無季

285商品

おすすめ順 価格順 新着順

285商品 61-72表示
  • 真鍮糸目煙管 一双 十三代 金谷五良三郎 造 真鍮糸目煙管 一双 十三代 金谷五良三郎 造 27,000円(内税)
    共箱・共袋・栞付
    長-41.1cm
    ◇金谷五良三郎(十三代)・・京都にて、代々続く鋳金工作家の十三代目。平成元年、没。現在十五代目。
    ◇表千家・如心斎好写の煙管です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 吸江斎好南鐐筋煙管 一双 十一代 中川浄益 造 吸江斎好南鐐筋煙管 一双 十一代 中川浄益 造 120,000円(内税)
    共箱・黄袋・外紙箱付
    長40.6cm
    ◇中川浄益(十一代)・・大正9年生。昭和15年、十一代浄益襲名。千家十職。平成20年、没。
    ◇表千家・吸江斎好の南鐐煙管で「浄益」銘入りです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 松造壷々透桑手付莨盆 萩井一丘 作 松造壷々透桑手付莨盆 萩井一丘 作 35,000円(内税)
    共箱
    横25cm×奥行16.6cm×高22.8cm
    ◇ 萩井一丘(いっきゅう)・・昭和13年、父・萩井好斎の次男として大阪市に生まれる。父・好斎に師事。同56年、第18回日本伝統工芸展初出品初入選(以降18回)。一茶菴に入門し、一丘の号を受ける。大阪工芸協会展審査員、大阪工芸協会理事、日本煎茶工芸協会理事他。兄は、二代萩井好斎、弟は、金工師の萩井一司。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 利休瀬戸茶入 加藤芳右衛門造  替仕覆付 利休瀬戸茶入 加藤芳右衛門造  替仕覆付 58,000円(内税)
    共箱・無傷・象牙蓋・栞・外紙箱付
    胴径7cm×高10cm(蓋含)
    ◇加藤芳右衛門・・昭和7年生まれ。加藤十右衛門の長男。父に師事する。父が開いた八坂窯を受け継ぎ、志野・織部・黄瀬戸の茶陶を中心に製作する。平成21年、没。
    ◇よい感じの作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 替仕服付 膳所焼肩衝茶入 陽炎園 替仕服付 33,000円(内税)
    共箱・無傷・象牙蓋
    胴径5.7cm×高8.6cm(蓋含)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇多少、使用されてますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 信楽茶入 神崎紫峰 造  信楽茶入 神崎紫峰 造  50,000円(内税)
    共箱・無傷・象牙蓋
    胴径7.3cm×高8.2cm(蓋含)
    ◇神崎紫峰・・昭和17年滋賀県信楽町生まれ。法曹界を目指すが、一転して陶工となる。穴窯二週間に及ぶ焼成で自然釉の究極を追及。一貫して個展中心の活動で、国内より、むしろ海外(特にドイツ・アメリカ)での評価が高い。平成30年、没。
    ◇灰がよく被った、出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇昭和55年前頃の作品。
  • 銘「岩松」利休瀬戸写茶入 佐久間勝山造 兼中斎(堀内宗完)書 銘「岩松」利休瀬戸写茶入 佐久間勝山造 兼中斎(堀内宗完)書 SOLD OUT
    共箱・無傷・外紙箱付
    胴径7.2cm×高10.5cm(蓋含)
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)の書付があります。
    ◇出来の良い作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 即中斎好木の実頭飾火箸 十一代中川浄益造  即中斎好木の実頭飾火箸 十一代中川浄益造  SOLD OUT
    共箱・黄袋・外紙箱付
    長-28.8cm
    ◇中川浄益(十一代)・・大正9年生。昭和15年、十一代浄益襲名。千家十職。平成20年、没。
    ◇適度な重さや南鐐の木の実頭で高級感のある飾り火箸です。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 染付ねじ汲出碗十客 二代 真葛香斎 造 38,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    一客-胴径8.8cm×高5.4cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。昭和14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 祥瑞捻り三点揃(茶碗・巾筒・振出) 林淡幽作 祥瑞捻り三点揃(茶碗・巾筒・振出) 林淡幽作 35,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞・外紙箱付
    寸法は詳細にて
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇昭和62年以降の作品。(栞より)
  • 梨皮朱泥壷 人間国宝 三代 山田常山 造 梨皮朱泥壷 人間国宝 三代 山田常山 造 60,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径13cm×高21.6cm
    ◇山田常山(やまだじょうざん)・・大正13年、愛知県常滑町生まれ。初代・二代常山に師事。昭和33年、ブリュッセル万国博覧会日本館第三部陶器類にてグランプリ受賞。昭和36年、三代山田常山を襲名。平成10年、常滑焼(急須)で人間国宝に認定。平成17年、没。現在、四代目。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 御所籠揃 華山作  御所籠揃 華山作  SOLD OUT
    共箱
    御所籠-横16.2cm×奥行19.7cm×高14.4cm(紐含まない)
    ◇京都の華山さんの作品です。
    ◇茶杓は象牙・茶碗は田原陶兵衛です。
    ◇消耗品の茶筅以外は、すべて揃っています。
    ◇御所籠に少し難ありますが、その他は特に問題なく状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
285商品 61-72表示
>