和48年日展で特選となり、平成3年内閣総理大臣賞。聖雲書道会を主宰するほか、中京大講師などをつとめる。同7年「春」で芸術院賞。同18年文化功労者。日本かな書道会常務理事、日展理事。平成2年、岡山県内在住としては初の文化勲章受章者となる。書家の文化勲章受賞者は、9年ぶり7人目の快挙である。
    ◇きれいで、状態良好です。
  • 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 100,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.3cm×高8.1cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇髭の長い海老です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門) 作 共直し有 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門) 作 共直し有 SOLD OUT
    共箱・栞付・共直しあり
    胴径12.2cm×高7.7cm
    ◇共直しが1箇所あります。
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章。
    ◇直し以外は、状態良好です。出来の良い作品です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 斗々屋茶碗 佐久間勝山 造 斗々屋茶碗 佐久間勝山 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・御物袋・二重箱付
    胴径15cm×高7.8cm
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 刷毛目茶碗 楠部彌弌 造 刷毛目茶碗 楠部彌弌 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂
    胴径15cm×高6.4cm
    ◇楠部彌弌(くすべやいち)・・明治30年、京都生まれ。市立陶磁器試験場伝習所に15才で入る。大正9年、「赤土」(せきど)結成に参画。のち、帝展、日展を舞台に活躍。染付、青磁、鈞窯、仁清風ほか、流麗な技法を駆使し、類まれな彩えんを結実。文化勲章受賞。 昭和59年没。
    ◇出来のよい作品です。割りと浅めです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇昭和初期~中期頃の作品かと思われます。
  • 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 16,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.6cm×高7.3cm
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十五代目。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門)作  黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門)作  SOLD OUT
    共箱・無傷・栞・共裂・外紙箱付
    胴径12cm×高8.2cm
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和55年の作品。
  • 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 150,000円(内税)
    共箱・無傷・御物袋・共風呂敷付
    胴径12cm×高8.6cm
    ◇檜垣青子(ひがきせいし)・・楽焼師初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。昭和45年京都工業試験所にて2年間陶技を学ぶ。同47年父、崇楽に師事する。同58年父の亡き後、母が二代崇楽襲名を期に青子を名乗る。大丸にて初個展以後、三越、高島屋など全国で展多数開催。
    ◇表千家・十四代而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれい美品です。
    ◇平成元年~9年までの作品。
  • 楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  35,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径13.9cm×高7.5cm
    ◇十代 長岡住右衛門(空処)・・九代目空味の姉の子で明治31年生まれ。空味の養子となり、そのもとで修行をする。十五、六歳頃より空処を名乗る。同35年に六代住右衛門、楽山焼十代を襲名する。昭和36年、没。
    ◇古い楽山焼のように見えます。
    ◇状態良好です。(指摘あり)共箱、汚れあり。
    ◇昭和35年〜36年頃の作品。
285商品 13-24表示
>